68歳の元気ジジイで~す♪


by iwaserou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

本当は太かった!

 現在、放映中のNHK大河ドラマ「篤姫」の制作費が、約6000万円と聞いて驚いた。「ヘェ~」と驚いている<いわろう>に「オイ!オイ!6000万円っていったのは、1話の制作費だよ!年間50話として、およそ30億円もかかっているらしい!」と友人のF君は追い討ちをかけるように話してくれた。

 開いた口が塞がらない!とはこういうときに使う言葉だ。

 物知りF君の話は続いた。一場面にちょこっとだけ使われる<大奥の襖絵>もプリントではなく、本物の絵師(?)が、この<大河ドラマ・篤姫>のためだけに丁寧に仕上げた芸術品(?)なのだそうだ!流石に<予算制>で切り盛りするNHKさんのやりそうなことだ。

 だから年度末、予算で勝ち得た<金>が残りそうなときなど、祖国では相手にされないマイナーな外国人ミュジシャンを<相場>以上のギャラで日本に呼び寄せ、さも本国では<有名>かのように仕立て、わが国の<軽いミーハー連中>に押しつけ、残りそうな<金>を使い果たすこともあるらしい。

「NHKは、腐っている!」F君は苦々しくそう言い捨てた。

<不祥事で懲戒処分を受けたNHK職員4人がNHK本体や関連団体に再雇用されている問題で、NHKは19日、退職者の再雇用を一元的に管理し、妥当性を審査する委員会を新たに設置する方針を固め、同日開かれた経営委員会(古森重隆委員長)に報告した。

 NHKでは、退職者を再雇用する場合、各部局ごとの判断に任されており、統一的な基準はなかった。この日の経営委では「世間の常識からずれているのではないか」など厳しい意見が続出。福地茂雄会長が「委員会を設置し、まず基準作りから始める」と説明した。

 また、経営委は同日、2011年の地上デジタルへの完全移行に合わせ、現在3波ある衛星放送のうち1波が削減される見通しであることから、値下げ案の一つとして、衛星料金の2割値下げを内部で検討していることを明らかにした。(2008年8月19日19時51分 読売新聞)ヨミウリオンラインより転載>「この記事は、読売新聞社の許諾を得て転載しています」
読売新聞社の著作物について

「委員会を設置し、まず基準作りから始める」?

 この発想からして、世間からズレ切っている。基準作りもなにもない!不祥事でやめた職員は再雇用しないと決めればそれで済むことだ。委員会を設置して審議する?無駄な時間だし、それに係わる人件費がもったいない!会議を開くのも<タダではない>のだ。

 不祥事といっても、経費の水増し請求とか、セクハラとか、ボールペンの万引などで、たいしたことではないとでも思っているのだろうか?NHK広報局は、ボールペンなどを万引した元富山放送局長について「依願退職して責任を取り、報道で社会的制裁も受けた。知識と見識を発揮してほしいと思い契約した」と説明している。

 随分、太っ腹ではないか!

 ならば「・・・応募は、受信料をお支払いいただいている方だけに限らせていただきます」こんな嫌みでセコいアナウンスの変わりに「一連の不祥事に、ご立腹され受信料支払いを一時保留中の方々を優先的にご招待いたします!」ぐらいな太っ腹なアナウンスをして欲しいものだ。

 <個人個人が責任ある行動をることの重要さは、今も昔も変わりはありません。そして、それがまた難しいことであるのは、今も昔もおなじです。・・・>これは、<大河ドラマ・篤姫>の企画意図の冒頭の言葉である。NHKご自身の戒めとしてもらいたいモノだ。
2008/8/20


執筆にあたり、「大河ドラマ・篤姫の公式ホームページ」を参考にし、一部引用させていただきました。

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在112位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在29位
[PR]
by iwaserou | 2008-08-20 23:41 | 新聞・雑誌ネタ