人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

×××は禁止用語なんですけど

 先週の土曜日TBSラジオの<久米宏ラジオなんですけど>をウトウトしながら聞いていたら。「不適切な表現がございましたので、お詫び申し上げます」という小島アナの声で、パチリと目が覚めた。「何で?<村八分>が放送禁止用語なんだい!」久米さんが勢いづこうとしたとき「もういいです!」小島アナは、ピシャリと久米さんを制した。

 <×××>を放送禁止用語にする妥当性について、生放送で論じ合えば<×××>を連呼することになる。それこそパラドクシカルの世界に入りこんでしまうわけで、小島アナの対応に大いに拍手した。が、なぜ?<×××>が放送禁止用語なんだろう!その言葉自体が持つ意味合いを越えて、その状況を把握するのに<好都合>な言葉になっているのに・・・。少し各方面に神経質になり過ぎているようだが、禁止と決めたからには使わないことにしなければならないだろう。

<20日午前4時ごろ、北海道羅臼町にある羅臼温泉野営場にヒグマが現れ、北見市の女子中学生(12)らが寝ていたテントを襲った。ヒグマはテントを外から押し続け、中学生が内側からキックで応戦すると、ささやぶに逃げたという。テントは約50センチ裂けたが、中学生にけがはなかった。

 同町などによると、家族5人でキャンプに来た中学生は寝ぼけていて、テントを押すヒグマを妹(10)のいたずらと勘違い。手で押し返していたが、あまりにしつこいのでキックしたという。そばにいた母(40)の目には、テントのシートの向こうにヒグマの影が見えていたという。

 当時はテント二十数張りに約50人がおり、目撃者もいた。体重70キロ前後の若いヒグマとみられる。最初はシカの親子を追っていたが、においをかぐようなしぐさでテントに近づいたという。若いと人間の怖さを知らず、対処を誤れば非常に危険。町職員は「ヒグマだと思って大騒ぎしていれば危ないところだった」と話した。(神村正史)(2008年7月21日3時0分)アサヒドットコムより転載>

 これこそ正真正銘の<×××蛇に怖じず!>というのだろう。だが!この<×××>も当然禁止用語なので伏せ字にさせていただいた。確かに<その障害>をお持ちの方にとっては、<×××>は耳障な言葉だろう。代わりの言い方がないものか?探してみたら「非学者、論に負けず」というのがあった。

 無学な者は、筋道が通った論議にあっても、屁理屈を押し通し、一向に屈することがないという意味らしい。だが!やはり今回の武勇伝は<×××蛇に怖じず!>の方がしっくりきそうだ。と思いつつさらに探せば他にもあるようだ。たとえば英語ならFools rush in where angels fear to tread.(愚か者は天使が恐れて踏まないところにどしどし踏み込む)となるらしい。

 だが!やっぱり<×××蛇に怖じず!>の方がしっくりくる。だが !何もわざわざ誰かを<不愉快にさせる>言い回しを好んで使うこともない。<×××蛇に怖じず!>は、今後一切使わないように決めよう。そうそう先の<×××>もだ。
2008/7/22


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在101位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在20位
by iwaserou | 2008-07-22 23:38 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/9123138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード