人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

2007年 04月 20日 ( 1 )

散髪代は高いか?

 昨日、ひと月ぶりに床屋へ行った。「岩瀬さん!息子さん達との会話はありますか?」ハサミを軽快に動かしながら、店のマスターがそんなことを聞いてきた。「そう言えば、最近話したことがないなぁ~」<いわろう>のそんな応えをマスターは待っていたかのように「そうですよね!年々子供達が大きくなると、親子の会話がなくなってくるんですよね~」鏡越しにマスターは<いわろう>の表情を窺いながら言った。

「食事も一緒にしなくなったし、個人個人自分の部屋にこもって好き勝手な生活スタイルですもの・・・」マスターはそう言いながら最近の<家族関係>の希薄さを憂いてみせた。「イヤ!先日お客さんに聞いた話なんですがネ・・・」マスターは、そう言って話し始めた。そのお宅もやはり成人した息子さんとは、食事も一緒にすることがなく、普段殆ど会話することもないそうだというのだ。

ところがそこの奥さんは、息子さんがどんなに夜遅く帰ってきても、息子さんが夕食を取る間中、傍らにいるらしい。『仕事うまくいっているの?』『彼女は元気なの?』って食事している息子さんに話しかけているらしい。初めのうち旦那さんである<お客さん>は『いい加減にしろ!』って奥さんに注意していたのだが、最近では、あれも<良いことだ!>と思えるようになったと、話していたそうだ。

 <いわろう>はそんな話を聞きながら思った。構えて<息子達と話そう!>って言ってもなかなかできる物ではない。日常の何気ないあんな会話で充分なんだ。我が家のカミさんなんかは、遅く帰ってくる息子達を待たずにさっさと寝込んでしまう。この話をカミさんにしなければと聴きながら思っていたのだが、恐妻家の<いわろう>は、カミさんには、まだ話していないのだ。

考えれば、息子と話す前に、夫婦の会話もろくにやっていないことをあらためて思う。<家族>のあり方が変わったのだと言えばそれまでなのだが・・・。 刈りあがった髪型を鏡でチラチラ確認しながらマスターの顔を見れば、どうも同じことを考えていたようだ。マスターは「明日!家族揃って食事でもしますか?」と言いながら、小型の箒のような例のヤツで胸やら肩をはたくようにしながら「ありがとうございました!」と店外へ<いわろう>を送り出した。小一時間で四千円也の今日の散髪代は、安くもないが高くもないかと思った。
2007/4/20


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-20 23:28 | Trackback | Comments(0)