人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

単なる<色つき水>でない!

<いわろう>は、正真正銘の<下戸>だ。

 ある説によると、遠い祖先は<中国大陸の血筋>を受けているらしい。その説によると元来、わが国には<下戸>なるものは存在しなかった。大陸において突然変異で発生した<下戸DNA>を持った渡来人の血筋が、わが国に広まったらしい。だから、かって都として栄えた<関西地方>に<下戸>が多いとも説く。そういえば<いわろう>は、神戸生まれの正真正銘の<関西人>だ。

 <いわろう>が、もし<下戸>でなかったなら、まったく違った<人生>になっていただろう。一滴も飲めないくせに、飲み屋のあの雰囲気だけは好きなのだから。ひょっとすると、ホストクラブの<人気者>になっていたかもしれない。自分で言うのもおかしいが、若い頃は、今で言う<イケメン>だったし・・・(笑)。

<ライバルのホストクラブの男性従業員に大量の酒を飲ませ、死亡させたとして傷害致死罪に問われた浜松市中区上浅田、無職藤本敏晃被告(31)の判決が16日、静岡地裁浜松支部であり、北村和裁判長は懲役3年6月(求刑・懲役5年)の実刑判決を言い渡した。

 静岡地検浜松支部などによると、飲酒の強要で傷害致死罪を適用し有罪とした判決は全国初という。

 判決によると、藤本被告は2008年5月7日、浜松市中区のホストクラブに部下ら7人と訪れ、同店の男性従業員(当時25歳)に23分間で焼酎を1リットル以上飲ませた。男性は急性アルコール中毒による脳障害で同14日に死亡した。

 判決で北村裁判長は、「被害者を脅して『断ると何をされるかわからない』との恐怖心を抱かせる状況を作り、短時間に多量の酒を飲ませたことは傷害の実行行為にあたる」と述べた。

 土本武司・白鴎大法科大学院長(刑事法)は、「無理に酒を飲ませることが重大な犯罪になることを示した、酒の飲ませ方に警鐘を鳴らす判決だ」としている。
(2009年2月17日01時53分 読売新聞)ヨミウリオンラインより転載>
「この記事は、読売新聞社の許諾を得て転載しています」「読売新聞社の著作物について

 人間は、機械ではない!それに結構<華奢>だ!自分たちの<商売道具>で人殺しとは、情状酌量の余地は全くない。酒は百薬の長だと聞き及んではいるが、飲み方で人の命をも奪ってしまう<恐ろしさ>も持っているということのようだ。

 ライバル同士なら、もっと正々堂々と戦いたいものだ。
2009/2/18

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2009-02-18 23:41 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/10373922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード