岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

やがて<人間>となりて思うこと・・・

「出来ちゃったの!」

 おできの話ではない!子供が出来ちゃったらしい!
数多の殿方と浮き名を流された、あの<宮沢りえさん>も結局<できちゃった結婚>をされるらしい。老婆心ながら<りえママ>は、いかがなるご心境だろう?

 【ロサンゼルス=飯田達人】米カリフォルニア州で先月26日に生まれた八つ子を巡り、体外受精を担当した医師と、出産した母親への批判が米国内で強まっている。

 医師は米生殖医学会の指針に違反した疑いが強く、母親は既に6人の子供がおり、計14人の子供を育てていける経済的な余裕がないためだ。当初は出産を祝福したメディアも、「無責任な出産」と報じている。

 米メディアによると、担当医は不妊治療の先駆者として知られるマイケル・カムラバ医師(57)。出産したのはナディア・スールマンさん(33)。

 体外受精は通常、不妊に悩む女性を対象とし、同学会の指針では、35歳未満の場合、戻す受精卵は原則2個以下。40歳以上でも5個までとしている。戻す個数を原則1個としている日本などに比べ、米国では医師の裁量に任せられている部分も大きく、今回の出産では、スールマンさんの求めに応じ、医師は6個の受精卵を子宮内に戻した。

 スールマンさんは、これまで5回の体外受精を行い、7~2歳までの6人の子供を持つ。いずれもカムラバ医師が担当したとみられる。夫とは昨年離婚しており、精子は毎回、同じ友人から提供を受けたという。

 スールマンさんは無職で、子供たちと共に母親の実家で生活。州から毎月約2300ドル(約21万円)の補助を受けているほか、生活困窮者に対する毎月490ドル分の食料配給券も受け取っていた。八つ子の出産費なども未払いで、スールマンさんがネットで募金を呼び掛けたところ、非難するメールが殺到したという。(2009年2月14日03時05分 読売新聞)ヨミウリオンラインより転載>「この記事は、読売新聞社の許諾を得て転載しています」「読売新聞社の著作物について

「私の大きな夢でもあった赤ちゃんを授かりました。彼と子供とオリジナリティーあふれる家庭をつくっていきたい」と宮沢りえさんはコメントしたらしい。
結婚してから、子供をもうけようが、子供を授かってから<家庭>を持とうが、生まれてくる<子供>には,まったく関係がないことである。

 生まれてくる子供にとって、一番大切なことは親からどれ程愛さるかだろう。14人いようが20人いようがだ。でも、この八っ子が自分の生まれてきかたを成人してから知ったとき、どの様に思うのか?一人の<人間>となりて・・・。

 スールマンさんは、そんなことも考えているのだろうか?
2009/2/14

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2009-02-14 23:44 | ニュース報道関連