人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

絶対に許されない!

 何故に誕生日もまだ迎えていない赤ちゃんと結婚間もない愛妻を残して尊い命、それもこれから前途洋々の将来ある若者が、命を落とさなければならないのだろう。SATの任務だから?それは明らかに違うと思う。危険を承知の上の任務だからこそ、最善の注意をトコトン突き詰めて任務に当たることが大事だろう。死人に<鞭打つ!>つもりは毛頭ない。彼、個人の問題ではないのだ。余りにも甘い警察の組織的<危機意識の低さ>に怒っているのだ。他に手立てが無かったのだろうか?あんな対策に五時間もかかったと聞くと、強い憤りすら覚える。

 そもそも、防弾チョッキとは、ケプラーという特殊繊維の布を何重にも張り合わせた防弾素材やチタンを使ったものなど様々なものが開発され商品化されていると聞く。耐久性はいろいろで、38口径、357マグナム、トカレフ、44マグナムなど対応する銃の破壊力に応じて防弾チョッキにはランクがあり、それによって重量や素材も異なるとか。銃弾が到達した際、心臓部等へのショックを拡散するため緩衝板を埋め込んだものもあるそうだ。

 ところがだ、確かに<銃弾>を防ぐという<防弾力>にはすぐれているのだが、所詮<チョッキ>なのだ。首から上は危険にさらされている。今回はその部分も考慮しての装備はしたと聞くが、その隙間から<弾丸>は若い警官を襲ったのだそうだ。

 何故!隙間などあったのだろう?何故!狂気的に拳銃を撃ち込んでくる無謀な容疑者の前にそんな<不完全な体勢>で出なければならなかったのだろうか?戦車とまでは無理としても、せめて装甲車ぐらい用意すればよかったのに・・・五時間もあったのに・・・。

 <死亡した林一歩巡査部長は、2002年4月に愛知県警に採用され、一宮署を経て、05年4月から機動隊に配属された。同年10月からは、テロ事件などの対応にあたる機動隊内の特殊急襲部隊(SAT)に所属、先月1日に巡査部長に昇進したばかりだった。 愛知県美和町出身。現在は同県岩倉市で、妻(24)と生後10か月の長女と暮らしていた。県警によると、物静かで、落ち着きがあり、何事も真剣に取り組む性格だった。

警察学校での成績は、124人中でトップだった。極めて身体能力が高く、警察に入ってから始めた柔道は昨年4月に三段に昇段している。 機動隊内では、同僚らに「いっぽ君」と呼ばれ、親しまれていたという。 県警のSATは今月1日、名古屋市東区の三菱東京UFJ銀行東支店で、税務署職員が女性行員を人質にした事件でも出動した。 林巡査部長について、県警機動隊の岩城一平副隊長は、「寡黙で穏やかな性格だが、非常に優秀で、普段から一生懸命仕事をしていた。ショックは大きいが、今は事件解決が最優先。同僚の隊員らも悲しみをこらえて任務にあたっている」と無念の思いを語った。(2007年5月18日14時35分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用>

 殉職により何階級特進しようが、死んでしまえは全てが終わるのだ。いくら褒め讃えられても、命を落としてしまえば全て終わりなのだ。尊い命をこんなにも簡単に落としてしまう<幼稚な対策>しか組めないSATなど必要ない。<命をかける!任務>とは言うが、本当に命を落としてしまうことは、絶対に許されないのだ。最後に、林一歩巡査部長のご冥福をお祈り致します。<執筆にあたりSAFECO RISK CONTROL,INC.のHPを参考にさせていただきました。>
2007/5/19


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-05-19 22:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/6875958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード