人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

Sさんを見舞う

一昨日、入院中の知人Sさんを見舞うため、成田の某病院まで車を二時間程走らせた。

いつもは混み合うらしい、その病院の駐車場は、日曜日とあってガラガラだった。

病室503号は、出向く前にSさんから聞いていた通り、ナースセンター裏手の分かりづらいところだった。

「見つけたゾ!こんなところでサボってる場合じゃないでしょ!」

「…」

〈いわろう〉の軽い冗談にSさんの土色の顔は、前回のように、決してほころばなかった。

Sさんの直腸ガンは、一年も経たないうちに、再発したのだ。

まだ49歳のSさんには、嫁入り前の娘さんと、テンカン持ちの息子さんがいる。

「娘は薬剤師の免許がもうすぐ、とれそうだから心配ないんだけど、息子の方が…」

Sさんは、声を詰まらせながら運転免許をとる前に、発症した息子が不憫だと、両目にタオルを被せ、それを外すとき、そっと瞼の湿りを拭った。

自分の死とまともに、向き合った父親の息子に、かける力一杯の愛情に触れ、〈いわろう〉の目頭も熱くなった。

「なるようにしかならない!」

〈いわろう〉は、流れ出そうとする涙の川を辛うじて、堰き止めてヤケバチのようにいった。

とても乱暴ないい方だけど、考え、悩んでもどうしようもないことが、この世にはゴマンとある。

〈運命〉と言う簡単な二文字でありながら、固い岩盤のように、とても動かしがたい重い石に、行く手を阻まれるときが度々あるモノだ。

でも人間は、とても利口な動物だ。決してうろたえたりはしない。静かに、受け止めることがベターだと心得ているのだ。

「…」

「…」

二人は、あの沈黙のひととき、そんなことを互いに確認し合っていたようだった。

「じゃあ!お大事に」

〈いわろう〉は、まだまだ言うべき言葉がたくさん残っているようで、すべてを語り尽くしたような複雑な気分で、病室を辞去した。

そして

誰もいない駐車場で、涙を流しながら、しこたま泣いた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2012-02-14 10:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/17799677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード