人気ブログランキング |

カテゴリ:読書感想文(お薦め度付き)( 21 )

「妻のトリセツ」黒川伊保子・著<講談社+α新書>を読んだ

<いわろう>は、男三人女三人の六人兄弟の末っ子として、この世に生を受けた。長男は<いわろう>が、生まれる前、肺炎で他界。次男は昨年、ガンで急死した。古希過ぎた現在、男兄弟は<いわろう>一人である。女性の平均寿命が男性のそれに比べて長いことを、我が家の兄弟構成でも、証明されている訳だ。


我々の青春時代には、結婚適齢期という時期があり、それなりの年齢に達した男女は、結婚するのが当たり前であった。いわば、明治以来確立された「家族制度」を粛々と遂行する通過儀礼だった。<いわろう>の兄弟も年齢順に結婚した。今思えば、戦後叫ばれた、生めよ増やせよの政策が、定着していて、我が国の経済成長の担い手を、生み出すことに貢献したのだろう。


ところで、三三九度の盃を交わし、いかなることがあっても、添え遂げるとした若夫婦は、何十年後かに、例外なく意見の相違に愕然とするのである。著者は、そもそも【恋に落ちる男女は、生物多様性の論理に則って、感性の真逆の相手を選んでいるからにほかならない】と説く。


男性脳と女性脳の違いを知り、【事実を肯定するときも否定するときも、その前に、妻の心根は肯定してやる。これこそ、夫が知っておくべき「黄金ルール」である】とも著者は説く。「あっち行って!」とか、「勝手にすれば」とか、「どうしてそうなの?」など、心と裏腹な妻の言葉の本心を知りたい夫は、是非本書を手にするべきだろう。


本書は、妻には内緒でコッソリと、夫が読むべき最良の本である。妻にやられっぱなしの苦悩の日々から抜け出すノウハウがビッシリとつまっているからである。一方、妻も夫には内緒でコッソリと読み込むべき最良の本である。自分自身の本心が解ると同時に、夫の男性脳を理解して、これからの夫婦生活を、もっとエンジョイしたいものだ。




【】内文章は、本書から引用させていただきました。



妻のトリセツ (講談社+α新書)

黒川 伊保子/講談社




<いわろう>のお薦め度 ★★★★☆

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2019-08-18 11:34 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

「すぐ死ぬんだから」内館牧子・著<講談社>を読んだ

「絶対」という言葉があるが、人生における「絶対」は、ただひとつ。この世に生を授かったものは「絶対」に死ぬということだ。人はみな、ひとりで生まれて来て、ひとりで死んでゆく。若かりし頃、死ぬということが猛烈に恐ろしく感じる時期もあった。


古希を過ぎ、友人や親族など身近な人が亡くなることが多くなった昨今、あと何年生きられるかと・・・ふと考え「自分の死」と正面から、冷静に向き合えるようになった。主人公・ハナは「ならばあと10年を、好きなように生きて何が悪い。犯罪以外は何をやってもいい年齢だろう」と開き直る。


死に方を考えるということは、生き方を考えることだといわれる。「いい人生だった」と逝けるよう「生涯現役の看板」をより高く掲げる<いわろう>である。


「事実は小説より奇なり」といわれ、現実には予想だにしなかった事件に遭遇したり、まったく想定外の立場に立たされることがあるのは確かである。ところが、この小説は、その上を行く展開に読者を引っ張って行く。「小説は事実よりもっと奇なり!」の世界である。


ネタバレしたくないので、起承転結の「その転」を、これから読む読者に楽しみとして、取って置くことにしよう。


ところで、登場人物のキャラに少々違和感を覚える人も少なくないだろう。『こんな人っているの?』とか『ここまで性格が変化する?』など読後、頭に未消化な残渣が残るのが、せっかく前半が面白かったので誠に残念だ。



すぐ死ぬんだから

内館 牧子/講談社




<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆


<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2019-05-05 21:35 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

「孤独の作法」下重暁子・著<中経出版>を読んだ

<いわろう>は、脱サラ後31年間ずっと一匹狼だ。何をするのも一人だから気楽だ。でも、気が休まらない。成功も失敗も自分自身の責任なんだから。生きがいがあるんだ!とちょっと格好をつけてみるが、将来の不安に潰れそうになるときが、しばしばある。著者は、「孤独を知る男こそ美しい」と説く。つまり「自分で考えてその通りと思えば従うが、思わなければ従わない」という生き方をヨシ!とすること。


<いわろう>は、元来群れるのを好まない。他人の欠点ばかりが目につき、いい関係を築くことが苦手なのだ。著者はいう。「自分で考え、自分で選択し、自分で決めることが生きることなんだ」と。Aさんがこう言った!B君がああ言った!など、主語が他人の話はご法度である。「私が」と切り出すからこそ、いやおうなく自分の考えをまとめ、その責任をとらなければならない。


ひとり旅に出よう!と著者はいう。


期待と不安は裏腹だからこそいい。不安と緊張をかかえながら、新しい発見や期待に胸ふくらます。人生はしばしば旅に例えられるが、<いわろう>は、一人旅の未経験者だ。日常のすべてをかなぐり捨てて、一人旅に出たい!と思わせる一冊である。


孤独の作法 (中経の文庫)

下重 暁子/中経出版




<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2019-04-07 20:18 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

「恋愛は小説か」片岡義男・著<文藝春秋>を読んだ

煌めく一瞬を切り取った7つの物語集である。

贅肉のまったくない、軽やかな文体は、この秋空の清々しさにとてもマッチする。


たとえば、街路樹沿のオープンカフェに設けられたシートに腰掛けて、オーダーしたコーヒーを待つしばしの時に、パラパラと読み進めるのに、もってこいでオススメの短編小説集だ。


【頑丈な造りのエンジニア・ブーツに色の落ちたジーンズ、鮮やかなブルーの長袖ポロ・シャツの襟を外に出した、ダーク・グレーのスウェットに、ツイードのジャケット、そして手ぶらだ。】(午後のコーヒーと会話)より引用。


かように<粋>で<コケティシュ>で<チャーミング>で、コジャレていて、研ぎ澄まされた文体が醸し出す<女>は、そう簡単には表現できないだろう。最後の締め言葉の<そして手ぶらだ。>なども、<いわろう>が逆立ちしたって出てこない表現だ。


作者の<女>を表現する筆力に嫉妬さえ感じる。


遠く彼方へに行ってしまった<青春>を、轟音とともに引き戻してくれ、初老の<いわろう>の<老い>を、むりやりリメイクしてくれた短編集だ。


あの色づいた枯れ葉が一枚舞い落ちる束の間に、読み終えてしまいそうだ!


恋愛は小説か

片岡 義男/文藝春秋



<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2018-11-18 20:58 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

「男と女のモテ会話術」長住 哲雄・著<こう書房>を読んだ

どちらかといえば、青春時代の<いわろう>は、女性にモテた方だった。でも、それは数ばかりで、質の方はサッパリ駄目だった。多い時には、トッカエヒッカエ5人の彼女と付き合っていた時期もあったが、いわゆる「男と女の関係」になったことは一度もなかった。今思えば、その一線を超えられなかったのが、長続きしなかった大きな原因だったのだろう。


当時の<いわろう>が、本書を手にしていたら、もっと充実した青春時代を送れたかもしれない。本書のサブタイトルは、「一瞬でアレッ!?と思わせ、30秒で心を開かせ、10分で好きにさせる」であり、活字も大きく、チャラチャラした感じで軽い本だろうと読み始めたが、なかなかどうして、結構ノウハウが詰まっているオススメの本である。



相手を名前で呼ぶことは、よりフレンドリーな関係を築けると著者は説く。名前を呼ばれることで、人は呼んでくれたその人に対して、親近感を覚えるようになるという。また、上手い「あいづち」を打ってくれる聞き手が好まれるのである。などなど、ビジネスマンの人間関係を形成する上での教則本にもなる一冊である。


本書の読みどころは、「男と女の違い」を端的に指摘し、読者に「なるほど」といわせるところだ。たとえば、女は「私も同じ」と共感したがるが、男は「オレは違う」と差別化したがる。いわゆる、女は「共通性」を重視し、男は「違い」を重視するというのだ。


もっと、男と女の違いについて、「なるほど」と気づき、明日からの男女関係を、ワンランク上げたい若き男女にオススメの一冊である。


男と女のモテ会話術



長住哲雄/こう書房


<いわろう>のお薦め度 ★★★★☆



<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村


by iwaserou | 2018-11-10 22:41 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

「読書の技法」佐藤優・著<東洋経済新報社>を読んだ

             


サブタイトルが<誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門>である。読書好きの<いわろう>ではあるが、悲しいかな遅読家である。なんとか年間300冊読破を目指しているのだが、現時点では100冊前後しか読めていない。


ところが、本書の著者は月に300冊読むといい、多い時には500冊読破するとのこと。是非、そのスキルを我が物にせんと本書を開く。ところが、いきなり「基礎知識は熟読によってしか身につけることはできない。しかし、熟読できる本の数は限られている。そのため、熟読する本を絞り込む、時間を確保するための本の精査として、速読が必要になる。」と説く。


速読スキルをアップして、数多く読破すればヨシとしていた<いわろう>は、目から鱗である。「速読の目的は、読まなくてもよい本をはじき出すこと。」と著書はいう。また、意見の多数化を図るために、「基本書は3冊、5冊と奇数でなくてはならない。」という説に<いわろう>は大いに賛同した。今後はコレを実行しようと思う。


                                


「重要なことは、知識の断片ではなく、自分の中にある知識を用いて、現実の出来事を説明できるようになることだ。そうでなくては、本物の知識が身についたとは言えない。」とは、まさにあらゆるものが知識の断片でしかない<いわろう>の脳みそは、忸怩たる思いがあふれる。


つまり、社会や人間を理解するには2つの道があるということだ。ひとつは「学術」的な道であり、これは、社会科学や人文科学によって獲得する。それに対して、「心情」を通じた道もある。これは小説を読むことによって獲得することができる。学術的な知識を積み重ねるとともに、小説を読むことで、体系知が身につくのである。」


<いわろう>は、これから体系知を身につけようと、ヨチヨチ歩き出すところだ。


読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

佐藤 優/東洋経済新報社





<いわろう>のお薦め度 ★★★★☆

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2018-10-26 22:26 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

なるほど!「孫子の兵法」がイチからわかる本 / 現代ビジネス兵法研究会・著<すばる舎>を読んだ

             


お恥ずかしいお話だが、「孫子の兵法」は、孫子という人が著した、膨大な量の指南書だと<いわろう>は、思いこんでいた。が、まったく違っていた。「孫子の兵法」とは、呉の国の将軍「孫武」が著した兵法書である。また、「孫子」は、文字数6000字前後で、400字詰めの原稿用紙なら20枚にも満たないエキスが凝縮したマニュアル本だ。


ところで、<いわろう>が、サラリーマン時代のことである。所属していた営業部長が「鬼」のように恐ろしい人だった。その鬼部長が、京都の本社から、わが東京営業所へ出張すると聞くと、なるべく社に寄りつかず地方出張していたのが懐かしい。


その鬼部長の口癖が、「場面の想像」だった。営業に出向く前日には、訪問する顧客情報はもちろんのこと、客先から受けるだろう質問を「想像」して、それに対する必要資料を準備。さらに、話されるであろう問答集も作成しておくように、繰り返し教え込まれた。


何のことはない!それは、「孫子の兵法」のパクリだった!と本書を読んで目覚めた。


それは、「兵を為すの事は、敵の意を順詳するにあり」である。つまり、相手の立場に立って意図や出方を先読みすることが大事だと説いている。うまく人間関係の築けない人は、自己中にしか世の中を見ること事ができないということだ。

                                


2500年もの昔の兵法書が、時代を超えて、こんなに人々に愛され、読まれ続けているのは、「孫子」が軍事面のみならず、ビジネスにおいてもスポーツにおいても、勝利者になるために必要なことが書かれているからだろう。


相手を打ち負かすとか、勝利するというだけでなく、負けない自分を築き、生き残る自分のための知恵を得るための指南書として、今でも重宝がられているのだろう。「孫子」は単に戦場における戦いだけでなく、戦う前の心得、準備のやりかたを説いているのだ。


かの武田信玄が唱えた、「風林火山」は、「孫子」からの引用であることは有名だが、「戦わずして勝つこと」つまり、「戦争はできるだけ避けるべき」という教えが最も有名だ。戦いは勝てる見込みの相手とだけ戦い、勝てる見込みのない相手とは正面切って戦わない。やるならゲリラ戦だと。


読み方によっては「恋愛」のマニュアル本にもなると思ったのは、老兵の<いわろう>だけだろうか?愛し合えるだろう人だけを愛すことにすれば・・・傷つかなかっただろうにと、いまごろ目覚めたのである。


なるほど!「孫子の兵法」がイチからわかる本

現代ビジネス兵法研究会/すばる舎




<いわろう>のお薦め度 ★★★★★

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2018-10-25 21:28 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

「鏡の花」道尾秀介・著<集英社>を読んだ

翠玉のごとく煌めく六編の短編は、年老いた<いわろう>の眠り込んだ遠い記憶を引きずり出してくる。折り合いをつけてねじ込み、仕舞った錆びた過去を、もう一度精算させようとする。何でもない毎日だった家族との営みが、実は今の自分のほとんどを形づくっていると、気づかせてくれる小説群である。


<<思えば母の声には昔から魔法のような力があった。あの町の冬、いっしょにどこかへ出かけて帰ってきたとき、「寒かったね」と言われれば、まだ暖房もつけていないのに手足があたたかくなった。学校で友達と解り合えず、つらい思いをしたことを打ち明けたときは、「大変だったね」と言われた途端にほっとした。何気なき口にしてくれる過去形が、事実をいつも本当に過去へと押しやってくれたのだ。そして、言葉の最後に母が添える、「ね」というやわらかな響きの一文字が、これまでも、これからも、自分の抱える重みを母が等分して抱えてくれるのだという確信をくれた。>>(<<~>>は本文より引用)


誰もが母から生まれるという、あたりまえのことを。あたりまえの母の深い愛で、育まれていたあの頃の未成熟な自分を。あの頃、母に向かった意味のない暴挙は、いかほど母を傷つけていたのだろう。さまざまな過去の蹉跌を目覚めさせられ、老体が震撼する。虚構であるはずの文学という世界が、現実を凌駕するのを味わった。


誰もが過去から来て現在にいる。やがて未来に進み出れば、今がすぐ過去になる。不可逆を強いられる人生という一本の道は、後悔ばかりでできているようだ。様々な家族の有り様が様々であるようでいて、実はあまり変わりのない似たり寄ったりだったりする。


交錯するそれぞれの人生が、火花をともない弾き合いながら、解け合いながら、新たな人生を織りなしていく。生きる価値があるのか?ないのか?考える以前に、すでに生きている自分を意識しないではいられない。


5章 かそけき星の光(初出;小説すばる・20134月号)は、<いわろう>の一番のお気に入りだ。遅読家で有名な<いわろう>を俄に速読家にした筆力は、さすが山本周五郎賞を授かる実力派だ。


鏡の花

道尾 秀介/集英社




<いわろう>のお薦め度 ★★★★☆

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2018-10-16 21:26 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

「新しい分かり方」佐藤雅彦・著<中央公論新社>を読んだ


<いわろう>は、一匹オオカミだ。古希を過ぎた老いたオオカミの社長だ。かつて、勤めていた会社を、不惑であるべき四十歳で、退社して柄にもなく「独立」したのだ。創業当時は、サラリーマンの年収を越える稼ぎがあったが、創業以来三十年間で、手にしたものは借金だけだ。


夢もなくショボくれていた職場から、三十歳のとき運よく超のつく優良企業に転職。それまでとは別世界のように、働いたというより働かされた。超どころか、そこの内実は世間の「一流企業」という評判とは、裏腹に「タコ部屋」同然だった。


でも、いい上司に巡り合えて、チャレンジ心を刺激され、独立へと舵をとったのだ。


その上司とは、M商社よりヘッドハンティングされたN部長である。とても、厳しぃひとだった。社員はいつもピリピリしていた。そのN部長語録はいまでも、たくさん頭に残っている。そのうちのひとつが「分からないことがあれば、分けてみること!」である。文字通り、分かるところまで細分化しろという教えだった。


そんな思い出に導かれるように、本書を開くことにした。



本書の帯文には、<「分かる」って、こんなに気持ちいいことか。「伝える」には、こんな方法もあったのか。メディアの枠を超え。常に新しいコミュニケーシヨンデザインを提案してきた佐藤雅彦が、想像をはるか上を行く「分かる」「伝える」をお見せします。そこには、新しいあなたがいる。>とある。なんって!ワクワクさせるのだろう!


