人気ブログランキング |

カテゴリ:ニュース報道関連( 64 )

そんなモノ!突っ込まないでェ~!

 過日、大阪のたばこ販売店経営者が、未成年と知りながら制服姿の高校2年の男子生徒にたばこ1箱を売ったらしい。当然だが未成年者喫煙禁止法違反の疑いで書類送検された。この販売店では、成人かどうかを識別する専用ICカード「taspo(タスポ)」の導入後、自動販売機の売り上げが減少。「利益を上げたくて対面で売った」と供述しているらしい。

 何のための<自動販売機>なのだろう?そして何のための<タスポ>なのだろう?

 販売効率を上げるための<自動販売機>であり、喫煙による害から未成年者を守ろうとする<タスポ>の筈が<未成年者にわざわざ対面で売る?>とは・・・。こんな現象から推測すれば、いかに未成年者が自動販売機で<たばこ>を購入して喫煙していたか明らかになる。言い換えれば<タスポ>導入の大きな効果があったことになる。

<自動販売機に火をつけて、釣り銭を盗んだとして、警視庁は27日、東京都大田区内に住む都立高校2年の16歳と17歳の少年2人を窃盗の疑いで逮捕した。

 同庁幹部によると、2人は26日午後4時半ごろ、同区羽田空港1の「羽田整備地区第三駐車場」に設置された自動販売機に花火4本を突っ込んで火をつけ、釣り銭取り出し口から出てきた現金約3000円を盗んだ疑い。

 通行人から「自動販売機から火が出ている」との通報を受けて駆けつけた警察官が、現場から西に約100メートル離れた同区羽田旭町の路上で、花火を持った少年2人を発見。近くの自動販売機も燃やされていた。調べに対し、2人は「金が欲しかった」と供述しているという。

 同区内では昨年以降、自動販売機が花火などで燃やされる事件が数件発生しているといい、同庁で関連を調べている。(2008年7月27日12時30分 読売新聞)ヨミウリオンライより転載>「この記事は、読売新聞社の許諾を得て転載しています」
「読売新聞社の著作物について」 http://www.yomiuri.co.jp/policy/copyright/

 お金が欲しいのなら、働けばいいだろう。こんな効率の悪い働き(?)なら真面目に働いた方がもっと稼げるかも知れない。労働者の最低源貰える賃金(時給)を定めた法律に<最低賃金法>がある。都道府県別に定められていて、確か東京都では時給七百二三十円程だろう。

 現実問題、八百五六十円の時給は、貰えるだろう。花火を買いに行く手間(二人の人件費)や花火代それにライター代、もっと言うなら危険手当等々加算すれば、二人でたった3000円の報酬ではとても割の合わない稼ぎだ。火のついた花火を突っ込んで、釣り銭を騙し取るアイディアや熱意や行動力を<真っ当な仕事>に向ければ、もっといい仕事ができるだろう。

 何のための<自動販売機>なのだろう?そもそも自販機は販売効率を図るモノであって、単なる釣り銭差し上げ機ではない!

 ところでこの詳しい手口は?どこの穴から火のついた花火を突っ込めば釣り銭が出てくるのだろう?とても興味が湧くところだ!今晩あたり、コッソリと火のついた花火を突っ込んで実験してみたくなった。成功すればこのブログで公開してみよう!乞うご期待!
2008/7/27



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在96位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在21位
by iwaserou | 2008-07-27 23:13 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)

もっとあなたの胸に抱かれたい!

 東京都八王子市の書店で22日夜、女性店員と女性客が刃物で襲われた無差別殺傷事件。その殺人未遂容疑で緊急逮捕された会社員菅野昭一容疑者(33)が警視庁の調べに「親が話を聞いてくれず、大きな事件でも起こせば自分の名前がマスコミに出るだろうと思ってやった」と応えているらしい。「33歳にもなって何を<子供みたい>な事を言ってるんだ!」世間では多くの人達が、そう思っているだろう。

 <子供みたい>ではない!子供にすらなり得ていないのかも知れない。

 <三つ子の魂百までも>と昔から言い伝えられているが、その魂すら満足に育たないまま三十三歳まで、時間だけがただ経過してしまったようだ。この容疑者は、三つ子になるまでにどんな育児をされたのだろう。また昨今の無差別殺傷事件の犯人達もおそらく同じ境遇だったのだろう。

 <三つ子の魂百までも>これを脳科学者は「幼形成熟」と言うらしい。そもそも人間の脳が早くから成長すると大きくなりすぎる。そうすると産道を通れないので、生まれてから脳が発達するようにできているらしい。つまり生まれてから自立するまでに三年間程、時間がかかるように<人間の脳>は、はじめから設計されている。

 よってこの三年間が、その人の<人間性>を形成する上でとても重要な時間のようだ。この時期に親から<しっかりと抱かれる>ことで、人間の<魂>を育むといわれている。そんな時期にスキンシップの時間も少なく<ベビーカー>に座らせられていれば、その赤ちゃんは不安感でいっぱいになるだろう。脳も心も感情も未成熟のまま、三年の月日はアッという間に経ってしまうだろう。
 
 ベビーカー普及の歴史と胸に抱きかかえる総時間の関係は、無関係ではなさそうだ。ひょっとすると<ベビーカーへの依存>が<三つ子の魂の育成>に幾らかの影響を与えているかも知れない。研究材料として提案してもいい!

<ベビーカーのリコールを進めている「アップリカ・チルドレンズプロダクツ」(旧・アップリカ育児研究会アップリカ葛西)は24日、リコール方法の見直しを決めた。

 使用者の依頼があれば、同社が委託した運送業者がベビーカーを回収、同社で点検・改修したうえで返送する。ベビーカーのような日用品のリコールで、個別訪問で対象製品を回収するのは異例だ。

 同社製ベビーカーでは2007年以降、ハンドルフレームと背もたれをつないでいるネジが緩く締められていたために脱落し、シートが外れて赤ちゃんが転落する事故などが計6件発生。同社は今月7日、使用者がネジを点検し、緩んでいる場合は同社が無償で送るネジと交換する方法でリコールすると発表した。

 しかし、使用者自身で点検したり、ネジを交換したりすることには不安があるとして、同社には問い合わせや苦情が集中していた。

 同社はリコール開始時、対象台数を12シリーズ計約59万台と発表していたが、最終的なリコールの対象は14シリーズ計約61万台に増加する。(2008年7月25日03時10分 読売新聞)ヨミウリオンラインより転載>「この記事は、読売新聞社の許諾を得て転載しています」

 欠陥ベビーカーは、リコールで回収し、改善すれば正常に<機能>するだろうが、<欠陥魂>は、なかなか改善できないし、正常には<機能>してくれない。手間ひま掛かる子育ては合理化できない。また効率化もできない。むしろ合理化しない!効率化も図らないところにこそ<育児の重要性>があるのだろう。

 若き親たちよ!なるべくはベビーカーには頼らず、一分でも一秒でも<わが子をその胸に抱き>心臓の音を聞かせ続けることで、その子に<安心感>を与え、人間の魂をしっかり醸成させ<素晴らしい三つ子の魂>をわが子に授けてあげて欲しい。そうすればこんな悲惨な事件を起こす<悪魔>にはならないと思う。

 この事件の容疑者もまた「殺すのは誰でもよかった」と供述しているらしい。不幸にも命を絶たれた被害者の方を思うと、とても痛ましく他人ごととは思われない。自分にもいつ何時、被るかも知れない災難のようだ。被害者のご冥福をお祈りいたします。
2008/7/25

「読売新聞社の著作物について」



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在95位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在22位
by iwaserou | 2008-07-25 23:35 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)

今夜もまたあれヤルの?

 <いわろう>はテレビを観るようになって、およそ半世紀になる。まだ隣近所にあまり<テレビ>のある家庭が少なかった頃から、我が家には<テレビ>があった。貧乏な社宅住まいなのに何故?当時、贅沢品の<テレビ>が、我が家にあるのか何となく不思議だった。

 ところが青年期になって、その疑問が氷解した。そのワケは当時の父親の仕事の関係だった。当時、父はある大手鉄鋼メーカで、資材調達関係のポストに就いていた。あの<テレビ>は出入り業者からの贈答品であったのだ。そんな関係で、テレビは子供の頃からよく観て、早い時期に飽きてしまった。最近では<テレビ>は、ほとんど観なくなった。いや!もっと正確に表現すると、観たいと思える<番組>がなくなったのだ。

 先日、夕飯を食べながらカミさんに流行の番組をレクチャーしてもらった。
「この人達<おバカ>キャラっていうのよ!」観たくもない画面にいやいや誘導された。
いま<テレビ界>ではクイズ番組が大流行らしい。それに欠かせない存在となった<おバカ>キャラというらしい。小学生レベルの初歩的な問題に珍解答を連発して、躊躇うことなく<おバカ>キャラをさらけ出しているのだ。<バカ>も芸のうち?変な業界だ!

<地上デジタル放送(地デジ)への完全移行まで3年となった24日、NHKと民放はテレビ画面に「アナログ」という共通のロゴマークを流し始めた。国と放送局、家電メーカーなどで作る「地上デジタル放送国民運動推進本部」も同日付で発足。11年7月24日の完全移行に向けて、広報強化の取り組みが始まった。

・・・(略)・・・ 同じ会場で行われた「デジタル放送完全移行推進の集い」の一部は、NHK総合で生中継された。番組途中でアナログ放送のみ画面全体を約30秒青くして、地デジ移行を促すメッセージを流す「実験」もした。視聴者からの反響は30件余りあり、問い合わせや「(アナログ放送終了時に)普通の画面を見られなくして、青い画面を流すのはおかしい」「使えるテレビをごみにするのか」との苦情がNHKに届いた。

 総務省も今後の総合対策を発表した。情報通信審議会(総務相の諮問機関)が6月末にまとめた答申に沿って、生活保護世帯への受信機支給や、簡易チューナーの開発、難視聴対策を実施する。アナログ放送は3年後、全国一斉に停波させるが、09年度中に一部地域で停波リハーサルを実施する。(橋田正城)(2008年7月24日)アサヒドットコムより抜粋引用>

 いぼ痔か?切れ痔か?痔で血か?

 何だか知らないが、家電メーカーの売上げ援護策にしか到底思えない。<まだ使えるテレビをごみにする>アナログからデジタルに換える本当のメリットはなんだろう。現在国内にあるとされる一億数千万台のアナログテレビを粗大ゴミにはできない相談だ。

 デジタル信号で送れば、アナログの三倍の情報を送ることができ、画像も鮮明になるらしい。だからといって全部デジタル化する必要はどこにもない。これはある意味<ファシズム>だ。BSやCSのように<デジタル>で見たい者だけが見られればいいではないのか?<いわろう>のように、このままアナログでいいや!と思っている人も多いと思う。

 こんな<ハード面>より<ソフト面>の向上にもっと努力して欲しい!。

 ひとつも面白くもない<一発芸>で自分たち身内だけで<受け>たり、どうでもいい<楽屋ネタ>でこれまた身内だけでワイワイ騒いで愉しんでいる。昨今のあの手の番組には、もうウンザリだ!あるクイズ番組に至っては、高額な<ギャラ>をとっているだろう<解答者>である芸能人が、高額賞品や海外旅行の賞品を貰ってゆく始末。地デジなんか考える前に<番組>の質の向上にもっと真剣に傾注してもらいたいモノだ。

 あんなくだらない番組をダラダラと観て愉しんでいる視聴者。本当の<おバカ>は見ているそんな視聴者の方ではないだろうか?
2008/7/24


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在91位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在18位
by iwaserou | 2008-07-24 23:30 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)

こんなところでヤルの?

 男性が憧れる三大職業は<プロ野球の監督><映画監督><オーケストラの指揮者>だと聞いたことがある。これらの共通点として、自分の意のままに人を動かす醍醐味がある。さらに征服欲を満たせるところにも魅力があるからだろう。

 ところで<いわろう>が憧れる三大職業と言えば<医者><パイロット>それに<弁護士>だ。これらの共通点は個人のスキルに委ねられ、仕事の成果が如実に現れるところだろう。いい仕事ができれば心からの深い満足が得られる。その反面、失敗は大きな悲劇を生んでしまうようだが・・・。

 そこで、こんな小咄がある。

 機内アナウンスが流れる。「乗客の皆さまの中にお医者様はいらっしゃいませんか。いらっしゃいましたら、至急コックピットまでお運び下さい」医者らしい男が座席から立ち上がり、前方扉の向こうに消えた。そして五分もしないうちに、ふたたび機内アナウンスが流れた。「乗客の皆さまの中にパイロットの方はいらっしゃいませんか。いらっしゃいましたら、至急コックピットまでお運び下さい」【出典:<必笑小咄のテクニック>米原万里・著(集英社新書)】
 
<川崎署は23日、東京都世田谷区奥沢、弁護士角谷裕史容疑者(35)を公然わいせつ容疑の現行犯で逮捕した。

 発表によると、角谷容疑者は23日午前11時半ごろ、JR横浜―川崎駅間を走行中の小田原発東京行き東海道線普通電車(10両編成)内で、座席にいた神奈川県藤沢市の女性会社員(27)の前に立ち、下半身を露出した疑い。

 女性の隣に座っていた同県大磯町の男子専門学校生(19)が角谷容疑者の腕をつかんで川崎駅ホーム上の駅事務所に連れて行ったが、直後に逃走。通報で駆けつけた川崎署員が改札前で取り押さえた。調べに対し、「仕事でストレスがたまっていた」と容疑を認めているという。(2008年7月23日18時51分 読売新聞)ヨミウリオンラインより転載>

 ところでこのとき「乗客の皆さまの中に弁護士先生はいらっしゃいませんか。いらっしゃいましたら、至急駅長室までお運び下さい」とのアナウンスをしたのか?どうか?

 角谷弁護士!下半身を露出してしまった後に、黙秘権を行使しながら「弁護士を呼んでくれ!」とは流石に言えなかったようだ。呼ぶのは弁護士ではなく、先生は先生でも精神科の医者の方だろう。いかなる敏腕なる弁護士でもこの<チン事件>の弁護は請け負いたくないモノだ。愚息(?)の暴走は、親の責任というところだ!しっかり自己弁護してほしい。

 ところで全くの余談だが、野球も映画も<監督>と呼ぶのなら、何故?オーケストラも<監督>と呼ばないのだろう。そして医者と弁護士を先生と呼ぶのなら、何故?パイロットを<先生>と呼ばないのだろう。多分カタカナ名の職業だからだろう。ってなチン解答を誰もしないだろうけど・・・。それぞれの活躍はあくまでもホームグランドにおいて、<本職>でやって欲しいモノだ。
2008/7/23


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在96位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在20位
by iwaserou | 2008-07-23 23:10 | ニュース報道関連 | Trackback(4) | Comments(0)

×××は禁止用語なんですけど

 先週の土曜日TBSラジオの<久米宏ラジオなんですけど>をウトウトしながら聞いていたら。「不適切な表現がございましたので、お詫び申し上げます」という小島アナの声で、パチリと目が覚めた。「何で?<村八分>が放送禁止用語なんだい!」久米さんが勢いづこうとしたとき「もういいです!」小島アナは、ピシャリと久米さんを制した。

 <×××>を放送禁止用語にする妥当性について、生放送で論じ合えば<×××>を連呼することになる。それこそパラドクシカルの世界に入りこんでしまうわけで、小島アナの対応に大いに拍手した。が、なぜ?<×××>が放送禁止用語なんだろう!その言葉自体が持つ意味合いを越えて、その状況を把握するのに<好都合>な言葉になっているのに・・・。少し各方面に神経質になり過ぎているようだが、禁止と決めたからには使わないことにしなければならないだろう。

<20日午前4時ごろ、北海道羅臼町にある羅臼温泉野営場にヒグマが現れ、北見市の女子中学生(12)らが寝ていたテントを襲った。ヒグマはテントを外から押し続け、中学生が内側からキックで応戦すると、ささやぶに逃げたという。テントは約50センチ裂けたが、中学生にけがはなかった。

 同町などによると、家族5人でキャンプに来た中学生は寝ぼけていて、テントを押すヒグマを妹(10)のいたずらと勘違い。手で押し返していたが、あまりにしつこいのでキックしたという。そばにいた母(40)の目には、テントのシートの向こうにヒグマの影が見えていたという。

 当時はテント二十数張りに約50人がおり、目撃者もいた。体重70キロ前後の若いヒグマとみられる。最初はシカの親子を追っていたが、においをかぐようなしぐさでテントに近づいたという。若いと人間の怖さを知らず、対処を誤れば非常に危険。町職員は「ヒグマだと思って大騒ぎしていれば危ないところだった」と話した。(神村正史)(2008年7月21日3時0分)アサヒドットコムより転載>

 これこそ正真正銘の<×××蛇に怖じず!>というのだろう。だが!この<×××>も当然禁止用語なので伏せ字にさせていただいた。確かに<その障害>をお持ちの方にとっては、<×××>は耳障な言葉だろう。代わりの言い方がないものか?探してみたら「非学者、論に負けず」というのがあった。

 無学な者は、筋道が通った論議にあっても、屁理屈を押し通し、一向に屈することがないという意味らしい。だが!やはり今回の武勇伝は<×××蛇に怖じず!>の方がしっくりきそうだ。と思いつつさらに探せば他にもあるようだ。たとえば英語ならFools rush in where angels fear to tread.(愚か者は天使が恐れて踏まないところにどしどし踏み込む)となるらしい。

 だが!やっぱり<×××蛇に怖じず!>の方がしっくりくる。だが !何もわざわざ誰かを<不愉快にさせる>言い回しを好んで使うこともない。<×××蛇に怖じず!>は、今後一切使わないように決めよう。そうそう先の<×××>もだ。
2008/7/22


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在101位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在20位
by iwaserou | 2008-07-22 23:38 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)

本番ヤル前に・・・

 <いわろう>はどちらかというと<人間嫌い>だ。人間そのものが好きになれないのだ。人は、そもそも人と人の間で<人間>になりうるというのに・・・。人間関係が密になればなるほど、その人の悪い面ばかりが見えてきてしまうのだ。更には、他人のみならず自分自身も大嫌いになり、落ち込んでしまうことすら度々ある。

 先日、ふらりと立ち寄った書店で、タイトルに引き寄せられ衝動買いした本がここにある。中島義道・著<「人間嫌い」のルール>(PHP新書)がその本だ。この<はじめに>にこんな一文がある。その言葉に惚れ込んで一気に読破した。その文とはこうだ。

 <人間が嫌いでたまらない人、よってひとりでいたい人も生きていける。人間は大嫌いなのだが、ひとりで生きることも耐えがたい、と呟いている人も生きていける。自分がかわいくてたまらなく、他人に対して無関心な人も生きていける。誰に対しても思いやりをもつことができない人、やさしくできない人、誰をも心から愛することができない人も生きていける。いや、生きていかねばならないのだ。(P7より引用)>

<10年続けて自殺者が3万人を超えた日本で、山梨県は昨年、自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)が最も高かった。富士山の北西部に広がる「青木ケ原樹海」で自殺する県外者が多いからだ。なぜ樹海なのかを探ると、原生林の中を最期の場所を求めてさまよい歩く人たちの「逡巡(しゅんじゅん)」の時間に自殺防止の可能性があると知った。
・・・(略)・・・
 3000ヘクタール以上が緑で覆われる樹海は、全域が富士箱根伊豆国立公園に指定された観光地だ。しかし、管轄する県警富士吉田署によると、03~07年に発見された変死体は年平均90体。身元不明者は6割以上。07年中に自殺をしようとして保護された126人のうち、95%以上は県外者だった。
・・・(略)・・・
 市民団体「全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会」(事務局・東京)は昨夏、樹海に相談を呼びかける看板を設置した。吉田豊樹事務局次長は「飛び降りなどに比べ、樹海を訪れる人は借金などの悩みから逃げたいが、まだ生きたいと迷いを抱えている人が多いのではないか」と考える。・・・(略)・・・「樹海で自殺しようとする人に声を掛けると安心した表情を浮かべる」というのだ。必要なのは、パトロールの強化や樹海内の清掃など、自殺への最後の一歩を踏み出しにくい環境作りだと言う。

 だが、胸の内は複雑だ。「人に『自殺するな』なんて言えない。責任が取れない」。定職に就いて自由に生きたいと思っても、持病があり特技や資格も持たない身では、今後の人生に光を見いだせない。これまでの人生で知ったことだ。自殺を踏みとどまった後、生き抜いてもらうために何をなすべきか。大きな課題がまだある。・・・(略)・・・【小林悠太】毎日新聞 2008年7月20日 2時30分(最終更新 7月20日 2時30分)毎日JPより抜粋引用>

 <必ず死ぬ>と書いて必死となる。必死とは、失敗すると取り返しがつかないという気持ちで全力を尽くすさまである。人生において死ぬ覚悟で臨めば、大抵の物事は解決出来るという<例え>だろう。がしかし、この世には必死の覚悟でも解決できないこともあることは確かだ。その時人は、悩み苦しみ<自らの死>を選ぼうとするのだろう。

 将棋の世界で、どう守っても必ず詰んでしまう状態を必死(必至ともいう)というらしい。まさに現実の世界で<必死の攻め手>を食らったようなものだ。この<いわろう>だって、過去に何度か<自殺>を考えたことがある。そんなとき大抵、人間関係のトラブルが係わっていたようだ。すべてが終わればサッパリすると<死>を美化したこともある。

 中島先生はこの著書の中で<「死の恐怖」によって、生きる力を得ることができるというパラドクシカルな構造にも気づいたのである。いったん死の恐怖によって足腰が立たなくなるほど痛められた者は、人生における他の苦しみなどなんともなくなる。・・・すなわち真に生きつづけるためには、死の恐怖をいつも生々しく感じつづけなければならないのだ。>と説かれている。

 締めくくりとしての六章に<人間嫌いのルール>の十箇条が、実例を交えながらまとめられている。<1)なるべくひとりでいる訓練をする、2)したくないことはなるべくしない、3)したいことは徹底的にする、4)自分の信念にどこまでも忠実に生きる、5)自分の感受性を大切にする、6)心にもないことは語らない、7)いかに人が困窮していても(頼まれなければ)何もしない、8)非人間嫌い(一般人)との「接触事故」を起こさない、9)自分を「正しい」と思ってはならない、10)いつでも死ぬ準備をしている>

 この本は人間の本質を論理的に解明し、生きてゆくノウハウを教えてくれる名著だと思う。自殺しようと樹海へ入り込みながらも、もう一度だけ考えてみようと<逡巡>する人。<「人間嫌い」のルール>は、そんな人にも是非読んで欲しい一冊である。そして<いわろう>も将来に万が一<必死の攻め手>を食らったとき、再び開いてみようと思う。素晴らしい一冊に出会えた幸せにどっぷりと浸っている。
2008/7/21


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在84位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在18位
by iwaserou | 2008-07-21 20:39 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)

いい仕事してますナァ~

 梅雨が明けた。とたんに暑い真夏日が続く。兎にも角にも、何もせずじっとしていたい。この歳になって人生の楽しみは、もう<食べる>ことしかないというのに、その食欲すらなくなってしまいそうだ。「ウナギが食べたい!」微かなる食欲で密かにそう思っていたら、先程「夕飯は焼き肉にしよう!」との奥方の鶴の一声がキッチンから聞こえた。

 恐妻家で有名な<いわろう>はカミさんに言返せないまま「今度の木曜日・土用の丑には絶対にウナギを食べさせてね」と心で願いつつ「そうだなァ~焼き肉いいなァ~」と弱々しい声で同意してしまっていた。「このクソ暑いのに焼き肉なんて!」って言い返せば、ストレスをまたひとつ増やさずにすんだモノを・・・。トホホッ・・・。

<20日午前4時ごろ、岐阜県可児市久々利の料理店「うなぎの水野」から「ウナギ約160匹を盗まれた」と可児署に届け出があった。盗まれたウナギは愛知県一色町産で、被害額は計約30万円相当という。同署が転売目的の窃盗の疑いで調べている。

 調べでは、ウナギは店の裏にある水槽(縦1メートル、幅1.5メートル、深さ50センチ)に入っていた。19日午前11時ごろ、約360匹を入れ、約60匹を料理に使った。20日午前2時ごろ再び料理を始めたところ、ウナギが足りないことに気づいたという。

 同店は店の前に「一色産」のポスターを掲げ、水槽では客がウナギの泳ぐ様子を見られるようになっており、水槽の上の金網には鍵をかけていなかったという。原油高や産地偽装発覚などの影響で、国産ウナギの卸値は高騰している。(2008年7月20日13時30分)
アサヒドットコムより転載>

 1.産地偽装発覚で一躍有名になったブランド「一色産」を狙う!
 2.警戒すらしていない客寄せ用の水槽を狙う!
 3.土用の丑を目前に、旬で売れ筋商品の<ウナギ>を狙う!
 4.全数盗まず約半分だけ盗む!
 
 この犯行で特に四番がポイントだろう。盗まれたと気づかれるまでに時間かせぎが出来る。騒ぎ出した頃には、何処かの誰かの胃袋の中へおさまってしまっているかも知れない。<いわろう>は誠に不謹慎だが思わず<いい仕事してますナァ~>と呟いてしまった。

 余談だがひょっとして、この犯人は<夜盲症>かも知れない。ウナギにはビタミンAが豊富に含まれている。昔から薬として重宝がられているウナギ。<夜盲症>の特効薬にもなる。でも160匹も独りで食べると大変!ビタミンAを摂りすぎると、後頭部が痛んだり、脱毛の恐れもあるらしい!

 それでなくても今年の土用の丑の日は二回もある。ウナギは程々にしておいた方がいい!ようだ。<いわろう>もこの歳になってあまり<精>をつけ過ぎてもしかたのないことだシ!
003.gif003.gif 
2008/7/20


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在87位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在18位
by iwaserou | 2008-07-20 22:33 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)

幾つになってもアレがやりたい!

「帰宅して一杯飲みながら、成人した息子と話すことが、今一番幸せなことだよ」
先日、営業で訪れた客先の担当者が商談後の雑談でそう言った。そのあと彼は<いわろう>に一番幸せを感じる事は何かとたずねてきた。

 <いわろう>の心は千千に乱れた。

 幸せとは、万人に対して<絶対的な形>があるものではなく、その人の心の有り様なのだが<いわろう>にとって<幸せ>ってなんだろう・・・千千に乱れてぶち当たった。
不燃焼のままの今までの自分の生き様が、心の乱れになっているのだろう。

 若い頃から<やりたい事>が猫の目のように変わってきた。料理人になりたかった!写真家になりたかった!ミュジシャンになりたかった!作家になりたかった!舞台俳優になりたかった!脚本家になりたかった!でも、すべてが不燃焼のままだ!

 多分幸せとは、その人にとって一番安らげる場所があり、一番癒せる時に浸ることだろう。もう<いわろう>に残された時間は余りない。欲張らないで、ひとつでいい。とことんやり遂げる<生涯学習>のできるものが欲しい。<いわろう>の本当の幸せはそこにありそうだ。

<内閣府は19日、「生涯学習に関する世論調査」を発表した。

 学校教育を終えた後も自ら進んで様々なことを学ぶ「生涯学習」に関し、7割の人が「してみたい」と答えたが、最近1年間に取り組んだ人は半数に満たず、希望と現実にギャップがあることがわかった。

 生涯学習をしてみたい人は70・5%で、2005年5月の前回調査に比べ、6・5ポイント増加した。一方、最近1年間に取り組んだ人は47・2%にとどまった。

 生涯学習をしていない人に理由(複数回答)を聞くと、「仕事が忙しくて時間がない」が45・4%で最も多く、「家事が忙しくて時間がない」(18・9%)、「きっかけがつかめない」(16・4%)が続いた。

 してみたい生涯学習の種類(同)は、「健康・スポーツ」(健康法、水泳など)が55・1%でトップとなった。次いで、「趣味的なもの」(音楽、美術など)が53・2%、「教養的なもの」(文学、語学など)が29・2%だった。

 調査は5~6月、全国の成人3000人を対象に行い、1837人(61・2%)から回答を得た。(2008年7月19日18時59分 読売新聞)ヨミウリオンラインより転載>

 ぶどう畑で、たわわに実ったおいしそうな葡萄をキツネが見つけた。食べようとして跳び上がるが、ぶどうの房はみな高い所にあり、届かない。何度跳躍してもついに届かず、キツネは怒りと悔しさで、「どうせこんな葡萄は、すっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか」と捨て台詞を残して去ってゆく。

 ご存じイソップ寓話のひとつ<すっぱい葡萄>のあらすじだ。
これは、いままでの<いわろう>の生き様を象徴している。残された短い時間で<すっぱい葡萄>のひとつに再挑戦してみよう!彼からの<幸せ感の質問>でそんな決意をした。2008/7/19


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在81位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在17位
by iwaserou | 2008-07-19 23:30 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)

比較検証してみたい!

 決定的シヤッターチャンスと思って、カメラで撮った写真。それをあとから確認すると、何だか頭で描いたイメージと少し違っている。そんな経験をしたことが、おそらく誰にでもあると思う。

 これは、人間の眼とカメラは根本的に違うからだ。レンズを通して画像を結ぶという構造的に違いはないのだが、人間は<脳>を介在して画像を認識している。つまり人間は眼で見ているのではなく<脳>で見ているのだ。だからレンズを通したすべての物体を客観的に画像化するカメラと感情移入した脳で認識した画像と微妙なズレが生じるのだ。

<ナイジェリア出身の格闘家、アンディ・オロゴンさん(25)が、電車内で女性のスカートの中を盗撮していた男を取り押さえていたことが分かった。警視庁原宿署は都迷惑防止条例違反容疑で男を現行犯逮捕した。男は靴に開けた約5ミリの穴から小型カメラを使って盗撮していた。オロゴンさんは「アフリカ出身なので目がいい。穴が見えた」などと話しているという。

 逮捕されたのは、茨城県ひたちなか市後野2、会社員、中根亮容疑者(34)。原宿署によると、オロゴンさんは6日午後2時5分ごろ、JR山手線新宿-代々木間の電車内で、中根容疑者が女性会社員(24)=新宿区在住=の足元で右足を不自然に動かしているのを目撃。靴のつま先に穴があったことから「何やってるんだ。盗撮しただろ」と声をかけて取り押さえ、原宿駅で駅員らに引き渡した。

 中根容疑者は「2月から50人ぐらい盗撮した」と供述している。

 オロゴンさんは、タレントで格闘家としても知られるボビー・オロゴンさんの弟で、K-1などで活躍している。【古関俊樹】毎日新聞 2008年7月17日 東京朝刊・毎日JPより転載>

 スカート姿のご婦人方!これからは、周りにいる男性の靴のつま先にご注意!

 とはいっても5ミリの穴を見つけだせる眼の持ち主はそうザラにいないかも知れない。それにしても容疑者の盗撮への<執念>は凄いモノだ!。今回オロゴンさんの<凄い眼>に見つけだされたのをいい機会に、足を洗ったら方がいいようだ!その執念や努力を生かせる道はきっと他にあると思う。

 ところでこの<盗撮>の出来映えは如何なモノだったのだろうか?

 実際に眼で見た画像とカメラで撮影した画像の違いを学術的見地から、是非比較検証してみたいと思うのだが・・・。無理な相談だろうか?。多分単なる<スケベオヤジ!>だと誤解されるのがオチだろう。
008.gif
2008/7/17



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2008-07-17 23:36 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)

減点です!

