人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

2006年 10月 21日 ( 1 )

弘法も筆の誤り

夕刻<いわろう>が帰宅し、我が家の玄関に入ろうとしたとき、隣のお宅の玄関ドアーが開き、可愛がっている<猫ちゃん>を抱きかかえた奥さんと目があった。「この子ドジなんですの!」奥さんは、挨拶もそこそこに<いわろう>にそう言った。「毎日、痛み止めの<お注射>を打ちに行ってるんですヨ!」聞くところによると、着地失敗で<捻挫>をしたらしい。<猿も木から落ちる><河童の川流れ><麒麟の躓き>などは聞いたことがあるのだが、<猫も着地失敗で捻挫>は、長い人生で始めて聞いたような気がする。

 <警視庁富坂署の男性巡査長(28)が今年9月、交通違反をした乗用車の運転手から暴言を吐かれ、運転手ら2人を殴った事件で、警視庁は20日、この巡査長を特別公務員暴行陵虐致傷の疑いで東京地検に書類送検するとともに、減給(10分の1)1か月の懲戒処分にした。巡査長は同日付けで依願退職した。調べによると、この巡査長は9月6日午後5時30分ごろ、東京都文京区内の路上で、一時停止を無視した乗用車を発見。

車を停止させて同僚の応援を呼ぼうとしたところ、運転席の男性(24)から「1人では何も出来ないのか」と言われたことに腹を立て、窓越しに男性の顔を十数回殴ったうえ、助手席から降りてきた同乗の男性(25)の顔も数回殴り、それぞれ全治15日間のけがを負わした疑い。同庁は、上司の同署地域課長の警視(52)の監督責任も問い、所属長注意の処分とした。北村博文・同庁警務部参事官の話「警察官としてあるまじき行為。徹底して再発防止に努めたい」(ヨミウリオンライン引用)>

 この記事を読んで、まずこの巡査長を<可愛い悪戯坊主!>のように思った。違反者の<言葉>に単純に<切れる>なんて・・・。自分の<任務>を充分に理解していないから、こんな<馬鹿な行動>になるのだろう。<違反を摘発>することを<最大の目的>にしているから単純に<敵対>するのだろう。

遂行すべき<任務>は<一時停止>の意味をよく理解させ<安全運転>を常に遵守させることなのだ。弘法大師のような書道の名人でも書き損じをすることがある。これを『弘法も筆の誤り』という。巡査であっても<切れ>れば違反者を殴ることがある。これを『巡査も犯罪を起こす』という。<猫も着地失敗で捻挫>する時代なのだからだ、『巡査も犯罪を起こす』こともアリなんですか?
2006/10/21


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-10-21 22:15 | Trackback | Comments(2)