人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

ぼくってドライですか?

「これ!見てよ!」

 仕事に疲れて帰宅した<いわろう>の鼻先に、直径二十センチ程の絵皿一枚が入った箱と、その包装紙を掲げながらカミさんが怒っている。

「Sさんらしいよ!」カミさんは、それをテーブルに置いて一人ごちた。
 
 聞くところによると<内祝い>らしい。

 こちらに引っ越す前に住んでいたマンションで、たまたま息子同士が同い年ということで、つき合いがあったSさん。過日、その息子さんの結婚祝いを差し上げてあったらしく、そのお返しにと先程お越しになったらしい。

「そうだなァ~この絵柄はチョッとなァ~」<いわろう>が言い終わらないうちに

「それもそうだけど!この包装紙をよく見てよ!」カミさんの厳しい形相。

 よく見るとその包装紙には、変な織り線が走っていたのだ。一度開けて見て、気に入らない何処かからの<貰い物>を、ウチに回したんだとカミさんは解説調に言った。

 こともあろうに自慢の息子さんの<大切な門出>のお祝い返しというのに・・・。百歩譲って、<気に入らない貰い物>を回すとするなら包装紙ぐらい新しくするべきだっただろう。そんな<内祝い>だから、もちろん<のし>などかかっていなかった。

 そもそも結婚内祝いにかける<のし>は、紅白水引が十本結び切りになったものを用いるのが通常で、表書きは「内祝」とするのが一般的だ。水引の下には新姓のみを書くか、あるいは夫婦の連名(夫の姓名と、それに並べて妻の名前)を書くのが常識だが・・・。 
 無地の<のし>すらなかったのだ。

 Sさんといえば、有名な<ジコチュウ>で、話し始めれば<自慢話し>ばかりの<おしゃべり屋さん>だとマンション中に轟いていた。どんな話題からでも<子供達の自慢話し>に持ち込む得意技は天下一品だとか。

「自慢の息子さんもあの母親では、アチコチでさぞかし恥をかいているのだろう・・・」

 カミさんは、その<内祝>らしきセンスの悪い絵皿を何度も包装し直しては溜息をついていた。こちらへ引っ越して来て、もう十年余りにもなるのに、こんな<非常識なSさん>とまだお付き合いする必要などないと思う<いわろう>はドライすぎるのだろうか?
2008/4/21

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2008-04-21 22:59 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/8445301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード