人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

2006年 09月 05日 ( 1 )

外人力

 <いわろう>は、神戸で生まれ、三十歳の春に東京へ<出稼ぎ>に来るまで神戸で育った。神戸は<国際港>として開けた歴史がある都市だ。だから他の都市と比較して<外人>と触れあう機会が幼い頃から多かったように思う。ところで当時の<外人>と言えば、大概<欧米人>を指したように思う。だが昨今は、随分と様変わりした。タイ人、フィリピン人、韓国人、パキスタン人、中国人、インド人・・・それこそ枚挙にいとまがない。

 <定住外国人との共生を図るため、国土交通省と群馬県など地方自治体が連携し、外国人の生活実態に関する初めての総合的な調査と社会実験を、今月中にも始める。全国の外国人登録者数は2005年度末に200万人を突破し、10年間で約1・5倍に増える一方、コミュニケーションや日本文化への理解不足から、日本人の住民との摩擦も生じているためだ。調査は、群馬県が国交省のほか、総務、文部科学省と共同で、外国人が集中して定住する地域のある群馬、栃木、茨城、埼玉の4県で行う。

  外国人の人口比率が約16%と全国一高い大泉町などを抱える群馬県が、国から委託を受け、4県の16地域で実施。約7000万円の費用は、国が全額負担する。外国人の定住地域の住まいや職場の環境、子どもの教育、災害時の情報提供などの現状、日本人住民や学校、企業の共生への取り組みの実態を調べ、地域住民の交流イベントを開催するなどの社会実験も行う。国と自治体が有識者らを交えて調査結果を検討し、多文化共生のための企業、地域、自治体の連携の在り方のモデル作りを行う。(読売ネット全文引用)>

 90年当初、<3K>という<流行語>が生まれた。若年労働者が敬遠する<3K>。「きつい」「汚い」「危険」な労働を<主に東南アジア系外人>が受け持ち、その数が急増した。我が国は、目下少子高齢化が形成する<逆三角形の人口構造>が進行中である。よって好むと好まざるとにかかわらず、<外人>の特に若年労働力に頼らざるを得ないのだ。そういう意味から上記<報道>に見る取り組みは、大いに有意義なことだと思う。

  更に望むなら、この機会に是非<3K職場>の労働条件の改善、若い人たちの意識変革へ繋がる<給与改善>などへの努力も必要だろう。<東南アジア系外人>の悪い評判が多いので<錯覚>されがちだが、もちろん<優秀で立派>な<外人>も多いのだから・・・。
2006/9/5


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-09-05 22:05 | Trackback | Comments(0)