人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

唄を忘れたカナリヤ

 形から入る。新しくスポーツを始めるのなら、それはそれで有意義かも知れない。動きの技は、体で覚えるのが一番だとも思う。しかし、学校の先生が、<形から入る>のは如何なモノかと思う。信念という<こころ>から,滲み出る行動でないと生徒のこころはつかめないと思う。信念を燃やし実績を積み、自信を育て<本物の教育者>にならなければ、付け焼き刃的ノウハウを知っても、生徒は<見抜き>尊敬はされないだろう。

<塾講師のノウハウを教えます――。進学塾の早稲田アカデミー(本社・東京)は今月から、現役教員らを対象に「教師力養成塾」を始めた。教科の内容ではなく、声のかけ方から目線の合わせ方まで、生徒の気持ちをどう引きつけてやる気を引き出すかがテーマ。講師一人ひとりの教える力が経営に直結する塾の「基本のき」を、学校現場にも売り込んでいく。

  主な対象は、小学校から高校までの現役教員。「学習のための空間作り」の手法を教える。教室への入り方、出席の取り方をはじめ、効果的なほめ方とその際の声の調子、黒板の前での体の向きや目線など、きめ細かい。(略)

 早稲田アカデミーは2年前から東京都港区、昨年からは足立区で、それぞれ公立中の補習授業を受託している。その際、講師の身ぶり手ぶりを間近に見た中学校数校から「ノウハウを学びたい」との要望が寄せられ、昨秋から研修の講師を派遣してきた。こうした実績を踏まえて事業化することにした。

 研修を開いた中学校の校長は「教員のプレゼンテーション能力だけを取り上げた研修は、学校や教育委員会ではこれまでなかった。学校は塾とは違うという思いはあるが、ほめ方や声の出し方は参考になる」と話している。(2007/3/17アサヒドットコム抜粋・引用)>

 西条八十作詞、成田為三作曲の日本の愛唱歌に<カナリヤ>という曲がある。 ♪唄を忘れたカナリヤは 後ろの山にすてましょか・・・と始まる曲である。その曲は、こう続く♪唄を忘れたカナリヤは 象牙の船に銀の櫂、月夜の海に浮かべれば 忘れた唄をおもいだす。

 学校と塾では、似て非なるものだ。<教育>という言葉を分解すれば、<教え>そして<育てる>ことである。教育を忘れた学校教師は、もう一度<塾>とはちがう<育てる>ことの重要性を思い出すべく<銀の櫂>を見つけだして欲しい。それにしても<学校教育>にもアウトソーシングの波が押し寄せているとは・・・トホホ。
2007/3/17


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-03-17 23:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/6616305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード