人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 15日 ( 2 )

映画「北京の55日」をもう一度観たい!

「ジ エンド」

中学生だった<いわろう>は、映画館の大画面に映し出された、THE  ENDを思わず声を出してそう読んだ。隣のシートで一緒に映画を観ていた、当時サラリーマン一年生だった兄が「ジエンドかァ~」と何度か繰り返し、嘲笑混じりの嫌な表情で呟いたのを、古希になったいまでもよく憶えている。


兄が、サラリーマンの初給料で、弟の<いわろう>に、「映画でも観よう!」と奢ってくれた、最初で最後の兄からのプレゼントだったのだ。


中学時代、大好きで得意だった「英語」で習ったばかりの、母音前の「THE」は「ザ」でなく「ジ」だというルールが、自然と口から飛び出してしまっただけなのに・・・。そんなにバカにしなくてもいいのに・・・。このときから、兄と弟という関係が少しずつ離れて行ったように思う。


あのとき観た映画は、チャールトン・ヘストン主演のアメリカ映画<北京の55日>で、70ミリフィルム(?)の大画面で、当時は随分話題になったようにも記憶している。確か、あれは大阪・梅田の劇場だった。


ストーリーはほとんど忘れてしまったが、中国で勃発した義和団事変を題材にしていたようにうっすらと憶えている。亡くなられた伊丹十三監督も出演されていた。そして大画面の女優エヴァ・ガードナーの妖艶さは、今でもよく憶えている。


あれから、半世紀以上のときが過ぎ、兄と弟は東京と神戸で別れて過ごしている。いろいろなことが二人の間に起こり、兄弟はいま「頑固ジジイ同志」になってしまった。それは、<いわろう>にも兄にも、原因も責任もあることは、お互いの腹にあるのだろうが・・・。


このまま<いわろう>から、兄に逢いに行くことはないかもしれない。


でも、映画「北京の55日」を、もう一度観たい!という気持ちは、心の深いところで燻り続けている。これは、兄との和解を密かに望んでいる証なのかも?兄は多分<いわろう>に、この映画を奢ったことも忘れていることだろうけど・・・。





70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村










by iwaserou | 2018-09-15 21:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

小柄ながら雄々しさが漲る狛犬

b0074359_14332332.jpg

撮影場所:東京都荒川区「素盞雄神社」
 詳細情報はこちらから☞
撮影年月日:2018年5月20日
寄進者:新吉原角町松葉屋半蔵
奉納:1806年6月
石工:不明





70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
by iwaserou | 2018-09-15 14:49 | 狛犬図鑑 | Trackback | Comments(0)