人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

2006年 09月 17日 ( 1 )

金と銀

 先日のラジオ(TBS:土曜ワイド)の中で、永六輔さんが話していた。電車の中で<化粧を落としている女性>を目撃したのだそうだ。近頃、人前で平気で<化粧>をする女性がいるのだから、それを落とす人が出てくるのも時間の問題だったのだろう。

 ところで、なぜ女性は<化粧>をするのだろう。一般的には、女性が化粧をするのは男性に自分の美しさを強調するためで、人間が動物の一種でオスとメスが求め合い種を保存する目的のためと言われている。以前、何かの本で読んだのだが、古代エジプト文明盛んな頃「私は毎晩殿方にモテてるのよ!」という表現のひとつとして、女性が痩けたように見せる為にアイシャドウか何かをつけ出したのが始まりだとか・・・。それにしても、唇を赤く塗りたくる<習慣>はやはり奇妙だ。<人食い人種>でもあるまいし・・・。

 <古代エジプト文明の象徴ともいえるツタンカーメン王の黄金のマスク。そのまばゆい輝きは、純度の高い金の上に、銀を混ぜた純度の低い金を塗ることで作られていたことが、早稲田大学の宇田名誉教授らの調査で明らかになった。宇田さんは独自に開発したX線複合分析装置で調査した。

  その結果、マスクの地金は23金程度の純度の高い金だが、表面には銀を混ぜた18金から21金程度の金がごく薄く塗られていることがわかった。金は純度が高くなるにつれ赤みが増し、銀を混ぜると白くなる特徴がある。宇田さんは、王の若さを強調し、輝きを美しく見せるため、薄化粧するように、銀を混ぜた合金を粉末にしてニカワで溶き1マイクロメートル以下の薄さで塗った、と結論づけた。

  また、マスクのずきんにある青色の模様も、分析の結果、これまでまったく報告例のない顔料である可能性が高まった。ガラス化させたものなど数種類の原料を調合したものとみられるという。宇田さんは「古代エジプト人は、美を求めるため独自の色を作り出すなど様々な工夫を凝らしていることがわかった。想像を絶するほどの美意識が、あのマスクの輝きを作り出した」と話している。(アサヒドットコム引用・編集)>

 何千年の時を越え進歩した<文明の利器>で<古代の巧>の飽くなき<美>への探求を知り、同時にそれを要求したであろう<王>の絶対的<権力>をもうかがい知った。そして、何千年経っても<観る人>を感動させる<化粧>に感銘を受ける。
2006/9/17
(参考文献:http://www.kjps.net/user/pharaoh/cairo_m08.htm)


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-09-17 19:03 | Trackback | Comments(0)