人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

2019年 04月 07日 ( 1 )

「孤独の作法」下重暁子・著<中経出版>を読んだ

<いわろう>は、脱サラ後31年間ずっと一匹狼だ。何をするのも一人だから気楽だ。でも、気が休まらない。成功も失敗も自分自身の責任なんだから。生きがいがあるんだ!とちょっと格好をつけてみるが、将来の不安に潰れそうになるときが、しばしばある。著者は、「孤独を知る男こそ美しい」と説く。つまり「自分で考えてその通りと思えば従うが、思わなければ従わない」という生き方をヨシ!とすること。


<いわろう>は、元来群れるのを好まない。他人の欠点ばかりが目につき、いい関係を築くことが苦手なのだ。著者はいう。「自分で考え、自分で選択し、自分で決めることが生きることなんだ」と。Aさんがこう言った!B君がああ言った!など、主語が他人の話はご法度である。「私が」と切り出すからこそ、いやおうなく自分の考えをまとめ、その責任をとらなければならない。


ひとり旅に出よう!と著者はいう。


期待と不安は裏腹だからこそいい。不安と緊張をかかえながら、新しい発見や期待に胸ふくらます。人生はしばしば旅に例えられるが、<いわろう>は、一人旅の未経験者だ。日常のすべてをかなぐり捨てて、一人旅に出たい!と思わせる一冊である。


孤独の作法 (中経の文庫)

下重 暁子/中経出版




<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2019-04-07 20:18 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)