人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

責任は誰だ?

 <いわろう>は二十二歳の春に運転免許を取得した。仮免許までの大きな難関は<坂道発進>だった。オートマが主流の現代では、<半クラ>はもう不要になったが、当時は<必修技能>だった。<半クラ>とは懐かしい言葉だ。クラッチを左足で微妙に調整しながら坂道の途中から発進させるあの<技能>は大方の人を困らせたことだろう。何とかその<半クラ>をエンジン音の違いで分かるようになったのは、免許取得後随分経ってからだったと記憶している。「あなたはS字クランクが上手いので、半クラはやらなくてもいい」とは言ってはくれなかったのだ。なぜならば<必修>だったからだ。

 <文部科学省は1日、高校の必修逃れ問題で、高校3年生について、補習授業の上限を70回(1回50分、2単位分)とすることを基本に、必要な補習授業が<1>70回超の場合、70回の補習とリポート提出<2>70回以下の場合、学校現場の裁量に任せ、実質50回程度の補習――を行えば、卒業出来ることとした。

  ・・・当初、文科省は70回の補習を基本に、冬休みと春休みに各20回、残り30回を平日に行う案を与党側に提示した。「(未履修の生徒と学習指導要領通りに履修した生徒との)両方のバランスを取った」(伊吹文科相)ものだが、与党側は「受験間近の冬休みに補習を行うのは生徒に酷だ」などと反発。このため、最終的に伊吹文科相が学校側の弾力的運用を認めることで譲歩した。

  さらに、伊吹文科相は必修科目を履修していない生徒の大学への推薦入試についても、生徒に不利益が出ないよう、大学側の理解を求める通知を出す考えを示した。・・・10月31日現在で都道府県の教育委員会などから寄せられた調査結果によると、必修科目を教えていなかった学校は、公立高校が314校、私立高校が226校の計540校に上り、これは全体の10%を占める。(2006年11月1日22時1分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用・編集>

  二言目には<不公平がないように>とか<不利益にならないように>とか仰っているが、すでに多大な<不利益>や<不公平>を<必修逃れをさせられた生徒達>は被っている。不思議なことに、この問題に対しては<責任所在>探しがされていない。<いじめ問題>の<学校側への責任追及>があんなに厳しいのに・・・。<必修逃れ問題>の責任所在をもっとはっきりさせることも大切だろう。
2006/11/1


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-11-01 23:23 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/5969091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード