68歳の元気ジジイで~す♪


by iwaserou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

エロ本と医学書の違いについての一考察

 思春期のころ、異常に<家庭医学書>に興味があった時期が<いわろう>にもあった。家族に隠れこっそりと紐解くそのひとときは、未体験ゾーンへ旅立つ冒険心と、見てはならないものを見てしまう罪悪感が、綯い交ぜになった高揚感で満たされていた。

 あの<家庭医学書>への興味は、なにも医学についての探求心によるモノではなかった。ましてや、己の身体についての不可思議の解明のためでもなかった。言うまでもなく、<女性器>の形状かつ、構造ならびにその機能などへの、飽くなき研究心が沸騰していたからなのだ。

『ふ~ん!こんな格好をしているんだ!へ~え!』

 少年<いわろう>は、時の経つのも忘れて読みふけったものだ。そのころの体験と、今日の読書好きとは、満更無関係でもないだろう。

 一方当時、友人とよく回し読みした<エロ本>は、肝心のあの箇所にモザイクが施されていた。多感な<いわろう>の最大関心事だったにも関わらずだ。

 その不条理に対するそこはかなく立ち上る憤りや、そのときに受ける過度なフラストレーションや、やり場のない怒りを心地よく解き放ってくれた、あの<家庭医学書>の存在意義は誠に大きかったと思う。

 尚、アノ構造を医学的見地より、今一度学び直したい方のために、いいサイトをお勧めしたい。でも心臓の弱い方は、絶対にクリックされないように、ご注意申し上げ本日のブログを終えたいと思う。

最後まで、ご精読ありがとうございました。


おすすめサイト

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2012-10-14 15:54 | 違いについての一考察