岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

2008年 07月 04日 ( 1 )

似たり寄ったり!

 とにかく腹が立つ!

<損害保険31社が4日、火災保険などの保険料取りすぎに関する業界の自主調査結果を公表した。取りすぎは26社で計約153万件、約371億円に達した。東京海上日動火災保険は、役員全員の報酬の一部返上を決め、他社も処分を検討している。各社は、今回は中間報告で今後も調査を続けるとしており、被害が拡大する可能性も高い。

 大手6社でみると、5月の決算発表時の約130万件、約300億円から、件数で5万件、金額で10億円増えた。さらに今回は外資系も含む20社分が加わった。

 火災保険(地震保険を含む)が最も多く、26社で計約75万件、約302億円あった。耐火性の高い外壁材料への割引を適用せず、単なる木造住宅として2倍程度の保険料を取った例が多かった。地震保険では81年6月以降の新築建物が対象の「建築年割引」や、耐震性の査定をもとにした「耐震等級割引」の適用漏れが目立った。

 主力商品の自動車保険については外資系を除く20社が調査結果を公表。ゴールド免許割引や、エアバッグなど安全装置を搭載した車の割引の適用漏れを中心に計約74万件に達した。単価が低いため金額は計約47億円だった。

 東京海上日動の処分は、隅修三社長が役員報酬の30%を3カ月間カット、ほかの30人の役員全員も責任の度合いに応じて報酬を返上する。

 取りすぎ問題は05年2月、富士火災海上保険が金融庁検査で指摘を受けて発覚。金融庁が06年12月に業界の自主調査を要請した。各社は火災保険の調査対象を05年4月以降の契約としたが、自動車保険などはまちまち。さらに契約者の約4割程度しか調査できていない種類の保険もある。

 保険料を誤って取りすぎていた場合には約款違反に当たる可能性もあり、行政処分の対象になりうる。金融庁が「調査不十分」と判断すれば、保険業法に基づく報告命令を出す可能性もある。(鯨岡仁)(2008年7月4日22時43分)アサヒドットコムより転載>

 つい先日、何処かの国で<エビ養殖の投資>による<詐欺>で800億円前後を集めていたというニュースにあきれていた。今日は今日で損保会社の<杜撰>さにあきれる。被保険者の拠り所である<保険料金>を取りすぎるとは、紛れもない<詐欺行為>ではないのか!仮に故意でないとしたら、あまりにもチャランポランな営業姿勢だ!

 ろくに判読できない豆粒ほどの字の<約款>を渡された挙げ句、倍の保険料を取られるとは。こんな時のために対応する<別の保険>にまた入れということだろうか?<詐欺>まがいの営業で儲けた金で<立派なビル>におさまっているのが、恥ずかしくはないのだろうか?

 新規勧誘するときはニコニコ顔のくせに、事故にあって怪我をして、その治療代支払いの時になると、とことん渋る!渋る!かねがね腹に据えかねていたのだが、掛け金決定時に既に<ズル!>していたとは・・・腹が立つやら、あきれるやら。

 報償カット?なんか甘い!甘い !こんな人たちに保険業務などやる<資格>なんかない!<保険料金>決定は、営業の本筋の本筋でないか!騙して集めた金を<世間相場より多い?報酬>として山分けされては、被保険者の立つ瀬がない!

 これじゃあ~<エビ養殖詐欺>とあまり変わらない!似たり寄ったりの卑劣な行為だ!
2008/7/4


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2008-07-04 23:53 | ニュース報道関連