岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

2006年 09月 16日 ( 1 )

あなたは悪者?

 以前このブログ(2006/5/21)でも登場した<切手ペッロ!強盗>が再び登場!

 <強盗事件で逮捕された韓国人の男が、自分で考案したピッキング対策のカギを売り出そうと、特許を申請していたことが、警視庁組織犯罪対策2課の調べでわかった。男は、狙った部屋の合鍵を作っては、深夜や未明に強盗に押し入るという犯行を繰り返しており、同課は、男が、カギの防犯ビジネスに失敗したため、習得したカギの技術を悪用していたとみて調べている。

  ・・・李被告は、渋谷区内で起きた女性宅の強盗事件を巡って、奪ったキャッシュカードを被害者に返すために送った郵便物の切手の唾液のDNAが一致したなどとして、今年5月、逮捕された。今月12日に再逮捕されるまで、2001年9月~今年1月までに、渋谷、世田谷両区で相次いだ計6件の強盗事件で逮捕・起訴されている。 供述などによると、李被告は約7年前に日本語学校の生徒として就学ビザで来日した。

  当時は、国内でピッキングによる空き巣が多発していたことから、ピッキング対策のカギを作って売り出そうと思いつき、マンションやアパートなどで使われている種類のカギを購入。分解して構造の研究を重ねたほか、インターネットの情報などを参考に合鍵を作る技術も習得し、新たなカギの特許も申請していたという。ところが、国内メーカーがピッキング防止のカギを相次いで発売したため、カギの知識を生かす機会を失い、生活費に困って、強盗を始めるようになった。

  李被告は、押し入った女性宅で、「カードの暗証番号は1枚ずつ変えた方がいい」などと説教していたことなどが判明しているが、別の被害者宅では、「あんなカギではすぐに開けられる」「ネットで性能の良いカギを調べろ」とカギの知識を披露することもあったという。(2006年9月16日14時41分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用・編集>

 このお方、何故か憎めぬところがある。ほんのちょっと<職業の選択>を誤っただけだろう。<施錠学>とか<ピッキング学>という学問分野を確立でもすればよかったのに・・・。<必要は発明の母>とはよく言ったものだ。ピッキングが多発すれば、その防御のため<技術>が進む。そういう意味においては<貢献>したことになる。でもあなたはやはり<悪者>ですゾ!。
2006/9/16

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2006-09-16 23:24