岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

今が旬ですか?

 分かっちゃいるけど止められない!ホレ!スイスイ!スウダラリッタ!スラスラスイ!スイ!スイ!・・・今頃になって植木等さんでもないだろう。<飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!>って言ういい標語が泣いている。

  飲酒運転が危険だと言うことは、素面の時、誰にでも分かっている。ところが<これくらいいいだろう>って飲酒運転をすれば、とんでもない大事故を<やってしまう>のだ。何故?当たり前のことだろう。酔っている状態では、脳の働きが<正常>に機能しなくなっているからだ。それこそ赤信号でもGO!なのだ。閉まっている踏切でもGO!なのだ。善悪の判断がまるで出来ない状態なのだ。 

  <「飲酒運転すると、原則免職」という厳しい基準を設けているのは9県市と少数派であることが、読売新聞の全国調査(47都道府県と15政令市対象)で明らかになったが、こうした自治体でも、飲酒運転をしても免職にならなかったり、人事委員会の裁定で停職に変更されたりするケースが相次いでいる。・・・「飲酒運転は原則、懲戒免職」との要綱を2003年4月に設け、厳罰化に乗り出した青森県。だが、05年3月、飲酒運転で摘発され懲戒免職となった男性職員に対し、県人事委は、「免職は重すぎる」との理由で停職4か月に修正。

  05年6月には、酒気帯び運転で摘発された男性職員に対し、「飲酒後5時間以上たっている」との理由で、停職6か月の処分とするなど、すでに4件で“減刑”された。・・・また、交通事故問題に詳しいジャーナリスト柳原三佳さんによると、交通事故による公務員の起訴率はほかの一般市民の4分の1程度という。柳原さんは、「公務員は守られているとの意識が、交通安全の感覚をマヒさせている。厳格な基準を守らなければ、また大事故が起こるだろう」と警告する。(2006年9月10日12時48分 読売新聞)ヨミウリネット引用・一部編集>

 最近、<公務員>の<飲酒運転>が多いように感じる。これが今、ニュースネタの<旬>で、競って報道されているからだろう。急増したわけでもない。今まで報道されなかっただけだ。教師の<淫行>、警察官の<痴漢>、保育士の<虐待>などなど、ひとくくりの報道は、人々を<麻痺>させる<恐ろしさ>がある。ここにも居ます!あそこにも居ました!って数を競うものでもない。ひとつひとつは別々の罪深い<犯罪>なのだから。


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2006-09-10 22:20