人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

2006年 09月 21日 ( 1 )

次は体験レポート?

 先日、お客さんと昼食をご一緒にした時のこと。「お飲物は、何になさいますか?」とウェイトレスの問に、お互い車で来ているので「お茶にし・・・」って言いかけたら、向かい側のお客さんが「ビール」って告げた。

「ちょっと待ってください!車ですよ!」<いわろう>のそんな言葉に「こう暑くっちゃビールでも飲まなきゃーやってられません!」とお客さんの弁解。「でも~、ご時勢ですし酒はマズイでしょう」と<いわろう>。押し問答の末、大切なお客さん側に押し切られ、互いのコップには<泡付き黄色いお水>が注ぎ、注がれました。幸い、下戸の<いわろう>は唇を濡らす程度で勘弁してもらいましたが、あんな場合でも「絶対ダメ!」って言い切らなければなりません。が難しいものです。

ある意味<俺の注いだ酒が飲めないのか?>的<文化?>を見直されなければ、なくならない<付き合い>だろう。ゴメンなさい!飲酒運転幇助罪を犯してしまいました。 

 <山梨県警甲府署は20日、朝日新聞甲府総局の中川裕史記者(27)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで検挙した、と発表した。現場で交通切符(赤切符)を交付されている。 調べでは、中川記者は19日午前1時40分ごろ、甲府市内の自宅近くで、酒気帯びの状態で乗用車を運転した疑い。検問中の同署員が停止を求め、呼気検査をしたところ、発覚したという。社内調査に対し、中川記者は非番だった17日夜から18日午前にかけて、飲食店や自宅などで焼酎やビールを飲んだ、と話している。

同署が発表する直前の20日午後になって初めて上司に検挙されたことを報告した。中川記者は警察担当として一連の飲酒運転撲滅キャンペーンにも携わり、同県身延町教育長が19日に酒気帯び運転で検挙された記事も書いていた。朝日新聞社は20日付で、中川記者を取材現場からはずし、管理本部付とする人事異動を行った。事実関係を確認した上で、速やかに厳正な処分をする。(アサヒドットコム引用)>

 下戸の<いわろう>から見ると理解できない<心境>だ。<いわろう>のお客さんも中川記者も<飲酒運転はいけない!>とちゃんと判ってはいるのだろうが、ついこれぐらいなら<平気>と思うのだろう。事実<平気>なときが多いのだろう。でも一度でも<平気>でないときがあれば・・・。怖ろしいことになるのだ!。
2006/9/21

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-09-21 08:40 | Trackback(2) | Comments(0)