人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

あの旨かった飯をもう一度

 もう四半世紀ほど前、あるメーカーの営業マンだったころのこと。群馬県伊勢崎のとある小さな駅前で昼食にと立ち寄った食堂。その食堂のことをいつか機会があれば誰かに話したいと思っていた。

 そこは田舎町で、見渡せど他に食堂らしきお店もなかった。仕方なく建て付けの悪いそこの引き戸を開けて驚いた。薄暗い店内では七十歳前後のおじいちゃんとおばあちゃんが切り盛りしていた。その二人共の前掛けは薄汚れ、食卓テーブルは油でゲトゲトだった。

 おかずは客が好みで選ぶようにと、ガラスのショーケースに並べられていたのだが。そのケースたるや、汚れて曇って中がよく見えない状態だった。<いわろう>はそんな状況にもめげず空腹に負けて、煮物など二三品選んでどんぶり飯と交互に食べかけてまたまた驚いた。

 実に旨かったのだ!

 それは、空腹であったと言うことをさっ引いても、まだ余りあるほどの旨さだった。
その午後、回った営業の好成績を生んだほど旨かったのである。

<大阪市中央区の料亭・船場吉兆の本店が、客が食べ残した料理を別の客に使い回していた問題で、3月に営業を再開した博多店(福岡市博多区)と、すでに閉店している天神店(同市中央区)と心斎橋店(大阪市中央区)でも、過去に同様の使い回しが行われていたことが分かった。

 湯木佐知子社長(71)らが7日、明らかにした。使い回しは同社経営の全4店に広がっていたことになる。

 湯木社長らによると、博多店の使い回しは、アユの塩焼き、刺し身、刺し身の付け合わせ、ワサビの4種類。湯木正徳前社長(74)の指示で、食材が足りなくなった際に行っていたという。はしを付けていないアユの塩焼きを焼き直したほか、食べ残した刺し身を別の皿に移し、出したこともあった。使い回しの一部は、同店オープン時の1999年から始まり、営業を休止した昨年11月ごろまで続いていたという。

 本店前で記者会見した湯木社長は「弁解の余地がありません」と謝罪。博多店で会見した河合元子・博多店長らは、天神店は約3年前から、心斎橋店は1995年ごろから、それぞれ刺し身の付け合わせを使い回したことを明らかにした。(2008年5月8日01時40分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用>

「食べ残し!とはいわないで、手つかず!と言って」
湯木佐知子社長は、マスコミにそう文句をつけたそうだ。どこまで不遜なことか!
言い方をどんなに変えようが、行った行為自体断じて許されるモノではない。恥の上塗りとはこういうことを言うのだ。

 例えば先客が床に落として、食べずに元の器に戻したかもしれない。もっと言うならば、一旦口にして、不味くて戻したのかも知れない。そんなことは考えもしなかったのだろうか。客のことより、自分たちの利益のことしか頭になかったようだ。

 老舗の暖簾。

 そのブランドを信用して、訪れる大切なお客様を欺く。これは立派な詐欺行為ではないか!大勢の人々はあらゆるブランド品に群がる。それはブランド品には期待を裏切らない信用が備わっていればこそだ。姑息なやり方での利益第一主義を進めたあまり<船場吉兆>というブランドは、多分これで息の根が止まるだろう。

 例え店構えはみすぼらしく、そのショーケースが曇っていても、客が食べ物屋に期待することは、ただひとつ<旨かった!>という食後の満足感だけである。先客の食べ残した食材で盛りつけられた料理でその満足感は決して味わえないだろう。

 <いわろう>はこのニュースのお陰で、伊勢崎のあの飯屋を思い出した。あの旨かった飯をもう一度食べてみたいモノだが、店主は高齢だったので、もうあの旨かった飯屋は、みんなから惜しまれながら、多分なくなっているのだろう。
2008/5/9


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2008-05-09 00:52 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/8558110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by しずっぺ at 2008-05-20 16:09 x
「一見さんは、お断り。」、あるいは、「どちらさまのご紹介でしょうか?」などと、格式高い筈のお店が・・・。‘もったいない’という気持ちからやってしまったんでしょうか?それにしても、失ったものが大きすぎて・・・。大体に、自分たちのやってきたことを従業員のせいにしたところから駄目ですね、吉兆って。万に一つ、部下がやったことでも、責任を取るのが上司なのに。養うべき家族のいる従業員の人等には、お気の毒だけど、もうお終い・・・ですね、おそらく。
Commented by いわろう at 2008-05-23 00:20 x
しずっぺ さん
コメントありがとうございます。

あるラジオのアンケートで、船場吉兆へはもう絶対に行きたくない!
と応えた人は7割を超えていました。どこも似たり寄ったりのことは
しているかと思いますが、あの社長の傲慢さにはカブトを脱ぎます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード