人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

この不景気のさなか保険料アップ!ってか?

「過去一年間、無事故で保険なんか使っていないのに、何故保険料が高くなるの?」

<いわろう>は、自家用車の任意保険の更新案内通知の葉書を握りしめながら、担当者に電話で詰問した。

「付加しておられるファミリーバイクの保険料が事実上値上げになりまして・・・」
電話の向こうの担当者は消え入りそうな声で、そんな返答をしてきた。「どうして?」<いわろう>は腑に落ちない気分でいっぱいだった。

「最近、バイクの事故が多くて・・・」値上げしないでは給付金とのバランスがとれないのだそうだ。巷では若者達の車離れやバイク離れが、囁かれているというのに・・・。

<13日午前9時5分頃、金沢市松村の大徳自動車学校で、排気量750ccのオートバイに乗って大型自動二輪免許の卒業検定を受けていた同市神野町、会社員五十嵐竜也さん(41)が、コースから外れてコンクリート塀に衝突した。

 五十嵐さんは頭などを強く打ち、約3時間後に死亡した。

 金沢西署の発表によると、五十嵐さんはクランクの出口付近でコースを外れ、約10メートル先の塀にぶつかった。

 同署は、コースに戻ろうとしてアクセルをふかし過ぎたため、オートバイを制御できなくなった可能性が高いとみて調べている。

 同学校は、安全対策の検証が終わるまで二輪車の教習を中止することを決めた。

 坂本国正校長(63)は「あってはならないことが起き、ご家族に申し訳ない」と話している。(2008年12月13日21時09分 読売新聞)ヨミウリオンラインより転載>
「この記事は、読売新聞社の許諾を得て転載しています」「読売新聞社の著作物について

 改めて大型自動二輪運転の教習のあり方を考えさせられる事故だ。四輪車の場合、助手席に教官が座り、ブレーキペタルが教官の足下にも設置されているので、こんな事故は絶対に起こらない。一方、二輪車は当然だが運転者の単独走行だし不安定で危険だ。

<運転が未熟>だから<オートバイ操作自体もまだまだ未熟>だから教習所で訓練するのだ。当然こんな不測な事態もあり得ることなのだ。考えて見れば、現在の教習所の設備には、そんな配慮がされているのだろうか?これからは、安全ネットや壁には緩衝材などを設ける必要も出てきそうだ。

 被害者(?)は、おそらく<免許取得後>の快適なツーリングでも夢見ていたのだろう!交通事故とは無縁と錯覚していた<安全第一>であるべき設備内で<事故死>するなんて想像もしていなかったことだろう。

 大型自動二輪運転の教習方法を抜本的に見直す時期に来ているのではないだろうか?

 安全運転で<無事故>の保険契約者に<保険料アップ>という<不利益>を被らせるほどバイク事故が多くなっているのは、安易な教習と簡単な検定が<安全運転>の基本を、充分教え込んでいないからではないだろうか?
2008/12/13


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在132位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在44位
by iwaserou | 2008-12-13 22:49 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/10030080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード