岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

セックスを「楽しむ」と「愉しむ」の違いについての一考察

久しぶりに友人T君と飲むことになった。T君は大学の二年後輩である。<いわろう>が、サラリーマン時代、営業で一緒に頑張った仲間だが、独立した<いわろう>と違って、ノルマの厳しい超優良企業ひとすじで、しっかり定年まで勤めあげた根性のある男だ。


「あのころ、定年退職まで働くとは、思わなかったですけど~」T君はグラス片手に、遠くを眺めてしんみりと言った。「オレ!こんな会社なんか!明日から来ないから・・・ってお互いに言い合っていたのが昨日のようだよ!」<いわろう>も、遠くを見つめて感慨に耽っていた。


そういえば、当時のT君の口ぐせを思い出した。「仕事とセックスは、家庭には持ち込まない!って、いつも言ってたよナァ~」「そうそう!有言実行してましたよ!」T君は酔いが程よくまわったのか、いつもの雄弁さに拍車がかかったようだ。


「あの人とは、今でも?」「そうですね~あれから、もう15年になります!」T君は既婚者なのに、20歳近く年下のよその奥さんと、いまでも付きあっているようで、いわゆるダブル不倫である。老いてもますますお盛んなことだ。


当時、T君から「楽しむ」と「愉しむ」の違いについての蘊蓄を聞かされたのを思い出した。


「カミさんとのセックスは<楽しむ>んだけど、不倫相手とのセックスは<愉しむ>のです!」


つまり「楽しむ」は与えられたことに対して楽しく過ごすことで、すでに設定された枠内で楽しむこと。どちらかというと「受動的」であるとか。


その一方、不倫相手とのセックスは愉しむのだそうだ。「愉」には、「心」を表す「りっしんべん」があるように、心から楽しむことで、積極的に自ら働きかける「能動的」であるとか。


<いわろう>は、彼のあの蘊蓄を機会に「楽しむ」と「愉しむ」の違いを、しっかりと学んだことを思い出していた。


「ところで、いまもセックスを愉しんでいるのかい?」との<いわろう>の問いに、T君は、もちろんですと右手の親指をピンと立ててウインクを返していた。多分、20年ほど前から「楽しむ」方は皆無なのだろう。「仕事とセックスは、家庭に持ち込まない!」を、いまでも実践しているようだった。



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








by iwaserou | 2018-09-08 22:24 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/28641088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード