人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

夫婦寿命30年説

 <いわろう>は、今月23日で結婚満33年を迎える。夫婦もこれ程やっていると、<空気>的存在から<無>の存在になってくる。8年間の恋愛の後、めでたくゴールインした筈のかつて<愛妻>だった我が妻は、今はただの<近所の婆さん>的存在となってしまった。仕事の疲れを癒す筈の我が家に<帰宅拒否>したくなるほど、妻に対する嫌悪感には、自分自身でも驚愕するほどだ。

 <♪会社帰りのケータイに 女房からのメールが入った……と歌うオヤジ2人組が話題だ。藤岡藤巻と名乗り、ともに54歳。歌はこう嘆いている。メールの文言は「牛乳 トイレットペーパー 海苔(のり)」。なんと3つの単語だけだった。

▼「買ってきて」も「よろしく」もない伝言の寂しさを、無味乾燥な夫婦の風景を、中年デュオは切々とつづる。かつてはオヤジの方が「風呂 メシ 寝る」と3語しか口にしないなどといわれたものだが、今や立場は逆転したのか。夜も更けたコンビニで買い物かごをぶら下げたお父さんの心中は穏やかではない。

▼そもそも、普段から夫婦の会話が少なすぎるのだろう。民間の調査では2人で語らうのは1日平均66分。背景には帰宅時間の遅さもあるようだ。内閣府によると、スウェーデンでは午後6時ごろまでに帰宅している男性は7割ほどに上るのに、日本では1割足らずという。これでは「3語メール」にもなろう。(日経新聞2007/3/8春秋より抜粋)>

 こんな関係になってまで、生涯同じ男女が<夫婦関係>を継続してゆく必要があるのだろうか?四半世紀程前になるが<日経ビジネス>が<会社寿命30年説>を唱えた。夫婦もいいとこ<30年>が限界ではないだろうか?人生50年時代なら<生涯同じ男女>が添い遂げる。つまり二十歳で結婚して夫婦生活30年である。

だが人生70,80年時代には、<夫婦30年>で見直す、つまり<夫婦30年契約>という生き方が、真剣に考えられても、いいのではないか・・・そんなことをふと思う。新婚のときのように、お互いときめきもせず、何の遠慮もない同居人同士が<ひとつ屋根の下>で啀み合って生活してゆく<不健康さ>は、<夫婦30年契約更改制度>で解決すべきではないだろうか?
2007/3/8


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-03-08 22:16 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/6578127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード