人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:違いについての一考察( 26 )

「マン臭事変」と「満州事変」の違いについての一考察

外国人の皆さんが日本語を習得するにあたり、難関のひとつとしてあげるのに<同音意義>がある。今回取り上げる単語の「まんしゅうじへん」もその一つである。


「マン臭事変」とは、性交の前戯として極一般的に行われる、<クンニリングス(単にクンニともいう)>時に女性器から立ち上がるニオイによって、殿方が下腹部の一物に<事変>をきたす様子を指す<ネットスラング>である。


自称ドスケベで<ニオイフェチ>の友人Y君などは、この事変に見舞われた折、「幸せ!」と叫ぶやに聞く。そのスジの統計資料によれば、Y君のような殿方は結構多いとされている。


一方「満州事変」とは、1931年(昭和6年)9月18日に、中華民国郊外の柳条湖で、関東軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件に端を発し、関東軍による満州全土の占領を経て、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争のことである。


あえて共通項を示すとすれば、血気盛んな男性をより興奮させるということだろうか?いずれにしても、片や個人的な事案であり、片や国際的な事案であるという、大きな違いがあることだけでも、ご理解いただければ結構だ。


日本語習得に励んでおられる外国人諸君!同音異義の「まんしゅうじへん」の違いをご理解いただけただろうか?はなはだ、簡単だが、このへんで「日本語講座」を終わらせていただく。


ご精読ありがとう!


更新を通知する



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-14 18:12 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

セックスで知る「十分」と「充分」の違いについての一考察


<いわろう>は若かりし頃、小説家志望だった。そんな夢を叶えるために、まず言葉の基礎から学ぼうと、某語学教室に通っていたことがある。


そこでは、基礎からみっちり、言葉の一つ一つの意味を理解することから、たたきこまれた。日本語には、同じ読みでも全く違う意味をもつ言葉があるかと思えば、同じような言葉で微妙な使い分けがある言葉がたくさんある。


ある日のこと。「十分」と「充分」の微妙な違いと、使い分けについての講義を受けた。どちらも、不足のないことをあらわす言葉なのだが、「十」が数字を表すことから、数値的・物理的に満たされていることには「十分」とし、精神的に満たされていることには「充分」を使うことが多いのだと学んだ。


そのとき、講師が例文としてあげたのは、「腹八分目では、十分食べたことにはならないが、充分な満足を得ることができる」であった。そして、聴講生にも例文を考えるようにとのこと。


<いわろう>は、即座に例文を思いついたのだが、まだ若かったので、指名され回答を促されたのだが、それを発表するのを躊躇してしまった。そうこうしている間に、次の語句の説明になって、発表する機会を失ってしまった。そのとき<いわろう>が、言いだせなかった例文回答とは・・・




「十分」時間をかけてセックスしたので、お互いに「充分」満足しました!


である。半世紀の時を超えて質問しま~~~す!

先生!これでいいのでしょうか?




70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








by iwaserou | 2018-09-27 21:57 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

セックスを「楽しむ」と「愉しむ」の違いについての一考察

久しぶりに友人T君と飲むことになった。T君は大学の二年後輩である。<いわろう>が、サラリーマン時代、営業で一緒に頑張った仲間だが、独立した<いわろう>と違って、ノルマの厳しい超優良企業ひとすじで、しっかり定年まで勤めあげた根性のある男だ。


「あのころ、定年退職まで働くとは、思わなかったですけど~」T君はグラス片手に、遠くを眺めてしんみりと言った。「オレ!こんな会社なんか!明日から来ないから・・・ってお互いに言い合っていたのが昨日のようだよ!」<いわろう>も、遠くを見つめて感慨に耽っていた。


そういえば、当時のT君の口ぐせを思い出した。「仕事とセックスは、家庭には持ち込まない!って、いつも言ってたよナァ~」「そうそう!有言実行してましたよ!」T君は酔いが程よくまわったのか、いつもの雄弁さに拍車がかかったようだ。


「あの人とは、今でも?」「そうですね~あれから、もう15年になります!」T君は既婚者なのに、20歳近く年下のよその奥さんと、いまでも付きあっているようで、いわゆるダブル不倫である。老いてもますますお盛んなことだ。


当時、T君から「楽しむ」と「愉しむ」の違いについての蘊蓄を聞かされたのを思い出した。


「カミさんとのセックスは<楽しむ>んだけど、不倫相手とのセックスは<愉しむ>のです!」


つまり「楽しむ」は与えられたことに対して楽しく過ごすことで、すでに設定された枠内で楽しむこと。どちらかというと「受動的」であるとか。


その一方、不倫相手とのセックスは愉しむのだそうだ。「愉」には、「心」を表す「りっしんべん」があるように、心から楽しむことで、積極的に自ら働きかける「能動的」であるとか。


