人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

アンタ!まだ子供でしょう?

 北京五輪第6日の13日、体操女子団体総合の決勝があり、予選を8位で通過した日本は176.700点で5位入賞を果たした。女子団体の五輪入賞は84年ロサンゼルス五輪の6位以来、24年ぶりの快挙と聞く。

 <いわろう>は、そのライブ放送をたまたま観ていた。

 最年少の鶴見虹子選手の<ゆか>演技に思った。「人間の可能性って、どこまであるのだろう?」床で飛び跳ねる柔らかな身のこなしに<感心>するばかりだった。だが、ふと頭をよぎったことがある。

「これはスポーツじゃない!曲芸じゃないのか?」

 鶴見選手は五歳の時、姉が体操をやっていたのを見たのがきっかけで体操を始めたらしい。 そして小学生の時に中国人コーチの陶暁敏にその才能を認められ、指導を受けてきたと聞けば。曲芸師!彼女の演技に、常人にはできないような離れワザを観ているような<錯覚>を覚えたのである。

 確かに現在のオリンピックルールでは、15歳になれば女子体操選手として<出場>できるわけだが、15歳といえばまだまだ成長期にある<子供>だ。スポーツを競うには早すぎると思う。言葉は悪いのだが、15歳の子供の演技は<見せモノ>にしか見えない。

 そもそも女性の骨格は、生まれたときから9歳ぐらいまでの<幼児体型期>と、9歳・10歳から15歳ぐらいまでの<少女期>などの段階を経て大人へと成長するのだと聞く。そういう意味においても、15歳はまだまだ早いのではないだろうか。せめて<スポーツ>として女子体操を競うのなら18歳以上にルール変更をした方がよさそうだ。

 鶴見選手が得意とする<段違い平行棒>の演技を観ながら、その思いを強くした。

 オリンピックは<見せモノ>ではない。あくまでも<大人のスポーツの祭典>でありたいと思う<へそ曲がりの爺>がここに一人いる。
2008/8/13

執筆にあたり<日本体操協会による公式プロフィール>を参考にさせていただきました。


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在105位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在24位
by iwaserou | 2008-08-13 23:38 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://iwaserou.exblog.jp/tb/9288036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ツシマ at 2008-08-18 13:03 x
中国女子選手の年齢詐称疑惑が巷を賑わせていますね。私も女子体操は柔道のように、体重別、身長別、無差別級みたいにして再編成するべきたと思います。体格が大きかったり、20歳代くらいの選手と小学生もどきの選手を全く同じ基準で採点することへの矛盾と不思議さを感じているのは私だけなのでしょうか?。人間の発育には個人差があるわけでですから、年齢制限なんてあまり意味ないでしょう。
Commented by iwaserou at 2008-08-19 00:26
ツシマ様
コメントありがとうございます。階級分けはいいご意見です。<いわろう>も賛同いたします。でもやはり18歳以下はNGの方がいいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード