68歳の元気ジジイで~す♪


by iwaserou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:世相雑感 ( 425 ) タグの人気記事

「・・・の違いについての一考察」のカテゴリを始めたのはいいが、そのネタ探しに苦労している。

そんなある日のこと。佐藤愛子氏のエッセイ「愛子の新・女の格言」で、以下の文章を見つけ膝を叩いて小躍りした。ここに引用させていただこう。


<ある男が述懐して曰く。

嫌いだ、ニクいと思っている女房と、会社の帰り道でひょっこり出会った。
女房は買い物籠を下げ、その籠から大根のハッパと葱が出ている。

オレが嫌っていることも知らず、こうして夕餉の買い物をしているのか!

そう思うというにいえない哀れみがこみあげて来て、別れたいと思いながら、つい十年過ごしてしまった、と。

「男というもんはどうしょうもないシロモノねェ」と常々思うことの多い私だが、こういう話を聞くとちょっと感動する。

かえりみて女はどうか。

嫌いだニクいと思っている亭主と道でひょっこり出会った。

亭主は古鞄を下げ、くたびれて黄色い顔をしてニコニコと手をあげた。

私が嫌っていることも知らず、なんて鈍感なあの顔!とますますイヤになる。

これが男と女のチガイね>


ゲニご婦人というシロモノは、・・・である。


<>内は、すべて引用させていただきました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-06-29 18:37 | 違いについての一考察
「初対面の人でも、その人が喫煙者かどうか?体臭でわかるモンだね~」
友人Y君は、その人がタバコを吸っていない状態でも<におい>でわかるというのだ。

「そうさ!オレなんか、すれ違いざまにその人が喫煙者かどうか?分かっちゃうよ!」
<いわろう>も、負けじと続けていった。

 ものの本によれば、人間さまの嗅覚能力も捨てたモンじゃないらしい。

 ところで、日本語の表現語彙は、細やかで実に豊富だ。
<におい>についてもいろいろある。そこで、三省堂 大辞林で<におい>を引いてみた。

<<物から発散されて、鼻で感じる刺激。かおり・くさみなど。臭気。〔「かおり」が快い刺激についていうのに対し、「におい」は快・不快両方についていう。不快な場合の漢字表記は多くは「臭い」〕>>

「そういえば、彼女のパンティーの<におい>はどっちだい?」
<いわろう>の問いに、友人Y君は思案顔になった。

<いわろう>は、Y君の性癖をよく知っている。Y君は彼女の脱ぎたてのパンテイーをすっぽり頭から被るのが無類に好きなのだ。「かおり?くさみ?臭気?匂い?臭い?・・・」急かせる<いわろう>に、Y君はますます思案顔。

「オイニーかなあ?」Y君は小声でいった。
「なんだい?それって?オナニーってか?」
<いわろう>は、Y君の言葉の意味が解らずにいた。

「匂いでもなく、臭いでもなく、ましてや香りでもない・・・」Y君は空を仰いで瞑想状態になった。「・・・」<いわろう>はといえば、ただ呆然。

 しばらくの沈黙の後、「フェロモンのオイニーだよ!」Y君がボソリ。

 Y君によれば、ズージャ読みというのがあって、彼女の脱ぎたてパンティーを被っているときの<におい>を、ピッタシ表現できる言葉が<オイニー>であるらしい。

『65年人間やってても、まだまだ未経験の世界ってあるモンだ・・・』
<いわろう>は、あらためてY君の横顔をみながら思っていた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-06-20 22:26 | 違いについての一考察
 すでに、二年あまり経過した原発事故なのに、某電力会社様の<自己中>的対応の悪さで、未だに<事故中>から抜け出せないでいる。かと思えば、自己弁護に奔走する元弁護士先生で<自己中>の某市長さんは、自身が最も嫌う<自己利益と自己保身しか考えない官僚>的な行動をなさる。ご本人率いる政党は、ひょっとして<事故中>では?

 そんなこんな最中、<自己中>某コミッショナーが、自分のサイン入りボールにこっそり変えちゃったとか聞く。この方も<不祥事>ではないと自己弁護。いまさら時代遅れの<加トちゃんペッ!> でもあるまいし・・・

 みなさんの頭の中が<事故中>ということなのか?

 ここで、オサライしておこう!

