人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

眼には眼を

昭和三十年代前半の頃のことだ。その頃の岩瀬はまだ小学校低学年だったので記憶が所々不確かなところがあるだろうが・・・子供心に<大人の狡さ>を何となく垣間見て、大人不信の複雑な気持ちにさせられたことがあった。当時まだテレビもあまり普及していなかったので、子供たちは、もっぱら日が暮れるまで、外でどろだらけになって遊び呆けていた。そんな昼下がり、当時では珍しいスクーターに乗った上半身裸の男がやって来て、ベラベラ喋りまくり、近所の子供と言わず大人までも引き寄せて、今じゃ猫だって鼻も引っかけないだろう紛い物を売りさばいて行くのであった。その売り方と言うのが所謂<サクラ>により購買力を助長させて買わせる古典的なテクニックだったのだ。

  幼い岩瀬少年は、その数日後、隣町の友達の家に遊びに出かけた折り、偶然にそのスクーター男を取り囲む風景に再び出くわしたのだ。何とよく見ると、数日前「ひとつ買う!」と叫んでいた<サクラ>の客が、上半身裸になって口角泡を飛ばし客とやりとりしていたのだ。その相手の客というのが岩瀬少年の街では売り手側の男だった。配役が日替わりしていたのだ!
 
  当時は清濁併せ呑む大人の狡猾さもまだまだなく、初な胸をドキドキさせるばかりで、隣にいる友達に小声でこっそり状況を伝えるだけがやっとだった。このときが大人の社会の狡くて醜い成り立ちを垣間見た初めだろう。いまだに折に触れて、そのときのスクーター男が夕日に向かって颯爽と走り、帰って行った光景を思い出しては、性善説とは一定の距離を置いている。人を見たら詐欺と思えの心境だ!
 
  あのころから半世紀近く時は流れ、社会構造も人々の考え方も随分と成長(?)してきているはずだ。だのに、個人的に危機感を刺激されれば弱いのが人間の性みたいだ。「おばあちゃん?オレだ!オレだ!・・・すぐに金振り込んで!」。卑劣極まりないオレオレ詐欺だ!善良な孫思いの老人を騙して金を巻き上げる手口・・・悪知恵には言葉をなくしてしまう。「わしじゃ!わしじゃが!・・・」って詐欺集団を騙す<わしわし詐欺集団>を結成して、騙した奴らを一泡吹かせてやりたいものだ。
2006/4/26
by iwaserou | 2006-04-26 22:49 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/4492939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード