2006年 09月 25日 ( 1 )

扱い方が重要!

 現代は<車社会>だ。個人個人がそれぞれの思い通りの目的地へ移動する手段として、自動車程便利な道具はない。身体の一部になっている人も多いことだろうし、無ければたちまち支障をきたす人も多いことだろう。より簡単に、より楽に、そしてより早く目的地に行ける。当たり前のことだが<自動車>は早く走る為に作られているのだ。でもそんな優れものでも、扱い方によっては、怖ろしい<走る凶器>になるのだ。

  例えば時速30Kmで走行している車は、1秒間に8m余りも進むのだ。

 <25日午前9時55分ごろ、埼玉県川口市戸塚東2丁目の市道で、左端を歩いていた、近くの小鳩保育園の園児と保育士38人の列に、ライトバンが突っ込んだ。保育士や園児計16人が、川口市や越谷市内の病院に運ばれたが、県警や病院によると、3歳と4歳の女児2人が死亡したほか、園児、保育士14人が重軽傷を負った。病院によると、14人のうち女児2人は重篤という。

  武南署はライトバンを運転していた同県栗橋町南栗橋3丁目、運送業手伝い井沢英行容疑者(37)を業務上過失傷害容疑で現行犯逮捕した。井沢容疑者は「脇見をしていた。都内から帰宅途中だった」と供述しているという。同保育園によると、事故に遭ったのは、0~5歳の園児33人と保育士5人で、午前9時半ごろ、同保育園を出発した。目撃者の話だと、園児と保育士が左端を2列で歩いていたところに、背後からライトバンが斜めに突っ込んできたという。歩けない園児は、縦2メートル横1.5メートルほどの移動用ベビーカーに乗せられ、ライトバンはベビーカーにぶつかった後、歩いていた園児らを次々にはねたという。

  園児たちは血を流しながら泣き叫び、何人かはぐったりとしていたという。 現場の道路は、歩道と車道の区別のない幅6メートルの市道で、車2台がようやくすれ違えるほど。園児らは普段から約100メートル離れた公園に出かけるため、毎日のように散歩に使う道だった(アサヒドットコム引用・編集)>

 道路状況からみて、おそらく、スピードはあまり出ていなかったのかも知れないが、多分数秒間の事故だろう。時刻を区切って<車両通行禁止>にすべきだっただろう。幼い子供達を<人柱>にした罪は重い。ハンドルを持つ機会の多い<いわろう>は、より一層の<交通安全>に心がけねばならないと、感じたなんとも言えぬ<痛ましい>事故だ。
2006/9/25


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-09-25 23:10


<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!


by いわろう

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
日記
人間観察
読書感想文(お薦め度付き)
狛犬図鑑
ニュース報道関連
違いについての一考察
携帯からの投稿!
新聞・雑誌ネタ

タグ

(511)
(465)
(362)
(108)
(102)
(91)
(51)
(23)
(10)
(7)
(6)
(4)
(3)

クリックが輝く明日を拓く!

最新の記事

アオカンしたい!?
at 2019-02-13 23:16
「今夜もオ〇ンコだって?」カ..
at 2019-02-11 13:03
カミさんと外でオ〇○○しました!
at 2019-02-02 22:56
親子の情愛があふれる親子狛犬
at 2019-01-29 22:27
カミさんと今年初めてのオ○○..
at 2019-01-20 15:46
今夜はカレーなの?シチューなの?
at 2019-01-19 23:23
逝くまで現役
at 2019-01-06 18:04
「お怪我はありませんか?」
at 2019-01-03 22:27
温かい「家族の絆」に包まれて
at 2019-01-02 10:28
グッサリ!刺さった言葉
at 2018-12-30 22:17
非常識な電話
at 2018-12-29 23:02
できちゃった再婚!?
at 2018-12-28 23:22
「子育て狛犬」を撫でて、安産祈願
at 2018-12-24 15:16
珍しい木彫りの狛犬
at 2018-12-01 21:29
「恋愛は小説か」片岡義男・著..
at 2018-11-18 20:58
<いわろう>の人生は後悔ばか..
at 2018-11-17 21:26
威風堂々たる狛犬
at 2018-11-16 21:40
今朝、本当の優しさを観た!
at 2018-11-11 22:35
「男と女のモテ会話術」長住 ..
at 2018-11-10 22:41
豪華なブロンズ狛犬
at 2018-11-08 21:55

検索

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月