<いわろう>は、彼のあの蘊蓄を機会に「楽しむ」と「愉しむ」の違いを、しっかりと学んだことを思い出していた。


「ところで、いまもセックスを愉しんでいるのかい?」との<いわろう>の問いに、T君は、もちろんですと右手の親指をピンと立ててウインクを返していた。多分、20年ほど前から「楽しむ」方は皆無なのだろう。「仕事とセックスは、家庭に持ち込まない!」を、いまでも実践しているようだった。



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








by iwaserou | 2018-09-08 22:24 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

「敷居が高い」と「ハードルが高い」の違いについての一考察

 アジア大会2018ジャカルタは、史上2番目に多い金メダル獲得で、2020年東京オリンピックへの弾みをつけて、昨日閉会した。連日、熱戦ぶりを観ていて、素朴な疑問と、それに関連して、過去の恥ずかしい経験を思い出した。素朴な疑問とは、ハードル競技で、ハードルを全部倒して、世界新記録を樹立しても、認められるのだろうか?


 そんな疑問を抱えつつ、サラリーマン時代の恥かき場面を思い出した。


 事業部長を交えた京都本社での営業会議で、新規開拓の客先説明をしていた折、「あの会社は一部上場で敷居が高かったのですが、思い切ってチャレンジ・・・」と報告しかけたときのこと、「岩瀬君!それもいうならハードルが高いっていうんだよ!」と、事業部長からヤンワリと指摘され恥ずかしい思いをした。


 今なら早速ググれば一発にその違いが明白になっただろうが・・・インターネットのイの字も、無縁だったアナログ時代のこと。埃を被った辞書を引っ張り出して調べてみた。


 相手に不義理していて、その人に会いに行きにくい状況を「敷居が高い」といい、自分には難しいという状況のときには「ハードルが高い」とか、すんなり「レベルが高すぎる」というべきなのだ。


 ところで、ハードルを倒しながら、世界新記録は公認されるのか?


 早速ググってみた。ハードルを全部倒しながらでも、世界新記録として認められるとのこと。でも、ハードルを全部倒している段階で、多分いいタイムは望めないだろうけど・・・・



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

by iwaserou | 2018-09-03 22:18 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

「ちぶさ」と「ニュウボウ」の違いについての一考察

 外資系生保の代理店をやっているY君が、おもしろい話をしてくれた。

「それで・・・」Y君は言いよどんだ。「どうしたんだい?」いわろうが水を向けると、Y君が笑い出した。先日、代理店研修会のとき、乳房<ニュウボウ>の模型が回され、触診で乳ガンのシコリの感覚を体験したらしい。

「Yさん!その手つきって、ちょっと違うんじゃあない?」って、隣席の代理店のご婦人に白い目で見られたらしい。「つい!いつもの癖がでたんだ!」いわろうのチョッカイにY君はムッとした。

「でも、その模型って本当によくできてるんだ!まるで本物なんだゼ!」
「それで!ついか?」Y君はまたムッとした。

「乳ガンって、乳房を四等分したイメージで、脇に近い部分に発生することが多いんだって。」なんでも、右上と左上。つまり、リンパ腺の近くの発症率が多いということらしい。

「初期のシコリは、ここだ!と教えられても、その場所にシコリなんか見つからないんだ・・・素人には」「ところで、さっきからニュウボウって言ってるけど・・・ちぶさっていう呼び方もあるよなァ~?」いわろうは素朴な疑問を、Y君に投げかてみた。

 流石にガン保険を扱っていて、それなりに専門用語に長けてるY君は即答した。
「医学用語として使うときは<ニュウボウ>といい、一般的に使われるときは<ちぶさ>っていうんだよ!」

「そうだよね・・・ヤッパ!あの感触は一般的に<ちぶさ>と呼ばなければ、シックリとこないよ!ニュウボウじゃあちょっと・・・」いわろうは、思いに耽け遠くを見るような目をしていった。

するとY君は、言葉もなく呆れた顔をいわろうに向けるだけだった。

ところで、
<ニュウボウ>を、まだ一度もご覧になったことのない人のための参考資料として、リンクを貼っておきました。それはそれなりに医学的見地ウンヌンカンヌン・・・


参考資料はこちらから



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2013-07-03 22:30 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

「男」と「女」の違いについての一考察

「・・・の違いについての一考察」のカテゴリを始めたのはいいが、そのネタ探しに苦労している。

そんなある日のこと。佐藤愛子氏のエッセイ「愛子の新・女の格言」で、以下の文章を見つけ膝を叩いて小躍りした。ここに引用させていただこう。


<ある男が述懐して曰く。

嫌いだ、ニクいと思っている女房と、会社の帰り道でひょっこり出会った。
女房は買い物籠を下げ、その籠から大根のハッパと葱が出ている。

オレが嫌っていることも知らず、こうして夕餉の買い物をしているのか!

そう思うというにいえない哀れみがこみあげて来て、別れたいと思いながら、つい十年過ごしてしまった、と。

「男というもんはどうしょうもないシロモノねェ」と常々思うことの多い私だが、こういう話を聞くとちょっと感動する。

かえりみて女はどうか。

嫌いだニクいと思っている亭主と道でひょっこり出会った。

亭主は古鞄を下げ、くたびれて黄色い顔をしてニコニコと手をあげた。

私が嫌っていることも知らず、なんて鈍感なあの顔!とますますイヤになる。

これが男と女のチガイね>


ゲニご婦人というシロモノは、・・・である。


<>内は、すべて引用させていただきました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2013-06-29 18:37 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

「臭い」と「匂い」の違いについての一考察

「初対面の人でも、その人が喫煙者かどうか?体臭でわかるモンだね~」
友人Y君は、その人がタバコを吸っていない状態でも<におい>でわかるというのだ。

「そうさ!オレなんか、すれ違いざまにその人が喫煙者かどうか?分かっちゃうよ!」
<いわろう>も、負けじと続けていった。

 ものの本によれば、人間さまの嗅覚能力も捨てたモンじゃないらしい。

 ところで、日本語の表現語彙は、細やかで実に豊富だ。
<におい>についてもいろいろある。そこで、三省堂 大辞林で<におい>を引いてみた。

<<物から発散されて、鼻で感じる刺激。かおり・くさみなど。臭気。〔「かおり」が快い刺激についていうのに対し、「におい」は快・不快両方についていう。不快な場合の漢字表記は多くは「臭い」〕>>

「そういえば、彼女のパンティーの<におい>はどっちだい?」
<いわろう>の問いに、友人Y君は思案顔になった。

<いわろう>は、Y君の性癖をよく知っている。Y君は彼女の脱ぎたてのパンテイーをすっぽり頭から被るのが無類に好きなのだ。「かおり?くさみ?臭気?匂い?臭い?・・・」急かせる<いわろう>に、Y君はますます思案顔。

「オイニーかなあ?」Y君は小声でいった。
「なんだい?それって?オナニーってか?」
<いわろう>は、Y君の言葉の意味が解らずにいた。

「匂いでもなく、臭いでもなく、ましてや香りでもない・・・」Y君は空を仰いで瞑想状態になった。「・・・」<いわろう>はといえば、ただ呆然。

 しばらくの沈黙の後、「フェロモンのオイニーだよ!」Y君がボソリ。

 Y君によれば、ズージャ読みというのがあって、彼女の脱ぎたてパンティーを被っているときの<におい>を、ピッタシ表現できる言葉が<オイニー>であるらしい。

『65年人間やってても、まだまだ未経験の世界ってあるモンだ・・・』
<いわろう>は、あらためてY君の横顔をみながら思っていた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2013-06-20 22:26 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

<自己中>と<事故中>の違いについての一考察

 すでに、二年あまり経過した原発事故なのに、某電力会社様の<自己中>的対応の悪さで、未だに<事故中>から抜け出せないでいる。かと思えば、自己弁護に奔走する元弁護士先生で<自己中>の某市長さんは、自身が最も嫌う<自己利益と自己保身しか考えない官僚>的な行動をなさる。ご本人率いる政党は、ひょっとして<事故中>では?

 そんなこんな最中、<自己中>某コミッショナーが、自分のサイン入りボールにこっそり変えちゃったとか聞く。この方も<不祥事>ではないと自己弁護。いまさら時代遅れの<加トちゃんペッ!> でもあるまいし・・・

 みなさんの頭の中が<事故中>ということなのか?

 ここで、オサライしておこう!

<自己中>とは、物事について、他人とすり合わせすることなく、あるいは人に歩み寄ることなく決めていく人のこと。またはその行為のこと。また、それを正しいと信じている人のこと。

一方<事故中>とは、広義の意味も含めて、本来あるべき状況でないこと。

だよ!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2013-06-15 22:53 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

「前の穴」と「後ろの穴」の違いについての一考察

 最近、フイットネスクラブに通うようになったカミさんが、その復習だとかいって、静かで、平和だった我が家のリビングで、ドッタンバッタンの運動を日課にしだした。

「このポーズも、お尻の穴を締めれば、より効果的だって・・・」「・・・」返事保留の<いわろう>にカミさんは、続けて「ついでに前の穴も締めて・・・」ってインストラクターがいってたとか宣いながら、舌をペロッと出した。

 普段から「お尻の穴」を意識している人はそれほど多くはないだろう。だが、体の中でもお尻の穴は体のあらゆる筋肉につながる起始部であるらしい。ここをキュッとしめることで、お腹や足、太もも、背中などの筋肉まで自然と鍛えられるそうだ。

 また、お腹や腰周りの筋肉が鍛えられれば、骨盤が正しい位置に安定する。骨盤の中には腸や子宮、卵巣などの内臓があり、これらも正しい位置におさまることで内臓が活性化し、便秘や生理痛といったトラブルの解消にまでつながるんだとか、イイことづくしだ。

「<お尻をしめる>と男女関係もハッピーになるらしい・・・」カミさんは、どうも前の穴もついでに締めている様子でいった。

 フイットネスクラブというところは、いったいカミさんに何を教えるところだい?

 お尻の穴をしめることで、女性にも、男性にとってもうれしい効果があるらしい。平たくいえば、セックスがより気持ちよくなるというのだ。「久しぶりに試してみる?」ってカミさんが言い出さないか?と<いわろう>は、クワバラ!クワバラ!だった。

 お尻の穴をしめると、骨盤の中で内臓を支える筋肉(骨盤底筋群)も鍛えられる。実はこれが、女性の膣の収縮、いわゆる<前の穴>の「しまり」と密接な関係にあるらしい。

 実際に、お尻の穴をしめるように意識し始めたら、セックスが気持ちよくなったとの声も多いらしい。

 また、男性の勃起力は、実は腹筋と多いに関係があるとか。お尻の穴をしめ、腹筋を鍛えることで、機能向上が期待できるらしい。これは是非とも、各々方!試してみる価値はありそうだが、この<いわろう>に、その必要はまだない!

 ところで、前の穴の呼称は、地方ごとに千差万別である。とうとう定着しなかった<われめチャン>という呼び名が、今となっては懐かしいばかりだ。





70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








by iwaserou | 2013-06-09 09:48 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

イケメンとハンサムの違いについての一考察


 我が家のゴミ出し担当は、この<いわろう>だ。

 先日の早朝、野球帽を目深に被って生ゴミのビニール袋を、町会のゴミステーションに出し終え、ソソクサと自宅に戻ろうとしたときのこと。

 運悪く近所の初老の奥さんに、バッタリ。
「何処のハンサムかと思ったら・・・岩瀬さんじゃないの?」と声をかけられた。
「・・・」<いわろう>は複雑な面もちで、無言の引きつり笑いを返すだけだった。

 あのとき、「ありがとう!」とも「いえいえそんな!」とも返答できなかったのは、幼い頃から<いわろう>は、「かわいい」とか「美男子」とか「二枚目」とか「ハンサム」って言われつけていたからだ。これは自慢話ではない!客観的に見ての単なる事実だ!

 ところで、<ハンサム>の語源を紐解けば、手(Hand)と、~しやすい(Some)からなる言葉で、顔立ちがよいと、女性を容易くあしらいやすいという意味合いがあるらしい。
 
 だが、<ハンサム>という呼び名は、最近あまり使われなくなったようだ。

 もっぱら<イケメン>に取って代わられた感もある。が、この<イケメン>という言葉は、とても<曖昧>である。顔立ちのよい男性だけでなく、単にオメカシしたブ男とか、単なる茶髪の男の子をも<イケメン>と呼ぶ始末だ。

 ハンサム爺の<いわろう>は、狭義の意味と広義の意味で使われる<イケメン>には、未だに馴染めないでいる。これは、間違っても自分が<イケメン>と呼ばれることはないだろう<ヒガミ>や<ヤッカミ>からだけで、そういっているのではない。

 今風に曖昧な<イケメン>とは、呼ばれたくないが<ハンサム>という古風な呼び名に違和感を抱いているのも正直なところだ。どなたか<イケメン>や<ハンサム>に変わるいい呼び名を、そろそろ編み出してはくれないだろうか。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2013-04-07 10:50 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)