岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

お客様のことは、二の次ですか?

 桜が咲いた!

 我が家のリビングにあるソメイヨシノが咲いたのだ。先日、風の強い日に道ばたに折れて落ちていた桜の小枝を「つぼみちゃんが可哀想」だと言ってカミさんが、持ち帰り花器にさしこんでいた桜が咲いたのだ。これは、つぼみちゃんの<恩返し>だろう。一足早い<サクラサク>でウレシイ朝を迎えられた。

 <10日の東京大前期日程入試の合格発表で、学内に合格者が掲示された正午よりも前に自宅に合格通知が届いた受験生がいたことがわかった。今年度からレタックス(電子郵便)の配達時間帯指定ができなくなったためだ。東大は「掲示前に合格通知が届くのは望ましくないので、来年は対策を検討したい」としている。

 東大は9日夜、地元の本郷郵便局からレタックスで、3000人の合格者全員に合格通知書を出した。その際、配達日を10日に指定し、「できれば午後、配達してほしい」と要望したという。

 ところが、ある大手予備校には10日の午前中だけで10人前後の受験生から「合格通知が届いた」という報告が寄せられた。東大にも午前中、「早く届いたが大丈夫か」といった問い合わせが数件あったという。

 郵便事業会社によると、以前は大学入試の合格通知などに使われる「大学レタックス」があり、配達時間がおおむね午前中、午後、夕方と指定できたが、昨年3月末に廃止された。

 東大は昨年まで大学レタックスを利用し、発表当日の午後に届くよう指定して前夜に出していた。今年は出すのを当日朝に遅らせることも検討したが、郵便事業会社側から「当日中に配達できないこともある」とされたことなどから、「受験生にとっては翌日に届くよりは当日に届いた方がいい」と判断したという。

 大阪府立大の入試でも、10日の合格発表後に希望者に配達するはずだった合格者の受験番号一覧表が、郵便事業会社の支店内の連絡ミスで8日に配達されるという事態が起きたばかりだ。(2008年03月11日11時45分アサヒドットコム引用)>

 郵政民営化後、頭を傾げたくなる改正(?)が多々ある。例えば、額面50円の定額小為替を購入しようとすれば、窓口で50円と併せて手数料として100円請求される。<おサルさんでも怒る!>こんなバカな料金体系を平然と客に強いる<ゆうちょ銀行>。従来の手数料は10円だったのに・・・だ。

 また<サクラサク>の電報はもちろん一刻も早く手にしたいだろうが、学内で合格者が掲示される前に、手にした<サクラサク>が本物かどうか受験生は確かに不安になるだろう。東大も東大だ!配達時間の指定が出来なくなったことに対する対策を本年より講じておくべきだっただろう。

 桜前線を飛び越えて早く咲いたソメイヨシノはいただけるが、偽物か?と疑う<サクラサク>は、あまりいただきたくないものだ。
2008/3/11


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2008-03-11 23:40

by いわろう