人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

安かろうは、悪かろうでいいのか?

 関西生まれで関西育ちの<いわろう>は、根っからの<いちびり>だった。いや、もっと正確に言えば、今でもその気質がほんの少しは残っている。<いちびり>とは関西弁で、ふざけて、はしゃぎまわることだ。

 そもそも関西文化は<いちびり文化>とも言われるほど<いちびり>が多い。「目立ってなんぼ!」のように、目立ちたがり屋やお調子者、あるいは人と違った工夫で目立つ者に対して大らかであり、むしろその意欲や振る舞いを活力として歓迎する気風が関西にはある。関西の<お笑い文化>も、こうした<いちびり文化>の中で育まれたものだとする説もあるぐらいだ。

 概して、関西圏に限らず子供達の中には、こんな<いちびり>が必ずいて、大抵は<人気者>になっている。テレビの人気者の真似をしたり、スポーツ選手の格好を真似たり、バカ話をして戯けてみたりして、その場を明るくするからだろう。<いちびり>にとっては、それが無上の喜びなのだ。

<桐蔭学園高校(横浜市青葉区)は19日、教室内で2年生の男子生徒(16)が振り回したビニール傘の一部が外れて飛び、同級生の男子生徒(16)の左目を直撃、この生徒が意識不明の重体になったと発表した。

 同校によると、18日午後3時50分ごろ、男子生徒が傘の柄を持って野球のバットのように振り回したところ、柄の部分から本体の金属部分が外れ、約5メートル離れた場所で机の上に腰かけていた男子生徒の左目に突き刺さった。生徒は市内の病院に運ばれたが、脳挫傷と脳内血腫(しゅ)、眼球損傷で意識がないという。

 当時は放課後で、教室内には、生徒十数人がいるだけで、教諭はいなかった。同校は同日中に重体となった生徒の親に状況を説明し、青葉署に届け出た。同署が事故原因を調べている。(2008年4月19日13時19分 読売新聞・ヨミウリオンライン引用)>

 傘は確かに雨降りのときに開いて、頭上を覆い雨をしのぐための道具だ。だからと言って、振り回しただけで簡単に抜ける構造は危険だ。濡れた傘を室内に持ち込むときなど、水切りのために強く振り回すことだってある。

 この事故の<傘>が百円ショップの傘なのかどうかは定かではないのだが、多分ビニール傘というぐらいだから、五百円以下の廉価な傘なのだろう。中国など低賃金で大量生産し、コストダウンした商品を手にできるのは消費者にとって嬉しいことではあるが、こんな危険を孕んでいるとしたら考えものだ。

 高校二年生ぐらいなら<いちびり>が盛んな年頃だ。まさか自分が振り回した傘が、凶器になって級友を襲うとは考えもしなかっただろう。被害に遭われた生徒さんは不運だったとしか言いようがないが、一日も早い快復を願うしかない。そして、この軽い気持ちで<いちびって>傘を振り回した生徒さんも深く落ち込んでいるに違いない。

 <安かろう悪かろう>は、世の常だが。もう一度、身の回りの日用雑貨品を<危険が孕んでいないか?>という観点から総点検したいものだ。そして製造メーカーさんには、もう一度、安全性の面から構造を見直してもらいたい。今後また、こんな不運な若者達を出さないために。そして<いちびり>は、いつもその場を明るくするものであって欲しい。
2008/4/19
(執筆にあたり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考にし、一部引用させていただきました。)


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2008-04-19 21:41 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/8429824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード