岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

2006年 09月 28日 ( 1 )

勝手な行動だ!

 <いわろう>が以前勤めていた会社でのことだ。その会社は、某商品のメーカーで、自社ブランド商品を流通を通じて販売していた。<いわろう>は、そのある問屋のひとつを<担当>していた。月末近くになると、<胃がキリキリ>痛んだものだ。月初目標の売り上げが未達成になれば、上司から厳しく言われるからだ。営業は結果がすべてだ。

ある日、その担当問屋の社長から、昼食に招待されたことがあった。その会社の社長室で<少しだけ豪華な弁当>の昼食だったと記憶している。その席上、社長から「我が社をよろしく」ぐらいしか話さなかったのだが、随分経ってから<いわろう>は上司からクレームを受けた。「勝手な行動だ!」と上司から注意された時は、理解出来なかったけれど、退職してから気づいた。出席するかどうか上司と相談してから、組織で対応すべきだったんだと。当時の<いわろう>にしてみれば、担当代理店と担当者の関係でしか仕事をしていなかったのは確かだ。だって成績が悪ければ、全責任を一人でとらされていたので・・・。

 <千葉市の中央、若葉両区の課長2人が、戸籍謄本の交付をめぐり迷惑をかけた市民に、「解決金」として自腹で現金5万円を渡していたことが27日、わかった。市人事課によると、若葉区内に住む男性が19日、同区役所に戸籍謄本の交付を申請。本籍地がある中央区役所から取り寄せて男性に交付した際、過って男性の父親の分を渡したという。

 男性から翌20日、指摘があったため、中央区の市民課長(59)と係長(51)、若葉区の同課長(58)、担当者(59)の4人が、数千円相当のウイスキーを持参して、男性宅まで謝罪に出向いたという。しかし、納得しない男性から21日、両区役所に「どうやって解決するのか」と電話があった。中央区の係長は翌22日、両課長から預かった現金5万円を男性宅に持参した。現金は両課長が自腹で折半したという。千葉市人事課は「金銭で解決するのは最もいけない方法で、情けなく、申し訳ない。しかし、相当の恐怖感を持っていたようで被害者でもある」と説明。同課は不当要求行為に当たるかどうかを県警に相談中という。(アサヒドットコム引用)>

 これは<システム改善>を含めた<市>として対応すべき事案だったのだ。<いわろう>もあの時、事前に上司に相談すれば、成績向上の道も開けていたのかも知れない。
2006/9/28

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2006-09-28 23:42