68歳の元気ジジイで~す♪


by iwaserou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

よその奥さんのオマン〇の味(その五)

続編をお待ちの方!
大変長らくお待たせしてしまいました!

尚、初めてお読みになる方は、初回の記事から読まれることをお薦めします。初回の記事(1月15日)→
コチラ




「新聞の集金に伺いました」インターホーンの向こうから、軽やかな声が流れ込んできた。

「あら!もうこんな時間ですの…そろそろワタシ失礼します」奥方は、玄関先のトイレの前で、身支度し始めた。

いわろうは焦った。インターホンと、奥方の顔を交互にみながら、新聞代金を払っているドサクサ紛れに、大事な奥方を逃せば、モトモコもない。

新聞集金人には悪いが、居留守を使い、何とか奥方をリビングまで連れ戻した。

「…」

もじもじする奥方に、思い切っていった。

「お願いします!させてください!一度だけていいですから…奥様のオマン〇の味見をさせてください!」

「コマリマスわッ!そんなこと急に言われても…」

「急じゃなければ、いいですか?」

「はあ~まあ~いや~あの~」

「じゃあ~落ち着いてゆっくりとお願いします!オ、マ、ン、〇、させてくださ~い!」

「…う~ん!も~う!岩瀬さんなら仕方ないか!でも一回だけのことですよ!」

「ハイ!」

奥方は背中を向けて、胸を開け、スカートを下ろしかけたではないか。

『なんだ!なんだよ~結構積極的ジャン!』

いわろうは、純白の奥方のパンティーに、ナマツバをゴックンと飲み込んだ。

股間の愚息といえば、年甲斐もなく野放図に荒れ狂うばかりだ。

いわろうは、パンツを下ろすのも、もどかしい。天に向かって直立不動に硬直しきった我がお道具が、パンツのゴムにひっかかって右に左に揺れている。

そんな取り込み中だというのに…

「ピンポ~ン!」軽やかにチャイムがまた鳴った。

『もちろん!今回も居留守だ!アタボウだろうが・・・』

奥方の官能的で豊かな乳房や、盛り上がったピップは、夕日に照らされて、いわろうを誘う。

「いただきま~す!」いわろうの口から思わずもれた。

「アッ!ハ~ン!」

奥方のモらしたため息がスイッチになった。

「オ~ッ!」

いわろうは吠えながら、奥方を抱き寄せようとしたそのとき。

「ピンポン!ピンポン!ピンポン!ピンポン!………」けたたましくチャイムが鳴り続いた。


(ゴメン!ね!次回の最終回につづきま~~~す)→こちらですヨ!



続きを「読んでみたいナぁ~!」と思われたあなた!
↓下のバナーを必ずポチッ!してくださいね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-07-28 15:49 | 日記