68歳の元気ジジイで~す♪


by iwaserou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 夜道一人歩きの若い女性の後ろから忍び寄り、履いてるハイヒールを脱がせ、それを奪って逃走した男が出没したと、先日、夕方のラジオニュースで聞いた。

「これが正真正銘のフェチですねェ~!」傍らのコメンテーターが、フェチなるものの定義を開陳していた。「何ですか?それって?」男性パーソナリティが、キマジメに聞いた。

「正当なフェチとは、このように物に異常に執着するわけで、女性そのものにはなんの関心もないんです」「正統派フェチってなわけなんですね」男性パーソナリティが、またキマジメにまとめた。

『ならば〈いわろう〉は、ヒップフェチではないのかァ~さらには、パンティーフェチでもないのか?オイドにもパンティーにも興味があるのは・・・フェチでもなんでもない!ただの助平ジジイということなのか・・・』〈いわろう〉は、憧れの正統派フェチ失格!の烙印に涙した。

ところで、ギュウギュウ詰めの満員電車で、若い女性と隣り合わせになったとき、彼女はジジイに当然背中を向ける。ならばまた当然だが、彼女のおヒップは、〈いわろう〉側に位置するわけだ。

ヒップフェチ!いや違ったただのオイド好き助平ジジイが、好むと好まざるに係わらず、手の甲あたりにブリンプリンのオイドがいらっしゃるわけだ。

このシュチュエーションたるや、甚だ酷というものだ。

手の甲だけであの感触を味わってとりあえず満足するのか?思い切って、掌でその弾力性をもっと正確に確認するか?

 さて、ここが思案橋ブールスだ。ところが・・・ちょっと待った!

手の表と裏では、天国と地獄の差がある。つまりこれが、本日のメインテーマである。

たまたま触れるのと、意志をもってサワルのとの違いは大きい。ただのオイド好き助平ジジイで終わるのか、痴漢の汚名をかぶるのかの分かれ道になるのだ。

間違っても、誘惑に負け掌でサワルことのないように、くれぐれも、ご注意アソバセ!

ご同輩!手の甲で愉しむだけに止めておきましょうゾ!




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-24 23:03 | 違いについての一考察
 夏と梨、靴と櫛。

 はて?何のことやら?

 ならば、これをカタカナで書いてみると、いいたいことが見えてくる。

 書いてみると、ナツとナシ、クツとクシとなる。

「ツ」と「シ」の区別がつきにくい書き方だと、冒頭のような混乱が起こるといいたいのだ。

 
〈いわろう〉がまだ中学生だったころ、たった一人の兄と激しく言い争いしたことがある。

 兄は九歳年上だから、多分すでに成人していたのだろうが、ヘンテコリンな「ツ」や「シ」を書いていたのだ。

 某有名大学の文学部の立派な学生さんだったのにだ。

「これ!おかしいよ!ツか?シか?わからへん!」〈いわろう〉がいうと「シやないか!これがツにみえるか?おまえの目が、曲がっとんのとちゃうか?」

 兄が主張するには、「ツ」と「シ」の区別は、至極単純なものだった。

 二つの小さなチョンチョンは適当に並べ、右側の長い線を上から下ろせば「ツ」で、下から上げれば「シ」だそうだ。

「ツ」は横線をイメージし、それに沿うような感じで表し、「シ」は縦線をイメージしてそれに沿うよな感じで書くように、教わっていた〈いわろう〉は、紙に書きながら兄を説得しかけたが、ガンとして聞き入れなかった。


 あの一件以来、なにかと兄は〈いわろう〉のことを〈労先生!〉と茶化して呼ぶようになった。

 兄は神戸に〈いわろう〉は、東京に遠く離れて住むようになって久しい。

「おにいちゃん!いまでもヘンテコリンなツやシを書いとんのか?」


 〈労先生〉は、もうすぐ後期高齢者に手が届きそうな、遠くに住むたった一人の最愛なる兄の健康だけを、いつも祈ってるんやでェ~。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-15 10:06 | 違いについての一考察
 思春期のころ、異常に<家庭医学書>に興味があった時期が<いわろう>にもあった。家族に隠れこっそりと紐解くそのひとときは、未体験ゾーンへ旅立つ冒険心と、見てはならないものを見てしまう罪悪感が、綯い交ぜになった高揚感で満たされていた。

 あの<家庭医学書>への興味は、なにも医学についての探求心によるモノではなかった。ましてや、己の身体についての不可思議の解明のためでもなかった。言うまでもなく、<女性器>の形状かつ、構造ならびにその機能などへの、飽くなき研究心が沸騰していたからなのだ。

『ふ~ん!こんな格好をしているんだ!へ~え!』

 少年<いわろう>は、時の経つのも忘れて読みふけったものだ。そのころの体験と、今日の読書好きとは、満更無関係でもないだろう。

 一方当時、友人とよく回し読みした<エロ本>は、肝心のあの箇所にモザイクが施されていた。多感な<いわろう>の最大関心事だったにも関わらずだ。

 その不条理に対するそこはかなく立ち上る憤りや、そのときに受ける過度なフラストレーションや、やり場のない怒りを心地よく解き放ってくれた、あの<家庭医学書>の存在意義は誠に大きかったと思う。

 尚、アノ構造を医学的見地より、今一度学び直したい方のために、いいサイトをお勧めしたい。でも心臓の弱い方は、絶対にクリックされないように、ご注意申し上げ本日のブログを終えたいと思う。

最後まで、ご精読ありがとうございました。


おすすめサイト

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-14 15:54 | 違いについての一考察
 <いわろう>が、まだ社会人に成り立てのころのことです。

 社のお偉いさんが、出張から帰って見えたので、労いのつもりで「ご苦労さまでした」と挨拶しました。

 そのとき「岩瀬君!ちっと!」と厳しい顔の先輩に呼ばれ、こんこんと説かれました。

「ご苦労様じゃあないだろう?目上の人に対しては、お疲れさまって言うんだよ!」

 あの体験以来、相手が誰であろうとも<いわろう>には「お疲れさま」と挨拶する習慣が身についたのです。


 ところで、先日区役所へ印鑑証明を取りに行った折りのこと。

 証明書を受け取り、帰りかけた<いわろう>の背中に、職員から「ご苦労さま」のひと声がかけられたのです。

『ナヌ?それもいうならお疲れさまだろうが?』<いわろう>は、心の中で、ひとり突っ込みを入れざるを得ませんでした。

 役所の応対は、ひと頃に比べれば、よくなったのですが、まだまだ相変わらず<上から目線>が、抜け切れていないようでガッカリ。

 帰りの道々、そっと自分自身に対して『お疲れさまでした!』って、労ってやりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-10 20:46 | 違いについての一考察
 むかしむかし、ある村に冴えない父子が、ひっそりと暮らしてたとさ。

ある日のこと、親父が出掛ける村の寄り合いに、ひとり息子を連れて行ったんだと。

夜も更けたその帰り道、ほろ酔い加減の親父が、道端で立ちションさ、おっぱじめたんだ。

すると息子も横さ並んで、立ちションを始めたんだが…。

親父が、息子の小便の勢いのなさを、憂いて言ったんだとさ。

「ワシらがオメエらみたいな若い頃には、手さ離してても、遠くまで飛んだもんだ…」

すると息子がいったそうな

「トッサン!オラ!手さ離したら、ションベンがツラさかかるだが…」

親父は、息子のムスコを羨ましいそうに、拝むように見てたとさ。


 <いわろう>は、この昔話を雑誌で読んで、次男がまだ幼い頃のことを思い出した。

 ある日、次男とお風呂に入ってたときのことだ。

 先に湯船に入っている次男と一緒に、湯船に浸かろうと湯船の端を跨いだところ、次男の顔面に<いわろう>のムスコがぶらり。次男は間髪入れず、モミジのような小さい指先で<いわろう>のムスコを示してひとこと。

「デカッ!」と絶句したのだ!

