68歳の元気ジジイで~す♪


by iwaserou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

続編をお待ちの方!
大変長らくお待たせしてしまいました!

尚、初めてお読みになる方は、初回の記事から読まれることをお薦めします。初回の記事(1月15日)→
コチラ


「ほ~ら!あなたの大好物のオマン…よ!」

「?」

いわろうは、かぶりついた奥方のオマン〇の味に違和感を覚えた。香りも異常だし、実に甘ったるい。

「あなた!久しぶりで忘れたの?この味?」

「あなたったら…」

そういえば、S君の奥方の声も変だゾ!

「起きなさい!こんなところでうたた寝していたら風邪ひくでしょ!」

「むにゃむにゃ…むにゃむにゃ…」

「あなたったら!何が変なの?」

「オッ!オ!おまえなのか?いつ帰ったんだ!」

「おまえじゃないでしょ!いつって?チャイム何度も鳴らしたのに…」

「なんだ!あれはみんな夢だったのか?」

「夢って?どんな?」

「う~~~んッ!」

夢の続きを手繰り寄せる<いわろう>のほくそ笑みを見たカミさんは不審顔だ。

「味とか?お願いしますとか…オマン何とか寝言いってたけど…」

「そうそう!大好物の広島名物のこの紅葉オ饅頭が食べたいと…ね」

<いわろう>は、なんとかうまく誤魔化したつもりだったが・・・。

傍らのカミさんは、不審顔を崩さなかった。

(了)





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-08-18 18:01 | 日記
 昨日のこと、リビングでオリンピックのライブ放送を観ながら、ウトウトしていたら傍らのカミさんが独り言をいっている。

「この人たち!おトイレしたくなったらどうするんだろう?」

<いわろう>が薄目をあけ画面を観れば、トライアスロンの自転車ロードレースを快走する女性たちの集団だ。

「そんなもの競技前にチャンとすませているだろうが・・・」

<いわろう>は、まるで幼い娘に言い聞かせるようにカミさんにいった。

「でも!沿道で応援している人たちの服装をみてごらん・・・」

「・・・」

そういわれれば、ロンドンの夏は結構涼しいような感じだから・・・と<いわろう>もカミさんと同調しかけたとき、カミさんがサラッといった。

「そっか!水泳中にやっちゃうんだ!」

 我が最愛なる奥様は、そんな恐ろしいことをいった。なんと泳ぎながらオシッコしているんだというのだ。さらには「したことない?」と<いわろう>に聞いてくる。「ワタシなんか経験あるもん!」というカミさん。<いわろう>の口は開きっぱなしだ。

 <いわろう>は、最愛なる奥様への百年の恋が音をたてて崩れ行くのを確認した。

 ところでトライアスロンは、水泳・自転車ロードレース・長距離走の三種目を、この順番で連続して行う耐久競技である。

 カミさんの理論だと水泳は、自転車ロードレースの後の方がよりベターだろう?そんなことを話してたら、コーナーリングで転倒する選手が続出している。

「コース整備はどうなってんの?」カミさんはイタクお叱りだ!

「転んだ選手の水着が破れたらどうする?あれ一枚だろう・・・破れたら・・・」って<いわろう>が、男としての素朴な見解を吐露すると、カミさんにグッと睨まれた。

「やっぱり順序を変えるべきだよ!」<いわろう>はその場を取り繕うようにいった。

するとカミさんが、またまたサラッとのたもうた。

「自転車、泳ぎでオシッコ、長距離走ってね」

 そんなカミさんの奇想天外なるコメントを聞きながら、<いわろう>が女性選手のボディラインくっきりな水着姿の揺れ動きに、鼻の下を伸ばし、心ゆくまで堪能していることを、カミさんは気づくまい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-08-05 08:01 | 日記

「観て!観て!」

 リビングに居るカミさんが、テレビの画面を指さしながら、隣の和室に居る<いわろう>を呼ぶ。何事かとテレビ画面を覗けば、ロンドンオリンピックでの体操選手が、まさに鉄棒にぶら下がろうと、両手をいっぱいに上げているところだった。

「なんだよ?これがどうした?」

 <いわろう>は、ワケがわからず不機嫌そうに、カミさんを見た。

「ほら!この子のワキゲ!・・・」

 カミさんによれば、欧米諸国の選手は、総じてそれを処理しているのに比べ、日本選手のそれは総じて手入れされていないらしい。特に内村航平選手の腋毛は<淫靡>だというのだ。

 これは女性特有の<感じ方>なのだろうか?男の<いわろう>は、何にも思わないのだが・・・。もしかしてカミさんは、特異な性格なのかもしれない。腋毛から陰毛でも想像し、その際にある物体やその先の先の展開までも想像するのだろうか?

 ところで、体操競技は<技の難易度>と<美しさ>で、評価される。

 あの天真爛漫に伸び放題の腋毛の<淫靡さ>は、ヒョッとして<美しさ>のポイントを落としてはいないだろうか?というカミさん。

 そんなカミさんの心配をよそに、内村選手は二個目の<金>を日本にもたらした。

 人それぞれ、ものの見方考え方があることを改めて気づかされた次第だ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-08-02 21:55 | 日記