 客先に話し始めると長い人がいる。そんな人にかぎって「早い話が・・・」と言うのが口癖だったりする。そのくせ少しも早い話には絶対にならないのである。話し終わる頃には、はて?何のことで話し始めたのか?お互いに忘れてしまっている程なのだ。

 そんなお客様との面談では、いつ切り上げようかと虎視眈々と狙いながら話しているので、商談もままならないことが多い。そんなお客様とやむおうえず商談を交えるときには、出来るだけ早く用件を切り出し、いち早く片づける戦法を取っている。

<大阪府の橋下徹知事が臨時議会開会中、公用車を使って大阪市北区のジムに行ったことが分かった。公表される知事日程でこの時間帯は「庁内執務」とされていた。橋下知事は16日、報道陣に「自分で時間を管理するのが特別職。ジムで思いを巡らすこともある」と釈明し、昼間のジム通いや公用車使用の是非について「府民のみなさんに判断してもらいたい」と話した。

 府秘書課や橋下知事によると、14日午後1時ごろ府庁を出発。市内の法律事務所に寄り、同2時ごろジムに向かった。5時前に府庁に戻る際はタクシーを使ったという。公用車の使用について橋下知事は「プライベートだが、警備上必要で問題ない」と話している。この日は臨時議会で委員会審議中だった。

 ジムは、6月中旬以降、帰宅途中などに今回も含め公用車で5回行ったが、昼間は初めてという。知事就任後、外出もままならず、不規則な生活で7キロ太ったという橋下知事は「知事職は意思決定の職業。体調管理や判断できる環境作りも必要」と語った。【石川隆宣】(毎日JPより転載)>

 おお!流石に弁護士先生!自己弁護は巧みなことだ!

 論点を微妙にずらし真っ向勝負を避け、結論を第三者に委ねるなんてところは<学ぶべきところ>だろう。でもはっきり言って<ミットもない!>対処のしかただった。

 大阪はいま、五兆円といわれる<負債>を一円でも軽減すべきと躍起になっている財政難のまっただ中。職員らにも厳しく減給を迫り、各方面からの矢面に立って<涙で応戦>する<勇姿>に<声なき声の声援>を全国から数多受けていたはずの知事の答弁としては、極めてオソマツである。正直<幻滅>もした。

 公用か?私用か?の論議以前の問題だ!

 この知事の行為は、<本当の>早い話が<サボリ!>のひとことだろう。潔く「ごめんなさい」のひとことで、知事は更に<男をあげた>のだろうが、弁護士の雄弁さで<減点>をいただいてしまったようだ。誰しも自分には<甘い>ようだ。
2008/7/16


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2008-07-16 22:02 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)


<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!


by いわろう

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記
人間観察
読書感想文(お薦め度付き)
狛犬図鑑
ニュース報道関連
違いについての一考察
携帯からの投稿!
新聞・雑誌ネタ

タグ

(519)
(473)
(362)
(114)
(106)
(92)
(54)
(23)
(10)
(8)
(6)
(4)
(3)

クリックが輝く明日を拓く!

最新の記事

「妻のトリセツ」黒川伊保子・..
at 2019-08-18 11:34
奥様!オ〇ン〇でのワンワンス..
at 2019-08-03 14:16
奥様!アソコの臭い!気になり..
at 2019-07-27 14:00
丸裸にされても···いいの
at 2019-07-14 12:17
「すぐ死ぬんだから」内館牧子..
at 2019-05-05 21:35
それは、トイレにあるよ!
at 2019-04-20 10:50
「マン臭事変」と「満州事変」..
at 2019-04-14 18:12
分厚い唇がチャームポイント!?
at 2019-04-12 22:23
ウチの娘にストーカーが・・・
at 2019-04-11 22:58
「孤独の作法」下重暁子・著<..
at 2019-04-07 20:18
わが家の「ハナカイドウ」も、..
at 2019-04-06 11:39
庶民の景気判断指標
at 2019-04-03 23:29
調子に乗りすぎて・・・大失敗!
at 2019-04-02 23:28
「令和」ってどうなの?
at 2019-04-01 21:45
赤坂氷川神社に兄弟がいる!?
at 2019-03-30 14:46
今年の7月で満100歳です!
at 2019-03-02 19:10
アオカンしたい!?
at 2019-02-13 23:16
「今夜もオ〇ンコだって?」カ..
at 2019-02-11 13:03
カミさんと外でオ〇ン〇しました!
at 2019-02-02 22:56
親子の情愛があふれる親子狛犬
at 2019-01-29 22:27

検索

最新のコメント

zoushoinさま ..
by iwaserou at 09:10
初めまして。 自分の潜..
by zoushoin at 22:37

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月