 なにも<いわろう>は、自分のムスコ自慢がしたいのではない。そのときの真剣な次男の表情が、あまりにも生真面目で、可愛いかったと息子自慢がしたいのだ。

 あれからもう四半世紀以上も経ったいま、その次男も立派な家庭持ちになっている。

 現在、その息子のムスコと対面すれば、<いわろう>が、「デカッ!」という番だろう。


★この記事を書くにあたり、昔話の箇所は、三栄書房「男の隠れ家特別編集、時空旅人 Vol.10 大人が読みたい昔話」を参考の上、<いわろう>が加筆、脚色をしました。
 
 昔話の原文に触れたい方は、いま書店にならんでいますヨ。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-09 21:08 | 違いについての一考察
「今度、XX君がリーダーになるんだって?彼にあの大役が務まるのかナァ~」

「彼なら、ちょっと役不足って感じだよね」

 こんな間違った使い方を平気でする人が結構いる。

 それもいうなら、「XX君は、役立たずだからナァ~」とでもいうのが、正しいのだろう。

「役不足」の本来の意味は、当人の力量が、仰せつかる役を凌駕しているという意味。
つまり仰せつかる「役割り分担」自体が、彼にとって軽すぎるということだ。

 つまり全く反対の意味の誤用なのだ。

 そこで、凡例をひとつ。

 長年連れ添った奥方から「ホントに!あんたは、役立たずなんだから…」と罵倒されたときには、怒らず慌てず、冷静に「そもそも、オレがおまえの夫であること自体、役不足なんだよ」と言ってあげましょう。

 ただし、それで奥方の罵倒が、鎮静化の方へ向かうかどうかは、<いわろう>の窺い知るところではゴザンセンので悪しからず。

 夫婦間のいざこざの解消に<いわろう>は役不足でした!…じゃあなかった!
それもいうなら正しくは、役立たずでした。誠に申し訳ありません。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-08 14:33 | 違いについての一考察
 ある雑誌を読んでいたら、おもしろいハナシを見つけた。

 むかしむかし小娘が名医をたよって、診察に行ったそうな。
一通りの診察を終えた名医が、小娘に言った。

「なら、シタを見せてごらん!」

 小娘は、ブルブルふるえながら、下穿きを脱ぎかけると、名医が言った。

「フルイケがあるナ」

 そこで、小娘が恥ずかしそうに応えたそうな。

「いえ!先生!フルイケはありません!生え始めた新しいモノばかりです!」


 小娘の頭の中では<シタ>は、なんの迷いもなく<舌>ではなく<アソコ>のことだった。だから<振るい気>が<古い毛>にも聞こえたのだ。

 似通ったお色気小話に、<爺さまのご臨終>がある。

 まさに、ご臨終といういまわの際、お爺さまがポツリといった。

「オソ◎が見たい!」

「・・・」 

 臨終に立ち会うべく集まっていた人々は戸惑った。

「ジッさま!なにいうだ!」バッさまは、至極ご立腹だ。

 ところが、よくできた嫁が「わたしのでいいのなら、ご覧ください」と、着物の裾をはだけて、お爺さまの顔面に、股ぐらを大きく開いて見せた。

 親戚一同、唖然としていると、ジッさまがはっきりした口調でいったとさ。

「ワシは、オソトが見たいのじゃ!」

 単に「ト」を「ソ」と聞き間違えただけだが、とんでもないことになる。


 他人のハナシはしっかり聞こう! そのために耳は二つもあると教わった。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-06 23:12 | 違いについての一考察
 先日、日経・朝刊の一面のトップ記事として<シニアを耕せ>の見出しが踊っていた。
一般消費が冷え込み傾向のなか、シニア層のそれは堅調らしい。年間六兆円の需要が眠るとの試算もあるとか。だから、各企業は<シニアを耕せ>となるのだ。

 ところで、シニアとは一体何歳からなのだろう?

 先の日経新聞のように、最近のメディアの取り扱いとしては、定年後の方々を指して使われることが多いようだ。ならば60歳以上をさすのだろうかと思いきや、ゴルフやサッカーなどのスポーツの世界では、50歳以上がシニアクラスの参加資格になっている。

 ところで、過度の社会保障受益や認知機能や身体機能が低下し、認知症・寝たきりなど疾病に掛かり易い高齢者に対する介護の疲れや社会的負担から、高齢者に対する嫌悪や高齢者虐待が増えてきた。これを受けて、「年をとった、年寄り、高齢の」といった年齢を強調した表現を避け、「より経験豊かな、先任の」といった価値中立な表現を工夫して用いるような傾向が出てきた。

 その代表例が、やんわりとした<シニア>という呼称のようだ。

 さて、<いわろう>は、CMモデルをチョッぴりではあるが囓ったことがある。

 はじめは、ある通販会社のカタログモデルや、医療保険のCF出演や、ある携帯電話会社のパンフモデル・・・と、そこそこ活躍仕掛けたのだが、そのうち受けるオーディションすべて不採用通知の辛酸をなめるようになった。

 <いわろう>が、還暦すぎている割には若く見えるからだろう・・・。だから年齢相応の<おじいちゃん役>に、パスしないのだろう・・・。そんな自分なりに出した結論に至り、モデルを辞めてしまった。いまでもそのとき、お世話になった方々には、申し訳なく思っている。

 そんなこんなで、<役づくり>ではなく<顔づくり>をしながら、<老人>CMモデルへの復帰を、密かに目指している<いわろう>である。それも、後期高齢者まで生きられたら!のハナシだが・・・ね。
 


この記事を書くに当たり、ウィキペディアを参照し、一部引用させていただきました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-05 23:30 | 違いについての一考察
「パンティーとショーツはどう違うの?」

昨日の昼下がり、ふとカミさんに聞いてみた。

「あなた!また!なに考えてるの?イャラシイ!」

カミさんは、ずり落ちた老眼鏡越しに睨んだ。

「…」
<いわろう>は、しまったと後悔したが、すでに遅かった。

『聞かずに初めから、グーグル検索すればよかったのに…』

 ところで、その検索結果だが・・・

 わが国において、1990年代の前半頃までは普通に「パンティー」と呼称されていたそうだが、下着業界が販売戦略のため「ショーツ」という言葉を普及させ、近年は特に若年層の女性の会話などにおいては「ショーツ」または「パンツ」という呼称が一般的になっているらしい。

 一般的会話において「パンティー」という呼称が使用されることは、比較的少ないとのこと。しかし英語圏では「パンティー」が、むしろ一般的であり、それに影響されてか「パンティー」と呼称する女性もいるらしい。

 結局、ハッキリとした違いがわからず仕舞いに、研究を進めれば「スキャンティ」なるものまで、現れ出る始末…。

 女性下着は複雑怪奇なものである。

 カミさん曰く、意外にも当の女性達には、エロ過ぎ恥ずかしくって「パンティー!」とは、白日のもとでは、口にできない呼称らしい。

 つまりは、男性好みの呼称なのかも知れない。

 ところで、いつの頃からか知らないが、「ズボン」のことを「パンツ」と呼ぶようになった。知らぬ間に、ジャンバーがブルゾンに変わり、ズボンがパンツと呼ばれる時代だ。「パンティー」の呼称も、やがてなくなる運命かも知れない。

 しかし!「パンティー」が、将来なんという呼び名に変わろうと、われわれ<パンティ被り愛好家>は、アンダーグランドで「パンティー!」と呼び続けるだろう。

 愛する人の脱ぎたての、あのほのかなカオリを嗅ぎながら、明日への活力を漲ぎらせる愛好家達には、永遠に「パンティー」のことをエロティックに「パンティー!」と呼び続けられるだろう。

 「パンティー」という呼称以外にあのプレーへのメクルメク誘いを、表現できないのだから。同じものであっても「ショーツ」では、意気消チ~ンしてしまうのだ。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-02 23:42 | 違いについての一考察