岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

「お疲れさま」と「ご苦労さま」の違いについての一考察

 <いわろう>が、まだ社会人に成り立てのころのことです。

 社のお偉いさんが、出張から帰って見えたので、労いのつもりで「ご苦労さまでした」と挨拶しました。

 そのとき「岩瀬君!ちっと!」と厳しい顔の先輩に呼ばれ、こんこんと説かれました。

「ご苦労様じゃあないだろう?目上の人に対しては、お疲れさまって言うんだよ!」

 あの体験以来、相手が誰であろうとも<いわろう>には「お疲れさま」と挨拶する習慣が身についたのです。


 ところで、先日区役所へ印鑑証明を取りに行った折りのこと。

 証明書を受け取り、帰りかけた<いわろう>の背中に、職員から「ご苦労さま」のひと声がかけられたのです。

『ナヌ?それもいうならお疲れさまだろうが?』<いわろう>は、心の中で、ひとり突っ込みを入れざるを得ませんでした。

 役所の応対は、ひと頃に比べれば、よくなったのですが、まだまだ相変わらず<上から目線>が、抜け切れていないようでガッカリ。

 帰りの道々、そっと自分自身に対して『お疲れさまでした!』って、労ってやりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2012-10-10 20:46 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/19192636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード