68歳の元気ジジイで~す♪


by iwaserou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今度とオバケ

 先日客先で聞いた酷い話だ。某自動車メーカーの一次下請け会社の担当者がやって来て、「オタクでこの部品を加工して欲しい!現在加工依頼しているところでは能力を超えており希望納期に追いつかない状態なので、応援してほしい!」って強く頼まれたらしい。でもそこの社長さんは<きっぱり>と断ったんだそうだ。「・・・」<いわろう>が何故そんないい話を断ったのだろうとキョトンとしていたら、その社長さんが、断ったわけを話してくれた。

 その社長さんの話では、結構業界には知れ渡っている<やり口>のようだ。まず<甘い言葉>で「手伝ってくれ!」って始まったら、だんだん<仕事の量>を増やしてゆき、そこの仕事ばかりになった頃合いをみて<価格交渉>が始まる。所謂<値引き>だ。それも半端ではない。毎年数十パーセントの巾でコストダウンを迫られるらしい。

  他社の仕事を断ってまで、その某自動車メーカーのパーツ加工オンリーになってしまっている状況では無下に断ることも出来ず、泣く泣く<言い値>に応じなければならないのだ。折角、<企業努力>で<儲け>を絞りだしても、その分を<持って行かれる!>とのことだった。

 <中小企業庁は、大企業による「下請けいじめ」や不合理な商慣習の一掃を目指して、自動車など業種別に違法な取引例や模範例などを示したガイドライン(指針)をとりまとめる。中小企業がきちんと利益を確保できる環境を整え、研究開発への投資や従業員の待遇改善など全体の「底上げ」につなげる狙いだ。 6月下旬をめどに公表し、大手・発注者側に順守を呼びかける。

対象は、自動車や情報通信機器、ソフトウエア、コンテンツ産業など。少量でも大量発注時と同じ価格を強要するなど、下請代金支払遅延等防止法に抵触する恐れのある取引例を具体的に示して、立場の弱い下請け側が声を上げやすい環境をつくる。

・・・(略)・・・コスト削減要求に苦しむ中小企業の間では、大企業が続々と最高益を更新する状況に「景気回復の独り占め」との批判が根強い。一方で政府は企業のコスト増にもつながる労働者の最低賃金の引き上げも検討しており、中小企業の間で不満が高まっていた。同庁は「取引慣行を見直すことで、生産性向上の果実をきちんと中小企業まで行き渡らせたい」としている。(2007/6/9アサヒドットコム引用)>

 「言い値になんか乗らなければいいじゃないですか」<いわろう>のそんな憤りを含んだ言葉を言い終わらないうちに、その社長は「<○○自動車の仕事>って聞けばコスト度外視で請け負う会社があるんだから・・・先方さんも強気だよ」と吐き捨てるように言った。

 なんでも<断ろう>としたら「今回だけは泣いてください!今度はいい単価のモノをお願いしますから」って担当者がこれまた<甘い言葉>で宥めてくるらしい。「でもねェ~<今度とオバケ>には滅多に出逢わさないモノですよねェ~」ってその社長さんは<いわろう>に話ながら、NC旋盤の起動ボタンを押した。(2007/6/10)



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-10 15:59