N部長の教えの通り、「分けて」「分けて」そして「分けて」分かろうとする。しかし、著者のいうように、「自分の中に新しい体系を作り始める」ことに苦労する<いわろう>である。


「あみだくじが重複しない理由」や「ティシュペーパーの箱の中の対角線を、箱を壊さずに測定する方法」、さらには「台秤の皿がいつも水平な理由」など、分からないんだけど、興味を惹かれることがページに溢れている。老若男女が楽しめる良書と言えるだろう。


新しい分かり方

佐藤 雅彦/中央公論新社



<いわろう>のお薦め度 ★★★★☆


<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ


by iwaserou | 2018-10-08 21:19 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

「日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない」湯山玲子と二村ヒトシの対談集<幻冬舎>を読んだ

「結婚適齢期」とは、男女が結婚するのに適切とされる年齢範囲のこと。しかし、それは国によっても、文化や社会、あるいは時代によっても大きく異なる。わが国における現代では、大きく晩婚化しているのは、ご存知の通りだ。極端なことを言えば「結婚適齢期」は、わが国ではもう死語化しているといえそうだ。


<いわろう>の青年期では、なんの疑いもなく「結婚するのが当たり前」の社会通念があった。<いわろう>は5人兄弟の末子で、兄や姉が年齢順に結婚し、独立して行くのをみて育ったので、自分も何の抵抗もなく結婚したのだ。あのころ「わたしは、結婚なんてしない!」なんて、大声で言える雰囲気もなかった。


ところで、本書で、湯山氏は「草食化」とは、単にセックスしないという意味ではなく、男による男からの逃避でもあると説く。が、あくまで、それは、「男らしさ」とか「女らしさ」を前提にした解釈のように思う。男はこうであるべきだという固定観念にとらわれているのだ。「草食男子」は、「生き方の自由度が緩和された時代の産物」のひとつの現れだと<いわろう>は思う。


また、湯山氏は言う。自由を縛り、縛られる不自由さを快感と、感じる回路が「恋愛」だと。これには<いわろう>も同感である。また、恋愛の醍醐味って、好きになったことで、こっちの価値観が変わること、と説く二村氏にも、<いわろう>は賛同した。


アダルトビデオ監督である二村氏と、著述家でプロデューサーのパワフルな湯山氏の対談集であるので、市井の人からかけ離れた話も多いのだが、結構考えさられることもある対談集である。タイトルから受ける印象だと、日本の将来を危惧している話なのかとも思われがちだが、けっして「もっとセックスに励んで、人口減少に歯止めを!」という本ではないのは確かだ。


<いわろう>は、本書を読んで「セックスレス」も、生き方の多様化のひとつにすぎないと思った。要は、自分の生き方について、他人様からとやかく言われるものではないし、責任さえ負えるのなら、あくまでも自由であるということだ。


「人生にはルールはない!あるのは、自己責任に裏打ちされた自由だ!」が、<いわろう>の生きて行く羅針盤の根幹だ。


日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない

湯山 玲子,二村 ヒトシ/幻冬舎


<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆



<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2018-10-05 22:01 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)


<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!


by いわろう

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
人間観察
読書感想文(お薦め度付き)
狛犬図鑑
ニュース報道関連
違いについての一考察
携帯からの投稿!
新聞・雑誌ネタ

タグ

(519)
(473)
(362)
(114)
(106)
(92)
(54)
(23)
(10)
(8)
(6)
(4)
(3)

クリックが輝く明日を拓く!

最新の記事

「妻のトリセツ」黒川伊保子・..
at 2019-08-18 11:34
奥様!オ〇ン〇でのワンワンス..
at 2019-08-03 14:16
奥様!アソコの臭い!気になり..
at 2019-07-27 14:00
丸裸にされても···いいの
at 2019-07-14 12:17
「すぐ死ぬんだから」内館牧子..
at 2019-05-05 21:35
それは、トイレにあるよ!
at 2019-04-20 10:50
「マン臭事変」と「満州事変」..
at 2019-04-14 18:12
分厚い唇がチャームポイント!?
at 2019-04-12 22:23
ウチの娘にストーカーが・・・
at 2019-04-11 22:58
「孤独の作法」下重暁子・著<..
at 2019-04-07 20:18
わが家の「ハナカイドウ」も、..
at 2019-04-06 11:39
庶民の景気判断指標
at 2019-04-03 23:29
調子に乗りすぎて・・・大失敗!
at 2019-04-02 23:28
「令和」ってどうなの?
at 2019-04-01 21:45
赤坂氷川神社に兄弟がいる!?
at 2019-03-30 14:46
今年の7月で満100歳です!
at 2019-03-02 19:10
アオカンしたい!?
at 2019-02-13 23:16
「今夜もオ〇ンコだって?」カ..
at 2019-02-11 13:03
カミさんと外でオ〇ン〇しました!
at 2019-02-02 22:56
親子の情愛があふれる親子狛犬
at 2019-01-29 22:27

検索

最新のコメント

zoushoinさま ..
by iwaserou at 09:10
初めまして。 自分の潜..
by zoushoin at 22:37

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月