人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

2006年 10月 26日 ( 1 )

たのんまっせ!

 「失礼しちゃうワ!わたしのバッグだけがとられなかったのよ!」例によって、昼食後、社員食堂の窓際でウトウト状態の<いわろう>は、女性社員数人の雑談するハシャギ声で目が覚めた。聞いていると、その女性が三人で海外旅行に出掛けたらしい。その折り、不用意にも三人ともバックから離れて買い物に夢中になっていて<置き引き>にバックを持って行かれたらしい。ところが、自分のバックだけがとられずに残っていたらしいのだ。他のふたりのバックというのが所謂<ブランド>ものだったのだ。その女性は、さぞかし複雑な心境だっただろう。嬉しくもあり、悲しくもありといったところだろう。

 <「怖いヤクザの街」「低俗なお笑いの都市」などと海外の旅行ガイドなどで負のイメージが強調されている「大阪」の、魅力を掘り起こし、世界に発信していこうと「大阪ブランドサミット」が25日、大阪市北区の大阪国際会議場で開かれた。府や大阪市で作る団体「大阪ブランドコミッティ」が主催し、約千人が参加した。

  基調講演では、「英国のブランド戦略について」をテーマに、在大阪英国総領事のポール・リンチ氏が、かつて「老大国」「英国病」などとされていた英国が90年代後半から「クール・ブリタニア」をスローガンに芸術、デザイン、音楽、映画などクリエーティブ産業で改善した戦略を解説、マンチェスターやバーミンガムの都市再生の事例をスライドで紹介した。

  その後、「水都」「ものづくり」「スポーツ」「文学」「バイオ」「家電」など大阪が誇る17のブランド資源別に会場を分け、行政、企業、大学など連携団体主催のイベントが繰り広げられた。・・・愛染祭から住吉祭までほぼ毎日、大阪のどこかである「夏祭りカレンダー」も参加者に配られた。黒田一充・同センター研究員は「大阪はほぼ毎日のようにどこかで祭りがある。伝統野菜も祭りもともに、多くの人にアピールしたい文化です」と話していた。(アサヒドットコム引用・編集)>
  一時しのぎにごまかすこと、あるいはその場をとりつくろうことを<糊塗>という。<ブランド>は長年かかって、培われるものであって、そんなに簡単には備わるものではない。だからこそ、また<ブランド>の価値があるのだ。どんなに糊塗しても<本質>が大切なのだ。どんな<ブランド>品を持とうが、どんな格好いい<ブランド>名を授けようが、<本質>を磨くのがまず第一のことだろう。
2006/10/26


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-10-26 23:00 | Trackback | Comments(0)