人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

出血大サービス?

 世間は不景気感でいっぱいだ。

 今日は五十日(ごとおび)のズレた7日(月曜日)なのに、不思議と道路がすいていた。ガソリンも安くなったので、さぞかし交通量も以前のように戻ってくるのでは?と懸念していたのだが、かなりの拍子抜けだ。集金で訪問した客先での話しも総じて明るさがない。

 ところで営業途中のバスの車窓から見えたスーパーの店先に懐かしい文字を見つけた。

 <出血大サービス!>の何本ものノボリ。
 
 己の身を切って血を出してまで、お客に奉仕するということで、損を覚悟の上で物を売ることの喩えだろうが、そこまでしても買ってくれなければ、その<血>も出ないのである。何か?パア~と景気のいい話はないものかと思っていたら・・・・

<名古屋市交通局は7日、地下鉄久屋大通駅(名古屋市中区)で、駅員が自動券売機の釣り銭用の紙幣を入れ間違え、計25万2000円を余分に支払った、と発表した。

 発表によると、同駅の男性助役(57)が今月4日午前10時15分ごろ、券売機の釣り銭用として千円札を入れる際、誤って売上金の袋から1万円札、5千円札、千円札の3種類の紙幣を入れた。利用者が1万円札で200円の切符を買った場合、最高で9万800円の釣り銭が支払われた可能性があるという。

 助役は4月から同駅に赴任し、この日初めて一人で釣り銭を入れた。「なぜこんなことをしたのかわからない」と話しているという。

 同日午後1時15分ごろ、男性から「妻の財布の中のお金が増えており、余分に釣り銭を受け取っているのでは」と電話が入り、ミスが発覚した。今のところ名乗り出たのは一人だけという。同局は愛知県警中署に被害届を提出し、作業手順の見直しも検討する。(2008年4月7日20時45分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用>

 最近のATMにしろ、自動販売機にしろ、券売機にしろ精巧にできている。まだ一度も紙幣の枚数を間違われた経験もないし、何十何円の硬貨の過不足だって経験したことがない。 紙幣のカウント機は、わが国製が世界一だと聞いたことがある。新旧の紙幣が混在しても、殆どミスは出ないそうだ。

 ところが、なぜ?今回のように千円札と一万円札の見分けがつかなかったのだろうか?万が一<トボケた駅員>が、入れ間違ってもブザーが鳴って間違いを知らせるようにはなっていなかったのだろうか?。いくら精巧に出来ている機械でも、扱うのがたまにトボケる人間様なのだから、その対策ができていなかったとは<トボケ>た装置だ。

 いずれにしても束の間とはいえ、これは<出血大サービス?>で景気のいい話だ!

 さてさて、無関係者の<いわろう>としては、この余分に支払われた計25万2000円の回収率にとても興味がわくところだ。
2008/4/7


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2008-04-07 23:23 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/8335253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード