人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

チョット!免許証を拝見!

<いわろう>は、過去に何度か<履歴書>なるものを提出したことがある。履歴書には<免許・資格>の欄がある。その欄に申告出来るもとして、当時から<普通自動車運転免許>しかなかった。

<いわろう>が履歴書を書いた頃は、まだそこそこその値打ちもあった。しかし現在ではその取得率も高く、あまり他者との優位性がなくなった。持っているのが当たり前で、いろんな仕事をするうえで必要不可欠な<資格>になっている。

 ではここで、普通自動車運転免許証取得者のあなたに設問をひとつ!
 <パトカー、消防車、救急車が、交差点で遭遇した場合の優先順位はどうなるのでしょう?>

<富山県高岡市消防本部の40代の消防士長が運転免許証を取得しないまま、20年以上も救急車や消防車を運転し続けていたことが分かり、市は9日付で消防士長を懲戒免職処分にした。梶正明消防長らの減給処分も発表した。

 市によると、消防士長は1981年4月採用。82年5月ごろ、上司に「免許証を取得した」と偽りの報告をして、87年ごろから消防車などの運転を始めた。運転回数はこの1年間で、救急車が309回、消防車が97回。記録が残る過去5年間は、年約400回だったという。

 昨年11月から月1回となった免許証の点検も、父親の免許証を使ってすり抜けた。しかし6月5日の点検で、顔写真や名前の部分を指で隠すなどしたため、不審に思った職員が追及したところ、違反行為を認めた。

 市の聴取に対し、消防士長は82年5月ごろ、自動車学校で運転免許の試験を受けて、学科試験に合格したが実技で不合格となり、再受験しないままにしていたと説明しているという。家族には運転業務を隠し、通勤は家族に送迎してもらっていたという。

 同本部は、監督責任から梶消防長(減給10%、1か月)のほか、円池信行高岡消防署長(同10%、2カ月)などの処分を公表した。また同本部は、道路交通法違反などの疑いがあるとして、消防士長を高岡署に出向かせたという。

 橘慶一郎市長は「無免許運転を組織的に見抜けず、市民に深くおわびしたい」と謝罪。しかし「処分は十分に重い」として実名を公表しない考えを示した。(2008年6月10日18時23分)アサヒドットコムより転載>

 緊急自動車が、緊急走行の際は、信号機現示信号への服従や車両通行帯遵守、通行禁止、左側(寄り)通行、最高速度、道路外出入り・横断等に関する道路交通法上の規制が緩和または適用除外され<道路交通法第40条・第41条>、一般車両はその進行を妨げないよう進路を譲らなければならない<「その場に停車」ではなく「道路左右の端に寄って徐行」。怠った場合は道交法違反<緊急車妨害等>となる)。

 そうか!考えてみれば、消防車を運転するのに<交通ルール>なんか知らなくても<免許証>なんか取得しなくても<そこのけ!そこのけ!消防車が走る!>とけたたましくサイレンを鳴らせば、全ての車が行く道をあけてくれるんだった。ところが消防車の運転には、もちろん免許証はいるし三年以上の経験もいる。

 この消防士長さん!真面目なのかそうでないのか?家族には運転業務を隠し、通勤は<まじめ>にも家族に送迎してもらっていたという。ところで懲戒免職処分後、再就職するために<履歴書>を書くのなら<免許・資格>の欄に<普通自動車運転免許>はもう書かないでよ!その代わり<賞・罰>の欄には<懲戒免職処分>と<まじめ>にしっかり書いてね!

 そうそう、冒頭の設問に対する解答でした。

 交差点などで緊急自動車同士が遭遇した場合、基本的に人命への影響が大きい順で優先されるそうです。通常は、まず消防車、救急車、パトカーの順になることが多いようです。ただしこれは、その時の状況次第ということで、もちろん道路交通法にはなんの規制もないそうです。

 そういえば<いわろう>は、<履歴書>提出先から一度も<免許証の現物>を確認された経験がない。あれって全く<信用>の世界なんだ!
2008/6/11

 執筆にあたり、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考に一部引用させていただきました

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2008-06-11 23:18 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/8772115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード