人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

2006年 10月 25日 ( 1 )

だって病気だモン!

 過日、異業種交流会のホテルでの<懇親会>に出席した。二次会は近くのスナックに出掛け久しぶりの<カラオケ>で、日頃のストレスを発散してきた。その場で、同世代のある社長さんと意気投合して、懐メロ合戦を繰り広げて爽快な気分だった。席上「今日まで一日しか休んでないんですよ!」ってその社長さんが言った。

<いわろう>がキョトンとしていたら。「今年になってから、正月元旦に一日休んだっきりで今日まで働きづめなのだ!」ってその社長さんが<自慢>げに言った。<自分の会社>だからっては言っていたけれど、<心身>には目に見えない<ストレス>がたまっていると思う。別れ際「一泊の温泉旅行にでもご夫婦で行かれた方がいいのでは・・・」って<いわろう>は、つい<お節介>なことを言ってしまった。

 <奈良市環境清美部の男性職員(42)が病気を理由に休暇、休職を繰り返し、5年間で8日しか出勤しなかった問題で、この職員が2000年12月以降、34通の診断書を提出して休暇を取っていたことが、市の調査などで分かった。計4病院が作成した診断書の所見は、座骨神経痛やじん帯損傷など14種。

04年以降は特定の所見の診断書をほぼ順番に提出していた。市は25日、分限懲戒審査委員会を開き、職員から病歴などについて詳しく聞いた。この日、委員会で処分についての結論は出ず、26日に再度、検討する。 市の規定では、診断書が提出されれば、90日間まで病気休暇が取れ、異なる病名の診断書を出すと、改めて休暇が取れる。90日を超えると、休職処分となる。市などによると、職員は00年12月13日~01年2月14日に腰痛を理由に病気休暇を取って以降、別の病名で休暇を「継続」していた。

01年12月から02年1月にかけては、正月休みをはさみ左右それぞれの座骨神経痛の診断書を出して休んでいた。その後、休職期間が2回あったものの、04年1月以降は、胃かいよう、腰痛、過敏性腸症候群などの診断書を次々に提出していた。(ヨミウリオンライン引用)>

診断書さえあれば休暇届が簡単に受理される?同一人による34通もの診断書をフリーパスさせる体制?この男性職員が、五年間いなくても特に仕事(職場)に支障が生じない?民間では絶対に起こりえないことが粛々と行われる市の内部事情?ミステリーばかりの案件だ!
2006/10/25


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-10-25 22:52 | Trackback | Comments(2)