人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

ホ~ホケキョ~!

 この頃の朝の愛犬との散歩は、近くに広がる<野鳥公園>がメインコースになっている。「ホ~ホケキョ~!」この時期でもたまには鶯の鳴き声に出くわすのである。ところで<鶯の色>はご存じだろうか?世間一般に<鶯色>とは、深い緑色をそう呼んでいるが、実際の鶯は<鶯色>をしていないのである。鶯は茶褐色なのだ。

  どうして鶯は<鶯色>と思われたのかと言うと、実は<メジロ>を<鶯>と見間違って認識されてしまったのだそうだ。 そもそも鶯は用心深く滅多に人目に触れない。一方<メジロ>は警戒心も甘く、人前でも平気にやって来ては、庭先に用意したエサをついばんでいる程だ。「ホ~ホケキョ~!」と鳴き声につられて、見ればそこには<メジロ>がいたから<鶯>と思いこんでしまったのだろう。

 <思いこみ>と言えば先日こんな出来事があった。

 仕事を終えて最寄りのバス停から家路に急いでいると、向かい側から微笑みながら若い女性が<シャム猫>を抱いてやって来るではないか。<いわろう>はあたりを見渡したのだが他に誰もいない。さては<いわろう>も捨てたモノでもない。還暦前に<もう一花咲かそう>かと鼻の下を少し伸ばしていたら。

  「暫く!お久しぶりです!」ってその二十歳そこそこの女性が<いわろう>に言い寄って来るではないか。<何て!最近のご婦人は大胆なんだろう>・・・<このままズルズルとイケナイ関係にでもなってしまうのでは・・・>「・・・」返答に困っている<いわろう>にお構いなく、その女性はこう続けたのである。

  「○○です!そこの」<いわろう>の膨らんだ淡い<老いらくの恋愛物語>は、いとも簡単に<悲恋物語>に終わったのである。その女性を穴があくほど眺めると、確かに○○さんの奥様にそっくりではないか。小学生か中学生の頃以来の再会のために<別人>だと見間違ってしまったのだ。そして「そう言えば!お母様にそっくりですネ!」って<いわろう>は、どぎまぎ感を押さえながら辛うじて応えたのである。

  すると「・・・」その女性は無言で少し表情が曇ったような気がしたので「お母さんに似ているって・・・言われれば嫌なもんですよネ!」って<いわろう>は軽くフォローしたつもりだった。「・・・」その女性の表情はもっと曇り、「そんなことはありません!」と憮然たる面持ちで応えたのである。

  <しまった!>自分が父親に似ていると言われて<心持ちがあまりよろしくなかった>ので、誰もみんなそうであると思っていたので、つい言ってしまったのである。大きな<思いこみ>だったのだ。誠に失礼な事を言ってしまったのである。
 鶯は<鶯色>でなく<茶褐色>であり、<親に似ている>と言われたら<嬉しく>思う娘さんだっているのである。<思いこみ>は甚だ厄介な事も巻き起こすもののようだ。
2007/6/5


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-06-05 23:52 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/6944508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード