岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

拳銃は芸術?


 もう四、五年前になるだろうか?

 ヨーロッパで開催されたあるアートショーに、自分の皮膚を剥ぎ取って拳銃のオブジェを制作し、出品したドイツの女性芸術家がいた。

 当時その女性芸術家は制作意図をたずねられ「このピストルは近代社会での暴力を表現したくて制作した。また、人間の皮膚を使用することにより、拳銃が人間の体に与える被害も結び付けて表現したかった。」と述べていた。

 <愛知県東海市の東海署上野台駐在所から警察手帳や手錠が盗まれる事件があり、県警は26日、名古屋市天白区土原2丁目、無職東方幸夫容疑者(37)=窃盗などの罪で起訴=を爆発物取締罰則違反(爆発物の所持)と火薬類取締法違反(爆薬の所持)の疑いで再逮捕した。

 捜査1課と瀬戸署の調べでは、東方容疑者は1月7日ごろ、2種類の爆薬が充填(じゅうてん)された弾頭11本と、その弾頭を装着した矢じり2本のほか、爆薬約22グラムを自宅に所持していた疑い。

 矢じりは、起爆装置付きで、突き刺さると弾頭が爆発する仕組み。東方容疑者は「爆裂矢」と名付けていたという。

 県警は1月上旬に東方容疑者の自宅を家宅捜索し、これらの爆発物や9種類の爆薬、50~60点の化学薬品などを押収。県警科学捜査研究所の鑑定で、爆発物の殺傷能力が高いことを確認した。

 調べに、爆発物は97年ごろから、爆薬は03~06年にかけて書籍を参考に製造したとし、「人を害するつもりはなかった」と供述。しかし、家宅捜索では「警察官の胸を狙って殺してでも拳銃を奪う」との計画を記したメモが見つかった。「拳銃が欲しかった。拳銃は芸術だ」などとも供述しているという。

 東方容疑者は昨年12月、同県瀬戸市の瀬戸署水野駐在所に侵入したとして建造物侵入の疑いで同署が逮捕。1月に上野台駐在所についての窃盗容疑で再逮捕された。
(2008年02月27日10時40分アサヒドットコム引用)>

 拳銃は芸術?

 確かに造形的に美しく素晴らしいものもある。でも<芸術>とは言い難い。殺傷力の恐ろしい機能面からして、心豊かにするべく<芸術>とは真反対に位置するものだろう。だが先の女性芸術家の皮膚性拳銃は、少々強引さはあるのだがそれなりにセンセーショナルであり一応は<芸術>の範疇にあるかと思うのだが・・・。拳銃そのものが、決して<芸術>ではないのは言うまでもない。2008/2/27


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2008-02-27 22:46

by いわろう