岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

恋は墜ちるもの?

 今日は粉糠雨の中メーカの営業マンと顧客廻りをしました。ユーザーに我々特約代理店では出来ない新製品のセールスポイントの説明や商品の正しい使い方などを月一程度のサイクルで我々の客先であるユーザーに直接レクチャーしてもらう、所謂メーカヘルプの日だったのです。
 
  M社のウチの担当のK君は四十歳前後の働き盛りのチョッとイケメンのいい男で話がメッボウ上手く、ユーザー同行する日は一日が楽しく過ごせ、我が社でも人気者です。事実ウチの営業マンの間で来月は同行をお願いしますって・・・引っ張り凧なのです。
 
  そんなK君が、次の客先への移動中に、先週彼が同行した先での中小企業の社長の話をしてくれました。六十歳半ばのその社長は何とバツ三で離婚ごとに女性には家一軒づつ建ててやり、現在四軒目の自宅に恋い女房とくらしているらしく、世の中いろんな人がいるモンだと感心して聞いていました。

  ところがK君の話しでは、その社長はまたまた新しい女性を見つけたとか、ただただ頭が下がる思いでした。岩瀬さんもまだこれからですよ・・・K君は私の思惑をピタリと当てたようで、そんなコメントをタイミングよくしてきました。この年で恋愛をする?とっくの昔に恋だの愛だのなんて卒業していたと思っていたのですがK君のベンチャラがかった励ましにムズムズするものを覚えていました。還暦まえにオレも新しい恋をひとつぐらいするかって言ったとたんK君は、首をふりふり打ち消してきました。その社長さん曰く恋はするものではなく、墜ちるものだそうです。
 
  自分の持っているものを全て放り出し無一文になってもその女性と暮らしたいまで墜ちてしまうらしいのです・・・。信じがたい話をききながら
・・・墜ちる・・・ってことの魅惑的な言葉自体が頭の中をぐるぐる回り、別世界を垣間見た一日でした。
2006/4/12
[PR]
by iwaserou | 2006-04-12 20:15