人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

2006年 09月 03日 ( 1 )

指揮棒になる

 先日、カミさんがボランティアで<陶芸教室>の<講師補助>に出かけた。帰宅するなり「楽しかった!」って言ったので<いわろう>も何だか心が和む思いがした。ところが、カミさんは「この頃の子供は、ありがとうが言えないんだから・・・」と小言。何でも、その日の生徒は、夏休み中の小学生達だったそうだ。講師に「帰るときは、お世話になった方々にお礼を言ってね!」って言われていたのにもかかわらずだ。子供達に付き添ってきて、挨拶もせずにこそこそ帰る親の尻を追いかけて帰る<子供達>だけに<お礼の言葉>を期待は出来ない。そもそも付き添いの親たちに<感謝>の気持ちがないのだから。

 <平然と母親の命を奪ったり、自宅に放火して家族を犠牲にしたりと、常軌を逸した少年の事件が相次いでいる。なぜなのだろうか◆・・・群れの中で母親に育てられたサルは母親との接触がどういうものかを実感し、他のサルの母子関係も見ながら育つ。だから親になっても大丈夫だが、母親から隔離飼育されると子育ての方法がわからない◆ニホンザルは子供の成長に応じて上手に子育てをする。ニホンザルに限らず動物の子育ては、子供がひとりで生きていく力をつけさせるということに尽きるのだという。・・・

◆事件を起こした少年の誕生にまでさかのぼって調べなければ真相に迫れないのだろう。人間は生まれたときから民族の文化に囲まれて育つ。その文化をばかげていると捨ててしまったことも関係があると河合さんは話された◆「ご飯一粒にもお百姓さんの心がこもっている」という言葉も消えた。「お百姓さん」も「農家の生産者」に変わった。そのようなことが問題なのだという。(読売新聞・編集手帳より引用・一部編集)>

 昔からよく言われてきた。子供は親の背中を見て育つ。言い聞かせたことはなかなか聞いてはくれないけれど、親がやっていることはすぐに真似をしてやる。先日、子供に自動販売機のタバコを買わせている親を見かけた。何気ない風景なのだが、そこを通り過ぎるとき<いわろう>は思った。やはり<おかしい!>と。未成年の喫煙を禁止する前に、こうした行為こそ止めさせねばならないと思う。そもそも誰でもタバコを手軽に買える環境自体もおかしいのだが、少なくとも子供に買わせる習慣を付けさせてはいけないだろう。

 親の一挙手一投足が、子供の将来への<指揮棒>になることを忘れてはならないのだ。
2006/9/3

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-09-03 21:36 | Trackback | Comments(0)