68歳の元気ジジイで~す♪


by iwaserou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

背伸びしないで!

 今日午後から、某機械メーカーの展示会にお客さんと同行し、今度販売予定の機械の仕様の再確認をしてきた。夕刻、そのお客さんと別れた後、バッタリとSさんに出会った。「ヤァ~しばらく!」Sさんとは過去にシニア向け某芸能スクールで、一緒にレッスンを受けた同期の桜だ。「岩瀬さん!その後は活動されていないのですか?」そんなSさんの質問に、少し冷めかけていた<舞台俳優>への<想いが再熱>してくるのを覚えた。

 Sさんは、当時一緒にレッスンを受けていたKさんの<舞台>を観た帰りだと言うのだ。演目は聞きもらしたのだが、シニア達がオーディションを受ける模様を演じていたらしい。「自己アピールとは、自分のことばかり話すのではなく、聞き手を楽しませて、聞き手と<いい関係>を築かなければイケナイのだ!って言うのが、その舞台のテーマだったような気がしたんだが・・・」別れ際、Sさんはそんなことを話してくれた。

 <大手企業の幹部を装った男が、就職活動中の女子学生に「面接の質問を教える」などともちかけ、現金をだまし取る事件が東京都内で相次いでいることがわかった。同じ男が繰り返しているとみられる。警視庁は、学生の心理につけ込んだ悪質な事件とみて詐欺容疑で捜査している。

 大崎署の調べでは、6月初旬、新宿区内の百貨店で、男が女子大学生(24)に声をかけてきた。男は大手電機メーカーの「広報部本部長」を名乗り、「入社試験を受けられるようにする」などともちかけた。喫茶店で相談にのり、アドバイスをしたあと、「財布と自宅の鍵を預けた秘書が出張してしまい、金がない」などと言って女子学生に現金1万円を出させたという。

 翌日、女子学生がこの電機メーカーに問い合わせたところ、肩書も名前もうそと分かった。 このメーカーによると、4月以降、同様の手口で被害に遭ったとの女子学生からの連絡がほかに2件寄せられ、同社が大崎署に届けた。被害額は数万円ずつ。男の顔つきや名乗った名前が一致しており、被害者はいずれもリクルートスーツ姿だったという。(2007/6/23/アサヒドットコム引用)>

 誰しも他人から少しでも良く見られたいものである。まして、将来が決まる希望する<就職先の面接>には、ボロは絶対に出したくない。ひとつでも、その<質問>が事前に分かっておれば、どんなに気が楽だろう・・・。しかし、こんな幼稚な<詐欺>に引っ掛かる程度の低い<社会性>なら、どの会社からも<採用通知>はいただけないかも知れない。

 <自己>とは<自己>以上でも以下でもないのだ。例え事前に<質問内容>が分かっていたとしても、事前に<練り上げた返答>では、面接官の<こころ>には届いていかないだろう。<自己アピール>とは、流暢に自己の事ばかり披露しても駄目なのである。これから一緒に働ける<人材>なのかどうかを<見極める>面接官の目はけっして<節穴>ではないのだから。
2007/6/23



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-23 21:12

新カテゴリ登場!

いつも<岩瀬労に言わせろう!>を

ご愛読くださいまして、

誠にありがとうございます!

この度、新カテゴリ<人間観察>を加えました。

日々触れ合う<人間様>を通して世相を考えたいと思っております。

今後とも、<いわろうのブログ>へお立ち寄りいただきますよう

伏してお願い申しあげます。



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-20 22:01 | 告知

一服の清涼剤

 今日は、蒸し暑い一日であった。

喉の渇きを潤すため<スポーツドリンク>でも買おうと
お昼前に立ち寄ったコンビニでのことだ。

<いわろう>が入り口のドアーに手をかけた瞬間、
いままさに入ろうとする<いわろう>を押し退けんがごとく
そこの店員らしき女性が、コンビニ袋を下げて
息せき切って飛び出してきたのだ。

<いわろう>は呆然とその場に立ちつくして、彼女の行く手を目で追っていた。

すると彼女は、辛うじて動き出した一台のライトバンに追いついたようだ。

推察するところ<あの客>は、よほど急いでいたのだろう
そして多分、金種が細々とした釣り銭を貰い確認するのに手間取り、
買った商品をすっかり忘れて帰ろうとしたのだろう。

押し退けられた<いわろう>はムゥ~としながらも思った。

忘れて帰った<客>はいずれ戻ってくるのだから・・・
その<商品>を取り置きさえしておればいいものを
お昼時の忙しい時間帯にもかかわらず、わざわざ追いかけて行って
忘れ物を届けてあげた<彼女>の心根を買った。

多分<販売マニュアル>には、あんな対応までは書かれてはいないだろう。

マニュアル対応が当たり前の<コンビニ店員>にも
そうではない<彼女>みたいな人もいるのだと
一服の清涼剤を含んだような気がし、いっときだけ<蒸し暑さ>を忘れていた。
2007/6/20


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-20 21:49 | 人間観察

見つかりませんでした!

 今日は<有給休暇>をいただいて、大腸ポリープの内視鏡検査に行ってきた。三年余りぶりの三度目の検査である。平成14年4月の初回で<ポリープ三個>も見つかり即切除した経験がある。そのとき「<ガン化>一歩手前だった!」とか「あと半年遅かったら、割腹手術になっただろう・・」など主治医から聞かされ、胸をなで下ろしたのだ。

 「ポリープの出来やすい体質・・」当時そんなことも聞かされたので<毎年検査>を決め、明くる年もやったのだが残念ながら<新発見>はなかった(笑)。だから「次は、二年後に来てください。」主治医のそんな言葉に従うことにしていた。だが気づけば今年の9月で、二回目からまる四年も経ってしまう。そんなことに気づいたのはきっと<何かの虫の知らせ!>と思い、あわてて先月予約を入れ今日行って来たのだ。

 ところで検査の前には<大きな試練>があるのだ。検査に向けて<腸内を清掃するための下剤>2リットルを二時間かけて飲むのだが、<いわろう>はこれが<大の苦手>だ。それは塩水(?)で溶かしたグレープフルーツの絞り汁みたいな実に喉ごしも後味も悪い代物なのだ。ついつい検査から遠のく理由のひとつにこの<洗浄液の服用>がある。だが泣いても笑っても、こいつを飲み干さなければ、始まらないのだ。

 ところで試練二時間!だが検査は十分!で終了したのだ。

 「岩瀬さん!大丈夫!綺麗なモノです!」検査後、主治医の口からそんな言葉が軽やかに、かつ晴れやかに、かつ滑らかに発せられたのだ。<いわろう>は思わず主治医のその頬に<接吻>したいほど晴れ晴れとした心地にはなった。でも男性主治医に<接吻>では絵にならないので、傍にいる<若い女性看護師さんたち>に抱きつき<キス>したい衝動に転化させたのだ。でもその横にいた<年輩のご婦人看護師さん>には、転化させななかったのだ。

 そのとき思った。<意識朦朧>としていたはずなのに<実に正しい選択>が出来ている!そんなこんな状況より判断して、検査のために施された麻酔注射がすっかり抜けているのを確認し、帰路に向けて車に乗った。車に揺られながら<見つかりませんでした!>とは何といい響きの<言葉>だろうと思い。また二年後も<見つかりませんでした!>と聞きたいモノだと思っていた。
2007/6/19


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-19 23:41

ワタクシから・・・

 昨日は<父の日>だったらしい。「あなた!Tデパートで<父の日記念>のお弁当セールをやっているから、夕飯はそこの<お弁当>を買って来て食べて!」昨日急いで出掛ける奥様は、そう言い残して<電光石火>の如くアクセルを吹かせて吹っ飛んで行ったのだ。 一方お二人のご子息も、これまた社交的であり朝からお留守。てな具合で昨日は、たった一人の静かなる<晩餐>を味わった。幸いにもそのTデパートのセール品で昨日が<父の日>だったことを知った次第だ。

  カミさん!息子さん!元気で留守がいい!

 <グッドウィル・グループ(GWG)の介護事業の売却問題で、居酒屋チェーン大手のワタミは18日、約450社の民間の介護事業者が加盟する団体と連携し、GWGの全介護事業を分担して引き受ける方針を表明した。GWGは一括譲渡を優先する方針で、その方針に沿った大手ニチイ学館が有力候補とみられているが、ワタミ側は「地域密着」を掲げ対抗する。

・・・(略)計画によると、有料老人ホーム事業は、すでに引き受け表明をしているワタミが担当し、訪問介護事業などは民介協傘下の会社が分担して引き受ける。各社の拠点は全国に分散しており、事実上の地域分割となる。記者会見した民介協会長の対馬徳昭氏(ジャパンケアサービス会長)は「全国で十分対応できる」とし、山間部や離島などを含め、引き受けに自信を示した。

・・・(略)GWGの事業譲渡を巡っては一括引き受けを表明したニチイ学館などを中心に、7月末の譲渡先選定を目指し交渉が進む。ワタミの渡辺美樹社長は会見で「利用者のことを考えれば一括譲渡は疑問。ニチイ学館だけがそこまで大きくなっていいのか」と牽制した。・・・(略)厚労省は介護事業譲渡先の選定にあたっては、都道府県の意見を聞くよう、GWGに求めている。民介協には大手も加盟するが、地域の中小介護事業者が多い。ワタミ・民介協は「地域に密着した、きめ細かな顔の見えるサービス」(渡辺社長)を打ち出し、自治体にアピールしようとしている。(アサヒドットコム2007/6/18引用)>

 何故一括譲渡が必要なんだろう?もっと言うならば、民間企業の<金儲け>の対象に<介護>を委ねる<国の姿勢>を問いたい。GWGがニチイになろうがワタミになろうが、きめの細かい<介護>が期待できるのだろうか疑問が残る。売上げを上げるために<どんな手を使うか?>を<まず模索>するであろう民間企業に、まず温かい血の通った<介護>を第一に考えることを望みにくいだろう。

  やはり<福祉>は<国>なりと思う。

  折角の機会なのだから抜本的<福祉行政>のあり方をここで考え直すべきだろう。

 メニユー通りの料理を用意して<来る客>を待つのとは分けが違う、<老人>ひとりひとりに見合った<介護>は、きっと<商売を度外視>する部分が多いだろう。そう言った意味に於いても、<民間企業>の限界は見えている。

 <いわろう>は近い将来に到来する<老後>にとても不安だ。

  カミさん!息子さん!元気で留守がいい!などと冗談を言いながら<お弁当>をも一人では、もうすぐ買いに行けなくなるのだ。

  安倍さん!地球環境ウンヌンカンヌン何とかと言って<奥様と嬉しそうにツーショットで電球を変えるポーズの全国版新聞全面広告に出ている場合ではありません!ゾ!<介護事業>はそもそも<私(ワタクシ)>から<公(おおやけ)>に主導権を奪還するべきではないだろうか?2007/6/18



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-18 23:48

ノープロブレム?

キィー!キキィ~!ほぼ同時に急ブレーキの音が二つした。今日のお昼<いわろう>が、コンビニの駐車場に乗ってきた車を停め店内に入ろうとしたそのときだった。その後すぐに「テメェ~!どこ見て運転したんだ!」そんなベランメェ調の大きな怒鳴り声がした。「ウッセェ~!テメェこそ、よそ見スンジャネェ!」相手もこれまたチャキチャキの江戸っ子らしい。

 <いわろう>は、コンビニで買い求めたドリンク剤をゆっくりと飲みながら、背中でふたりのやり取りを聞いていた。だが<衝突した>わけでもなかったので<江戸っ子ふたり>は、ビックリするほど簡単に別々の方へ消えて行ってしまったのだ。<いわろう>は不謹慎にも<ガッカリ>したのである。

T字路での出会い頭なので、お互い気持ちが<動転>し、力一杯の<虚勢>を張って<威嚇>し合っただけだったんろう。<言葉>は、発せられる<人>のそのときの感情で<勢い>が加わり<本来の意味>以上の<威力>を有し<聞き手のこころ>に届くモノのようだ。しかし関西生まれの<いわろう>は、いまだにこのベランメェ調の江戸っ子弁には<なじまない>のだが・・・。

 <多くの特定商取引法違反(不実告知など)があったとして経済産業省が一部業務停止命令を出した英会話学校最大手「NOVA」(統括本部・大阪市)の猿橋(さはし)望社長が、講師が不足している現状が報告された会議の席上、「売り上げが少なければ、講師は増やせない」といった趣旨の発言を繰り返していたことが関係者の話でわかった。

同省や東京都も事実関係を把握。同社がレッスンの予約がとりにくくなっている現状を十分に把握しながら、利益確保を優先させて対策を怠っていたとみている。「売り上げが少なければ、生徒が多かろうが、講師は増やせない」関係者によると、昨年、同社で開かれた会議の席上、猿橋社長は複数回にわたって、こんな発言をしたという。

・・・(略)同社側は同省や都の調査に、「利益優先の意図ではなかった」などと弁明したとみられる。・・・(略)・・・売り物にしていた低料金と急速な規模拡大が経営を圧迫していたとされ、06年3月期には30億円の最終赤字に転落していた。(2007/6/16アサヒドットコム抜粋引用)>

 <外国語>を身につける一番の<得策>は、誰もが考えるように<その国で生活>することだ。そこで日々生活するために一日も早く<体得>しなければ困るからだ。しかし、そう出来ない人たちは<日本>に居ながらにして<外人講師>から<学ぶ>のが一番だろう。

 商売は<利益優先>ぐらいの気持ちがなければならない。そのこと自体<NOVA>は悪くはないのだが、生徒数に見合った<講師数>の確保は、まず最低限度の<企業姿勢>であろう。会議の席上「売り上げが少なければ、講師は増やせない」とハッパををかけ続けた社長の<言葉>に<威力>以前の<説得力>がなかったために赤字に転落したのだろう。

まず社長の<説得力>のある<日本語>を学び直すのが先決のようだ。「テメェ~!講師も増やさず!ロクスッぽ予約も取れネェとこへ誰が行くかァ~!」そんなベランメェ調の声がどこからともなく聞こえてきそうだ。

さすがに今回は<ノープロブレム>とは言えないだろう。
2007/6/17

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-17 00:27

ペコちゃん万歳!

 <評価できるのは、鈍感力という表題のみ。思いつくまま、根拠も無い事例を並べているに過ぎない。・・・>中高年世代の恋愛のカリスマと呼ばれる渡辺淳一著<鈍感力>のある読者のレビューの一節だ。それはともかくとして、著者の推奨するのは、ずばり「鈍感であり続けること」。心身の管理から人間関係や仕事に至るまで、敏感すぎる人には良い結果が訪れないことを様々な事例で結論づけている。他人の褒め言葉に対して、すぐに図に乗るくらいがちょうどいいとも説く。恋愛でも、鈍感でめげない男が最後に思いを遂げるらしい。

  <いわろう>は<敏感?>過ぎたのか、やることなす事遂げられないでいる。

 <不二家は14日、世界的権威があるとされる欧州の総合食品コンテスト「モンドセレクション」(本部ベルギー)の今年の選考で、同社の「210gアーモンドチョコレート」と「270gまろやかミルクチョコレート」が最高金賞を受賞したと発表した。同社の同賞受賞は最後に出品した1989年以来18年ぶり。同社では「味や品質以外に、素材の安心・安全にも配慮した商品開発を続け、信頼回復と販売促進につなげたい」(広報室)としている。(時事通信社・2007/6/14ジジドットコムより)>

 モンドセレクションとは、世界的に権威のある食品品評会のことである。世界食品オリンピックと訳されることもあるらしい。1961年ベルギー政府とECが共同して、菓子を中心とした食品の品質向上を目的として始まったと聞く。審査基準は、衛生、味覚、包装、原材料等の項目。それぞれを点数化し、総合得点に応じて特別金、金、銀、銅賞(メダル)が出品者(企業)に授与されるらしい。

 さすがあの老舗の<不二家>である。すばらしい快挙である。

 ペコちゃん万歳!である。

 ところが<いわろう>には、まろやかなチョコレートの香りのウラから<何かしら臭う!>のである。衛生面であれほど騒がれ<操業停止>まで追い込まれながら18年ぶりに出品して、いきなり<最高金賞>を二点も・・・。

 ましてや<この審査申請の際には審査料が必要であり、この収入が運営基金の大部分を占めている。>と聞けば<いわろうの敏感力>が騒ぐのである。だから<いわろう>は、やることなす事上手くいかないのだろう。

 渡辺先生曰く「他人の褒め言葉に対して、すぐに図に乗るくらいがちょうどいい」のだろう。ちょっと前の<あの事件>なんか世間は<鈍感力>を持った強者ばかりだし、近頃<年金>や<コムスン>や<ノバ>の問題など次から次と話題が豊富だから・・・すっかり忘れているだろう。それにしても<ペコちゃん万歳!>の両手は胸までの<おとなしいもの>にしておいた方がいいと思うのだが・・・。

 ペコちゃん!やっぱり<鈍感力>も程々にすべきだろう。

(この執筆にあたり<ウイキペディアフリー百科事典>を参考にさせていただきました。)
2007/6/16


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-16 00:11

梅雨入り宣言?

b0074359_1472361.jpg

FOMA SH903iにて撮影


営業途中
見上げた空に・・・

梅雨入り宣言?

思わず
ツッコミを入れたくなる
茨城の空模様

梅雨開け宣言の
間違いだったのでは…?


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-15 14:07 | 携帯からの投稿!

それって!普通なの?

 寿退社してかれこれ四十年程になるのに、今更退職した会社の<同期会>でもないだろうと思うのだが、カミさんは、その会合から今夜帰って来るなり「楽しかった~ァ!」と言った。出席者全員、五十歳も後半のおばあちゃん達なのだが、話し合っていると<タイムスリップ>して、気持が若返ってきたそうだ。

 <いわろう>は、それを聞きながら「どうせなら身体もピチピチに若返ればよかったのに・・・」とコッソリと思った。が、もちろん口には<出せ>なかった。

「○○さんのところは、今でも夫婦一緒にお風呂へ入るんだって!」カミさんは<いわろう>の顔を覗き込むようにしてそう言った。「・・・」黙っている<いわろう>に「○○さんって私たちの結婚式のとき友人代表で祝辞を言ってくれたあの旧姓XXさんよ!」カミさんのそんな説明で、若き日のスレンダーで比較的美形のXXさんを思い出しながら「XXさんとならいご一緒してもいいナァ~」と思ったのだが、慌てて<その思い>をかき消した。多分あのときのXXさんは、既にどこにも現存せず!・・・だろう。

そんなアホな妄想をしている<いわろう>にカミさんは続けた。

「私!それを聞いた途端奇声をあげたわよ!そうしたら今度は○○さんが、それ以上の奇声をあげて、隣のグループの視線を集めちゃったの・・・」「岩瀬さんとこ一緒に入らないの!」って○○さんに不思議がられたそうだ。 そして、今夜の会合の出席者のかなりの人達が「ウチも一緒に入るわよ!」ってことになったそうだ。わけを聞くと、一緒に入ればガスとか水が<倹約>できるし、なにより<会話>が弾んで<スキンシップ>にもなるらしい。

「それって!普通なの?」<いわろう>は、夫婦で一緒にお風呂に入るのは、新婚時代の数ヶ月だけのイベントだと思っていたのだとカミさんに言った。そして「・・・」少しムウ~としたかのようなカミさんの横顔をなるべく見ないように自室に移動した。

 <お風呂は一日の疲れを癒し、明日への活力を養う神聖な場だ!>

やっぱり<トイレ>と<お風呂>は一人に限る。でもカミさんがワザワザあんな話題を振ってきたのは、もしかして<一緒に入ろう!>っていう<合図>だったのだろうか?

<いわろう>には、そんな質問をカミさんにしてみる< 勇気>はない!
2007/6/13


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-13 22:36

誓ったはずなのに・・・

 今日は兎に角暑かった。汗を拭きながら、外回りの営業から社に辿り着いたら、涼しい部屋で内勤の連中が、少し遅れた<三時の休憩>をしているところだった。M嬢がよく冷えた麦茶を差し出しながら唐突な質問を<いわろう>に浴びせてきた。

 「岩瀬さん!もし・・・もしネ!生まれ変わったら今の奥さんと結婚したいですか?」「ゴボ!」<いわろう>は、飲みかけた麦茶に咽せた。「岩瀬さんは意外と愛妻家だから、きっと生まれ変わっても今の奥さんと結婚したいでしょう!」口元をハンカチで拭う<いわろう>の返事も聞かずにM嬢はそんなことを言った。

 お陰で<いわろう>はノーコメントですんだのだ。

 <いわろう>が帰社する直前に、その話題で盛り上がっていたらしいのだ。何でも、殆どの既婚者は「今の連れ合いとは絶対に結婚なんかしない!」との意見だったそうだ。

 「その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」って牧師さんから聞かれたとき一点の曇りもなく<八百万のカミさん>に誓って「イエス!」と言い合った仲なのに、何十年と一緒にいれば<そんなことあったっけ?>ってことにもなるようだ。

 結婚式の祝辞の定番によく引用される有名な格言に「結婚前には両目を大きく開いて見よ!結婚してからは片目を閉じよ!」があるが、ベテラン夫婦の中には、両目をしっかり閉じていたいと密かに思う人もいるのではないだろうか。

 誰かが言った。「結婚は鳥カゴのようなものだそうだ。カゴの外の鳥は餌箱をついばみたくて中へ入りたがり、カゴの中の鳥は空を飛びたくて外へ出たがるらしい」なるほどと思って聞いていたら、後ろの女性が続けて言った。「結婚したまえ、君は後悔するだろう。結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう。」とも言うよね。
 
<いわろう>もひとつソクラテスの言葉を思い出した。<君がよい妻を持てば幸福になるだろうし、悪い妻を持てば哲学者になれる。> そして、<そこそこ幸福>であり<哲学者>にはなれなかったのだから・・・。よいカミさんと巡り逢えたのか・・・と思いながらも・・・いや!近い将来には<哲学者>になれるかもとチラッと思いながら、残りの麦茶を飲み干した。(執筆にあたり・人生の格言・名言集<~結婚の格言~>を参考にさせていただきました。)
2007/6/12

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2007-06-12 23:54