<自己中>とは、物事について、他人とすり合わせすることなく、あるいは人に歩み寄ることなく決めていく人のこと。またはその行為のこと。また、それを正しいと信じている人のこと。

一方<事故中>とは、広義の意味も含めて、本来あるべき状況でないこと。

だよ!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-06-15 22:53 | 違いについての一考察
 最近、フイットネスクラブに通うようになったカミさんが、その復習だとかいって、静かで、平和だった我が家のリビングで、ドッタンバッタンの運動を日課にしだした。

「このポーズも、お尻の穴を締めれば、より効果的だって・・・」「・・・」返事保留の<いわろう>にカミさんは、続けて「ついでに前の穴も締めて・・・」ってインストラクターがいってたとか宣いながら、舌をペロッと出した。

 普段から「お尻の穴」を意識している人はそれほど多くはないだろう。だが、体の中でもお尻の穴は体のあらゆる筋肉につながる起始部であるらしい。ここをキュッとしめることで、お腹や足、太もも、背中などの筋肉まで自然と鍛えられるそうだ。

 また、お腹や腰周りの筋肉が鍛えられれば、骨盤が正しい位置に安定する。骨盤の中には腸や子宮、卵巣などの内臓があり、これらも正しい位置におさまることで内臓が活性化し、便秘や生理痛といったトラブルの解消にまでつながるんだとか、イイことづくしだ。

「<お尻をしめる>と男女関係もハッピーになるらしい・・・」カミさんは、どうも前の穴もついでに締めている様子でいった。

 フイットネスクラブというところは、いったいカミさんに何を教えるところだい?

 お尻の穴をしめることで、女性にも、男性にとってもうれしい効果があるらしい。平たくいえば、セックスがより気持ちよくなるというのだ。「久しぶりに試してみる?」ってカミさんが言い出さないか?と<いわろう>は、クワバラ!クワバラ!だった。

 お尻の穴をしめると、骨盤の中で内臓を支える筋肉(骨盤底筋群)も鍛えられる。実はこれが、女性の膣の収縮、いわゆる<前の穴>の「しまり」と密接な関係にあるらしい。

 実際に、お尻の穴をしめるように意識し始めたら、セックスが気持ちよくなったとの声も多いらしい。

 また、男性の勃起力は、実は腹筋と多いに関係があるとか。お尻の穴をしめ、腹筋を鍛えることで、機能向上が期待できるらしい。これは是非とも、各々方!試してみる価値はありそうだが、この<いわろう>に、その必要はまだない!

 ところで、前の穴の呼称は、地方ごとに千差万別である。とうとう定着しなかった<われめチャン>という呼び名が、今となっては懐かしいばかりだ。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-06-09 09:48 | 違いについての一考察

 我が家のゴミ出し担当は、この<いわろう>だ。

 先日の早朝、野球帽を目深に被って生ゴミのビニール袋を、町会のゴミステーションに出し終え、ソソクサと自宅に戻ろうとしたときのこと。

 運悪く近所の初老の奥さんに、バッタリ。
「何処のハンサムかと思ったら・・・岩瀬さんじゃないの?」と声をかけられた。
「・・・」<いわろう>は複雑な面もちで、無言の引きつり笑いを返すだけだった。

 あのとき、「ありがとう!」とも「いえいえそんな!」とも返答できなかったのは、幼い頃から<いわろう>は、「かわいい」とか「美男子」とか「二枚目」とか「ハンサム」って言われつけていたからだ。これは自慢話ではない!客観的に見ての単なる事実だ!

 ところで、<ハンサム>の語源を紐解けば、手(Hand)と、~しやすい(Some)からなる言葉で、顔立ちがよいと、女性を容易くあしらいやすいという意味合いがあるらしい。
 
 だが、<ハンサム>という呼び名は、最近あまり使われなくなったようだ。

 もっぱら<イケメン>に取って代わられた感もある。が、この<イケメン>という言葉は、とても<曖昧>である。顔立ちのよい男性だけでなく、単にオメカシしたブ男とか、単なる茶髪の男の子をも<イケメン>と呼ぶ始末だ。

 ハンサム爺の<いわろう>は、狭義の意味と広義の意味で使われる<イケメン>には、未だに馴染めないでいる。これは、間違っても自分が<イケメン>と呼ばれることはないだろう<ヒガミ>や<ヤッカミ>からだけで、そうなっているのではない。

 今風に曖昧な<イケメン>とは、呼ばれたくないが<ハンサム>という古風な呼び名に違和感を抱いているのも正直なところだ。どなたか<イケメン>や<ハンサム>に変わるいい呼び名を、そろそろ編み出してはくれないだろうか。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-04-07 10:50 | 違いについての一考察
 記憶は遡るためにある。

 だが、半世紀以上も前のことなると、ほとんどの記憶が気持ちよく消え去っている。

そんな中、消えないでいる記憶もある。

 そのうちのひとつだが、小学三年生の春のこと。
クラスのマドンナ的存在だった女子MKさんから、お誘いを受けた。
もちろんいまでも彼女の名は、フルネームで覚えている

「労チャンも!わたしの誕生日パーティーに来てくれる」

 ひそかに憧れていた金持ちの令嬢MKさんからの自宅へのお誘いだ。
<いわろう>は、もちろん二つ返事で快諾した。

 あの日、プレセントとして何を携えて行ったのか、全く忘却の彼方たが、当日御馳走になった<オムライス>の美味かったことと、<クッキー>の洒落た味わいは、半世紀の時空を越えても見事に蘇る。

 昭和三十年代前半当時も、我が家はご多分にもれず、シッカリと貧乏だった。

 おそらく、まともな<オムライス>や、<クッキー>を食したのは、あのMKさん宅が、生まれて初めてだったと思う。

 そもそも、米国ではすべてクッキーで、英国ではすべてビスケットと呼び、本来両者に明確な違いはないのだが。

 クッキーは高級品で、日頃よく食していたビスケットは、安物だとする偏見が、還暦を越えてもなお<いわろう>の心の内で燻っている。

 多分MK宅で、あのとき幼な心に、刷り込まれてしまったのだろう。

 余談だが、日本の全国ビスケット協会では1971年以来、手作り風の外観をもち、糖分と脂肪分の合計が40%以上のものを<クッキー>と呼ぶ、自主規約をもうけているらしい。


この記事を書くにあたり、日経新聞(2012/11/3 朝刊・生活発見)を参考にし、一部引用させていただきました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-02-11 19:52 | 違いについての一考察
先日、遅い新年会をした。その折のことである。
ほろ酔い加減のY君がポツリといった。

「潮吹きってホントにあるゾ!」

いわろうは、聞き返した。「潮吹きって?鯨の?」
「チェッ!なにとぼけてんだヨ!」「…」

真顔のいわろうにY君は、ニタニタしながらいった。「こないだのオンナのことだよ…」
そういわれて、いわろうもやっと意味がわかった。

「そういえば潮吹きって!一頃流行った!けど、あれって小便のことだろう?」「だから、違うって!」

Y君は、酎ハイを一口飲んで、唇を舐め舐め熱く語った。

「とにかく敏感なオンナだったんだ。ア~とかウ~とかの声は、ちょっとオーバーで、なんだか演技ポッかったけど…」

Y君の話しによれば、彼女の華を覗き込んで愛撫中、顔面にその〈潮吹き〉をまともに受けたらしい。

それが、少しもショッパくなかったそうだ。

話してて、初めて分かったのだが、Y君にはご婦人のオショウスイを顔面にあびる性癖もあるらしい。

それはそれは、こよなく興奮するとか、いわろうには到底理解できない行為だが…。

Y君は、誰にも迷惑かけてないからいいだろって胸をはる。

そういえば、何処の誰かは、彼女の脱ぎたてパンティを頭からスッボリ被るのが、堪らなく好きだって…。

人の趣味嗜好は、エロエロだナァ~。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-02-06 11:54 | 違いについての一考察
 世は酷い不況だ。

 デフレスバイラルが更に進行し、価格破壊に拍車がかかる昨今ではあるが、カミさんの美容代は、別世界のようだ。

「どう?」

 美容院からもどりたて、首を左右に振って<いわろう>に、髪型の出来栄えを確認させるカミさんに「うん!いいじゃあないか」とシブシブ社交辞令を言わなければならない、あの比類なき苦痛から、そろそろ逃れたいものだ。

 だって、カミさんの<タダの髪切り代>の支払時に、あの福沢諭吉様へ召集礼状が発行されると聞くからだ。

「先生への指名料も入ってるから…」

 若いイケメンの美容師との語らいに胸ときめかすお年頃でもないのに…。カミさんのささやかなアバンチュールなのだろうか?

 財布の底にへばり付いている諭吉先生をスンナリと旅立たせてしまうイケメンが憎い。

 一方<いわろう>さんの髪切り代はといえば、なんと野口英世先生をばお一人出せば、お釣りが戻る950円ナリ!だ。

 カミさんの一回の美容代で、<いわろう>なら一年間楽々髪切りできる勘定だ。

 ところで、美容師はヒゲソリをしてはいけない決まりになっているらしい。だからたまに、床屋でご婦人の客を見かけるわけだが・・・。

 折角だから、ヒゲソリに来たついでに、髪切りも安上がりに床屋で済ませればいいのにと思うのは、あまりにも世間知らずで、貧乏な<いわろう>だけの稚拙なる発想なんだろうか?




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-02-03 11:54 | 違いについての一考察
「中学校には、ジイアイセンターって、アダ名のゲンコクの先生がいるから…」

 中学に上がる前からいわろうは、すぐ上の姉から、いつも聞かされていた。

「ジイアイセンターって?」

 そのアダの由来を姉に聞いても、姉はいつもニタニタして、はぐらかせてはっきりと教えてはくれなかった。

<いわろう>が中学生になってやっと、ジイアイセンターとは、エッチな現代国語の男性教師のことだと知った。三日月のように面長で顎がしゃくれ、オチョボ口のスケベ面した三十歳前後の冴えない男だった。

 ジイアイセンター。

 つまりGとIの間にあるアルファベットは<H!>ということだった。

 あの頃、同級の女生徒の中には、大人のオンナになりかけた子がいて、何人かがそのジイアイセンターの餌食になるのを目の当たりにした。

 事あるごとにジイアイセンターは、授業中に、狙いを定めた女子校生の胸元に軽くタッチしたり、キスの真似ごとをしていたのだ。

 この歳になってみれば、なんのこともない軽い冗談だと気にも止めない行為なのだが、多感なる当時の<いわろう>は『このスクベセンコウめ!』と、真剣にカリカリしていたものだ。

 何故ならば、ひそかに慕う女生徒がその餌食の一人だったからだ。

 ところで、最近<スケベ>という呼称は、ほぼ死語化した。また<エッチ>自体のニュアンスも大きく様変わりしてきている。

 本来<エッチ>とは名詞であったのだが、近年<エッチする>という動詞型として使われるのが一般化してきた。

 これは、あの明石家さんまが、言い出しっぺのようだが、<いわろう>たちの年代なら、セックスは<スケベする>といった方が、淫靡さが漂って好ましいく胸高鳴るのだが。

<エッチする>では、いかがなものだろう?その気にならないのはワタシだけだろうか?



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-01-26 19:10 | 違いについての一考察


 ある日のこと。

 警備員をしている友人Y君が、嘆いていった。
「今度、入社したての新人が、警備報告書の時刻欄に24:12って書くんだよ!」
「24時間テレビの影響か?」<いわろう>がいうと、「オイ!オイ!」とY君の嘆きが、エスカレートした。

「ところで、お昼の12時は『午前12時?』、『午後12時?』、それとも『午後0時?』どれが正しいんだい?」Y君は真面目な顔で<いわろう>に質問した。

<いわろう>は、はじめ正直返答に困ったが・・・。

「そりゃあ!夜中が午前0時だから、お昼は『午前12時』でいいんだろう?」と<いわろう>が応えると。「だったら午後12時は何処へいった?夜中の午前0時のことか?」とY君が応えた。

「・・・」

「ならば午後0時は、午前12時のことなの?」
混乱する頭を抱えて、応えずにいる<いわろう>にY君はポツリ。

 いらいらしながらも<いわろう>は、その夜ググってみた。

 法律的には『午前12時』が正しい。しかし、正午を1秒でも過ぎればそれは午後であり、午後零時XX分と表示するのが混乱を生じないとのこと。午前・午後の表示を伴う場合は小学校の教科書のように午前、午後とも「00時00分00秒」に始まり、「12時00分00秒」に終る。
 つまり、

午前12時00分00秒 = 午後00時00分00秒
午後12時00分00秒 = 午前00時00分00秒

との考え方で統一するのが良いということだった。

 混乱を避けるには24時間表示が一番だと<いわろう>は思うのだが、なにか不都合があるのだろうか?あるとすれば『24:12』と表示する不心得者が、出ることぐらいだと思うのだが・・・。

 ついでに提案したいのが、西暦表示と元号表示の併用をいい加減にヤメにして欲しい! 
 今年は平成24年なのか2024年なのか?平成12年なのか2012年なのか?
しばしば混乱したのは<いわろう>だけだろうか?
 


★この記事を書くのにあたり、NICTのHPを参照し、一部引用させていただきました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-12-30 13:47 | 違いについての一考察