人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

マジ?

  「奥さんにバレたんだって!」「どうして?」「途中から聞いたので、そのへんは判らないのだけど・・・」「何だって?」「何でも14年間も続いていたんだって!」「14年前を考えると、子供の受験やら何やらの悩みを相談しても、一向に乗ってくれなかった主人が、あのとき、よその<女>と浮気していたなんて・・・相談者の奥さんが言っていた」「それで・・・」社員食堂の昼食後、女子社員二人が<ラジオの人生相談>を話題に話しているのだ。<いわろう>は得意のスポーツ新聞を読んでいる振りをして、その陰で聞き耳を立てていた。

 「プラトニック・ラブだったそうよ!」相談者の奥さんは<女>の写真をみたらしく美人でスタイル抜群だったらしく、ご主人はそれを<眺めているだけで>幸せだったそうだ。ほとんど死語と化している<プラトニック・ラブ>という<言葉>を聞いたとき<いわろう>は、始め聞き間違いかと思った。確かプラトニック・ラブとは、肉体的な欲求を離れた、精神的な愛のこと・・・。かつては好き合った男女同士でも結婚までは純潔を保つべきであるなんて考えがあったような、なかったような・・・そんな<愛>の形だ。

 ところで、プラトニックとはプラトン的なという意味で、古代ギリシアの哲学者プラトンの名が冠されているが、プラトン自身が純潔を説いた訳ではない。プラトンの対話篇のひとつ『饗宴』がある。その『饗宴』の中で肉体(外見)に惹かれる愛よりも、精神に惹かれる愛の方が優れていると説いたとこから由来しているらしい。

 <いわろう>には、全く理解できない<世界観>である。ところで、その相談者の<旦那>はプラトニックだから<どうだ>というのだ。肉体関係がないのだから<いいじゃないか!>といわんばかりだ。相談者の奥さんに対して凄い<侮辱>だと思う。愛情が移り<心ここにあらず>なら<肉体関係>の有無は関係ない。浮気いや本気そのものだ!

 その旦那は<シラを切り通す>ことが、耐えている<奥さん>に対する<償い>になったと思う。絶対に<認める>という選択肢はなかったのだ。<いわろう>は経験できそうもない<世界観>を漂いながら、気づけばスポーツ紙を床に落とし、涎を垂らして寝込んでいたようだ。<いわろう>からは遠い遠い世界のお話だった。
2006/6/28


人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-06-28 23:53 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/5138497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード