岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

タバコはいいの?

  昨日、警視庁は、北朝鮮から覚せい剤を密輸入したとして、韓国籍の無職禹時允と指定暴力団極東会系組長宮田克彦の両容疑者を逮捕した。時を同じくして、サザンオールスターズの元ギターリストが、覚醒剤保持で逮捕されたとのニュースも聞いた。ミュジシャンを初めとする芸能界の覚醒剤事件は後を絶たない。手軽に手に出来る環境と一種の特権階級に居るような甘えた意識がそうさせるのだろう。

 <いわろう>の子供の頃、近くの駅頭で度々数十枚のおぞましい写真画像が並べられていたのを今でも覚えている。それは見たいのだが、見るのを憚れるような画像群だった。その恐ろしさが、およそ半世紀近くの時を越えて、いまでも脳裏に刻まれている。
 <ヒロポン>に蝕まれた症例が、数十枚の画像に展開していたのだ。まだテレビなどそれほど普及していない時代だったので、駅前の電気屋の街頭テレビの<力道山>に群がってくる幼い少年少女の目にも、否応なしにそれは飛び込んできたのだ。
 
 昭和30年代も前半当時は、今よりもっと<覚醒剤>が蔓延する危機感があったのだろう。あの駅頭の写真の数々は大いに抑止力を持っていたように思う。
 ところでだ!百害あって一利なしっていわれる<タバコ>は、このまま放置していていいのだろうか?まさか多額の税収源だから辞められないでいるのじゃないだろうに。

  <タバコ>も一種の麻薬だ! <いわろう>も30歳までの10年間もの間<煙草依存症>に陥っていた。一番ピークの時など、一日20本程度は吸っていたように思う。
 そして、何度<禁煙>を決意し、何度<禁煙>を破ったことか・・・。ある病気で、二十日間ほど入院した折、「たばこは、いいのでしょうか?」って担当医に質問して「いい訳ないでしょう!」ってその医師に鼻で笑われたのがきっかけで、<禁煙>に成功した。 とはいうものの、禁煙までの道のりは遠かった。

  起き掛けの寝床で吸う一服と食後の一服の習慣が、最後の最後まで残った。あれからおよそ四半世紀が過ぎた今、改めて思う。あの喫煙者として<タバコの害>に平気で晒されていた十年間の馬鹿な自分に悔いるのだ。<タバコ>が今でも白日の下、街頭で堂々と平気で、それも自販機で誰にでも買える状況も、これまた<いわろう>の理解できない社会の仕組みのひとつだ。
2006/5/13
[PR]
by iwaserou | 2006-05-13 09:35

by いわろう